堺市北区の鍼灸院(なかもず駅スグ)「女性専門鍼灸サロン ひすい堂」

当院は『病気じゃないけど元気じゃない』気づいたら全身に10コ以上、原因不明の不調が出ている女性のための鍼灸院です。このブログでは、肩こり・腰痛・冷え性などの改善方法や、妊活のアドバイス、東洋医学を分かりやすくお伝えします。


テーマ:
8月に入って、暑さが一層増して、
体調を崩す方が増えてきました〜。

特に気虚(ききょ)という、エネルギー不足のタイプの方は、てきめんです。

疲れやすい、めまいがする、胃腸が弱い、
汗をかきやすい、体力がない、呼吸が浅い、風邪をひきやすい
、という感じの方。

気虚というのは、生命を維持する原動力となる「気」のエネルギーが不足している状態。

体温維持、汗のコントロール、新陳代謝、免疫力など、
あらゆる生命維持に不都合が出てきます。

つまり、生きてるだけで疲れちゃうってこと。

そういう方が、この夏の暑さ、疲れるにきまってますよね…。



普通に過ごしているだけで、夏は、「暑邪」という、
身体を痛めつける暑さとの戦いです。
また、現代では冷房という「寒邪」、冷飲食での「寒・湿邪」など、夏は外部環境との戦いなんですね〜。


「風・寒・暑・湿・燥・火」というのは「六気」といい、
四季の正常な気候の変化を意味します。

これらの変化に適応出来れば、まったく問題ないのですが、
気候の変化が大き過ぎたり、人体のエネルギー不足で変化に対応出来なかったりすると、「六淫(りくいん)」という発病因子である「邪(じゃ)」になるんですね〜。


暑過ぎたり、寒過ぎたりで、エネルギーをいつもより使います。
胃腸の消化エネルギーも不足してくるから、食欲が落ちてきます。
食べやすい甘い物、冷たいものを多食して、胃腸が冷えて、ますますエネルギー不足に。

また、汗をかくと、身体から気も失われてしまいます。
夏はどんどん気を消耗する、気虚さんには辛い季節です。


気虚タイプの方は、たっぷりとした睡眠、栄養のある食事が必須なのですが、
一番大事なのは「無理しない」ということです。
過度に動き過ぎないこと。動きすぎると気を消耗しますから。


しかしながら、「無理しない」といわれても、どうすればいいのかと。
主婦の方は特に完全なる休みがないので、手の抜き方が難しいところもあると思います。


無理をしないというのは、具体的には
「何かの作業をしていても、もっとやれるな、というところで止める」
「自分の稼働率をせめて3割は落とす」

というような感じです。

あと、「いつもより良く寝る」とか、「すぐ横になる」とかです。のび太的な生活ですね(笑)

真夏は、秋の7割くらいしか動けなくても良しとしましょう。
それは怠けてるんじゃなくて、残り3割で暑さと戦っているんですから。

具合悪くなったら、もっと動けなくてもいいわけです。
回復に体力使ってるんですから。


気虚の人は、気力で何ともなりません。
気力のモトの気がそもそもありませんからね。
動けない自分を責めると、ますます気を消耗しますから、止めましょうね!


例えば、産後なんかも気虚・血虚状態になります。
1ヶ月は寝て過ごしましょう、とか言いますでしょ。
無理しないって、立派な養生なんですよ。真面目にのび太をやりましょう(笑)

※お盆は11(木)〜15日(月)までお休みです。よろしくお願いします(^_^)


<Facebookページの方もよろしくお願いします♪>

女性専門鍼灸サロン ひすい堂



肩こり、腰痛、冷え性などで
お困りの方は、御来院お待ちしております。
妊活・マタニティ・産後のお悩みもご相談ください


堺市北区の鍼灸院
「女性専門鍼灸サロン ひすい堂」



ご予約・お問い合わせは
コチラまでお気軽にどうぞ!

電話072-258-6321
(スマホの方は、クリックで電話がかかります)

【受付時間】 10~13時、15~18時半(最終受付)
【休診日】 水曜午後、土曜午後、日、祝

メニュー記事一覧

初めての方へ / プロフィール  / 施術の流れ /  料金 /
アクセス / よくある質問 / 喜びの声 / 
プライバシーポリシー 



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)