堺市北区の鍼灸院(なかもず駅スグ)「女性専門鍼灸サロン ひすい堂」

当院は『病気じゃないけど元気じゃない』気づいたら全身に10コ以上、原因不明の不調が出ている女性のための鍼灸院です。このブログでは、肩こり・腰痛・冷え性などの改善方法や、妊活のアドバイス、東洋医学を分かりやすくお伝えします。

NEW !
テーマ:

職業柄、身体に良いものは推奨すれど、時々食べてしまう、それがラーメン…。小学生の頃、「朝ご飯ラーメンだよ」で早起きするような子供でしたので(;^_^A

 

なかもず周辺のラーメン、結構美味しいんですよ〜

 

IMG_20170626_202057016.jpg

これは、横綱さん。ピリ辛うま!

 

IMG_20170626_202057008.jpg

これはロケットキッチンさん。上品♪夜すごく混んでる…

 

一番好きなのは麺やもずさんです。魚介系スープにに目がないので。

 

鳥の鶏次さんは男性とか、こってり好きな方向けですね〜。べらしおさんは、バラエティ豊かなので、皆で行くのにいいかも〜。

 

 

以上、なかもずグルメ紹介でした。さて、こんな美味しそうな画像を載せながら、暴飲暴食ダメ、な症状のこちらについて…ひどい…

 

ラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメン

 

逆流性食道炎。HPに症状ページをアップしていますよ〜。

http://www.hisuido.net/gyakuryu/post-303.html

 

胸焼け、吞酸が主な症状である、この病気。

 

ストレスで胃の働きが低下している所に、きつい衣服で座りっぱなしの仕事、かつ暴飲暴食で寝転がってだらだら食いとかしてると、症状悪化してしまいます。

 

食べてすぐ横になると、胃の入り口が閉まりきっていなくて、内容物が逆流しやすくなるんですね。生活スタイルに身に覚えありすぎですよね滝汗名前は大層ですが、実は身近な病気です。

 

 

 

カレーカレーカレーカレーカレーカレーカレーカレーカレーカレーカレー

 

今日は少し東洋医学っぽいお話をしますね。

 

 

胃の働きというのは、上から下に降りる方向性があります。食物を取り込み、排泄まで持っていく。胃がやられると、胃もたれ、嘔吐、など、停滞や逆行の不調が起こります。

 

東洋医学で表裏関係である、脾の働きは、重力に逆らって、身体を維持する力。食物を吸収して、血肉にして、身体を作ります。脾がやられると、下痢、不正出血や、子宮脱など、下に落ちる方向性の不調が起こります。

 

どちらも臓腑、という消化器系の内臓の働きなんですが、胃は腑といい、中が空っぽ、脾は臓といい、中が詰まった内臓で、それぞれ役割が違います。

 

ダウンと脾アップが両方バランス良く働いて、エネルギーの方向がプラマイゼロになるようになってます。

 

 

生ビール生ビール生ビール生ビール生ビール生ビール生ビール生ビール生ビール生ビール生ビール生ビール

 

さて、この胃の働きが、逆流してしまう困った症状。

 

もー、食べ物入れたくない、降ろしたくない、と身体が言うているわけです。

 

食べ過ぎのキャパオーバー、あるいは、胃がしっかり働ける、リラックスした状況にないからなんですよね。

 

東洋医学では、「気機の昇降失調」と言い、「エネルギーの方向性が乱れてしまってますよ」ということになります。

 

 

さらに詳しく言うと、「胃気の上逆」と言います。下がるべき胃のエネルギーが逆流してしまっている状態。

 

 

よく頭に血が上る、という表現がありますが、気のエネルギーは、興奮や怒りで上に上がるので、その感情や興奮につられて、胃のエネルギーも上がってしまいます。怒りを司る、「肝」の気に影響されてしまうんですね。

 

 

だから、怒りがあると、胃の働きは悪くなるし、忙しくてホッと出来ない状態で食事をかき込むと、胃がちゃんと働けなくて、逆行してしまいやすくなります。

 

 

西洋医学でいうなら怒りや緊張、考え過ぎなどで交感神経優位になってしまい、本来胃腸がよく働くべき副交感神経にうまく切り替わらない。

 

これが、ストレスで胃の働きが悪くなってしまう理由です。

 

西洋の胃酸を抑える薬は、胃にだけ働きかけるので、肝の気を整えてはくれません。ですから、胃の上逆の方向性は変わらないんですね。薬を止めたら、また胃酸が出て、症状復活です。

 

 

そこで、大切なのが、東洋医学的な視点での治療と養生。

鍼灸で、胃と共に、肝の気をしっかり整え、上逆を抑えます。そして、食生活で、胃への過度の負担を減らしてあげる。

 

これで、再発を防げますよ!

 

 

基本的には、具合の悪いときは、食べ物に気をつけましょうね。

ラーメンも、しばらくお休みの方がいいかもしれません。また元気になったら、たまには食べても大丈夫になりますよ〜

 

 

 

<Facebookページの方もよろしくお願いします♪>

女性専門鍼灸サロン ひすい堂

 


肩こり、腰痛、冷え性などで
お困りの方は、御来院お待ちしております。
妊活・マタニティ・産後のお悩みもご相談ください


堺市北区の鍼灸院
「女性専門鍼灸サロン ひすい堂」



ご予約・お問い合わせは
コチラまでお気軽にどうぞ!

電話072-258-6321
(スマホの方は、クリックで電話がかかります)

【受付時間】 10~13時、15~18時半(最終受付)
【休診日】 水曜午後、土曜午後、日、祝

メニュー記事一覧

初めての方へ / プロフィール  / 施術の流れ /  料金 /
アクセス / よくある質問 / 喜びの声 / 
プライバシーポリシー 




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)