堺市北区の鍼灸院(なかもず駅スグ)「女性専門鍼灸サロン ひすい堂」

当院は『病気じゃないけど元気じゃない』気づいたら全身に10コ以上、原因不明の不調が出ている女性のための鍼灸院です。このブログでは、肩こり・腰痛・冷え性などの改善方法や、妊活のアドバイス、東洋医学を分かりやすくお伝えします。


テーマ:

先週日曜日、精神科医の泉谷閑示先生の講演会に行ってきました。



以前から、泉谷先生に感銘を受けておりまして、これで3回目(*^。^*)

芸術に造詣が深く、ダンディーで素敵な先生です。

 

「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)
「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)
799円
Amazon

 

 

 

 

理性重視で、効率や損得を重視し、世間に合わせ、過去と未来ばかりを気にして生きていると、心と身体が反乱を起こし、病気を作ってしまう、という考え方の先生です。

 

薬をほとんど使わず、カウンセリングによって自分に合った生き方にシフトチェンジしていくことで患者さんを元気に導いておられる、稀有な先生で、私の臨床のベースに、とても大きな影響を与えて下さる存在です。

 

 

「私」を生きるための言葉 日本語と個人主義
「私」を生きるための言葉 日本語と個人主義
1,512円
Amazon

 

 

 

この本も面白いんですよ。日本語ってね、主語が無くても成り立つ言語体系なんです。
 

「私は」とか「あなたは」って、言わなくても、会話になりますよね。
「私は、おかしいと思う!」と言わず、「これっておかしくないですか?」
 

とかって表現したりします。主語がIt,They,Weの場合が多いんですね。

 

日本語って、言葉の責任の所在が曖昧。基本的に、「私たちって〇〇だよね」「これが普通だよね」という連帯を確認し合うような言葉の使い方をするんですよ。村社会だから。


だから、世間の王道を生きている時はいいんですけど、

いざその道から外れた時、ものすごく生き辛くなるんです。思考は言語に左右されますから。

 

「私って何が好きかわからない」「私はどういう人間なんだろう」とかってなりやすい。人と違う事が耐えられない。人と比べて落ち込む。

 

ある程度仕方ないんですよ、だって考えてこなかったんですから。

 

だから、自分の身体という唯一無二のものとの付き合いが苦手なのかもしれないですね。病気になった時の辛さ、自責の念というものは、こういう所から来ていることもあります。

 

 

さて今回の講演会、勇気を出して挙手して質問してみました!やっほー!

 

 

Q.「やりたい事はあるんですが、その前段階でものすご~く面倒くさくなっちゃうんです。面倒くさいっていう気持ちの扱い方についてお教え下さい」

 

これ、私の悩みです。超面倒くさい。色々面倒くさい。

お料理面倒くさい。お掃除面倒くさい(笑)やる時はやるんですけど、基本面倒くさい(笑)

 

 

ここから泉谷先生の回答。(私なりにまとめてみました)

 

面倒くさいっていうのは、心の声に見えて、実は頭(理性)が出しています。

 

何故なら、「効率」を考えるから。すぐに結果が出ない事が面倒くさくなる。手間がかかる事が億劫になるんです。

 

でもね、すぐに結果が出ることなんて、つまらないんですよ。

料理なんて、手間を考えると作るの馬鹿らしくなりますよ。(先生は料理がご趣味)
 

今は平均寿命80歳くらいですが、おそらく下の世代は、100歳くらいまで生きるみたいです。どうしますか、人生の後半、ヒマですよ。やることなくなりますよ。

 

今は物と情報が溢れて、昔の様なハングリーモチベーションでは生きていけなくなっています。人々は皆、人生の意味を求めている。

 

意味とは、味わうことです。喜びも、悲しみも、味わう。

意義とは、結果です。

 

意義がある座標の点だとするなら、意味とは、それに向かうベクトルです。

矢印。何かを追い求める「方向性」です。

 

だから、「方向性」を維持するためには、手間はかかった方がいいんですよ。

 

人生は長いんです。スローに行きましょう。

(^^)にっこり。

 

 

ああっ、すみません!!わたくし生き急いでいました(涙)

 

仕事においては効率ってある程度大切なんでしょうが、

人生においては、効率って考え方はフィットしないですよね。

だって、どうせ死ぬなら全部無駄だから早く死んだ方がいいってことになりかねない(笑)

 

 

泉谷先生の御本、とってもオススメです!ひすい堂に置いてありますので、気になる方はお声かけて下さいね♪
 

私も人生のあらゆることを、味わいながら、生きて行こうと、あらためて思いました。治療というのも、患者さんが人生や身体に向き合い、「味わう」ための時間なのかもしれませんね。

 

<Facebookページの方もよろしくお願いします♪>

女性専門鍼灸サロン ひすい堂

 


肩こり、腰痛、冷え性などで
お困りの方は、御来院お待ちしております。
妊活・マタニティ・産後のお悩みもご相談ください


堺市北区の鍼灸院
「女性専門鍼灸サロン ひすい堂」



ご予約・お問い合わせは
コチラまでお気軽にどうぞ!

電話072-258-6321
(スマホの方は、クリックで電話がかかります)

【受付時間】 10~13時、15~18時半(最終受付)
【休診日】 水曜午後、土曜午後、日、祝

メニュー記事一覧

初めての方へ / プロフィール  / 施術の流れ /  料金 /
アクセス / よくある質問 / 喜びの声 / 
プライバシーポリシー 




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)