先日、カラーセラピスト勉強会「パープル&ローズマゼンタ」「バイオレット&ローズマゼンタ」が終了いたしました。

あっつい中、初参加の方も常連さんもご参加いただき、どうもありがとうございました^^


カラーセラピスト勉強会2015


カラーセラピスト勉強会8月


「ベーシック講座」ではバイオレットを打倒する(?)レッドウイルスが誕生し大人気(宿主@Sさま 笑)。

レッド&ブルーの混色である、

「パープル」「バイオレット「ローズマゼンタ」

は、良くも悪くもセラピスト系の方々には縁深い色かな~と思います。



センセーションカラーセラピー勉強会



バイオレットは、相反する火のレッド・水のブルーを半々に持つ2次色。

「能動ー受動」「男性性ー女性性」「物質性ー精神性」

真逆の質を「イーブン」に持っているところに特徴があります。


ゆえに、1度「葛藤」「不安定さ」「理想主義」「完璧主義」などにハマると抜け出すのが大変なんですね^^;




センセーションカラーセラピー勉強会


更に、色彩象徴・基本連想物・チャクラなどの要素からは「精神性(NOTレッド」に偏りやすいのがバイオレット。


バイオレットをポジティブに生かすには、

上(精神性)のテーマを持ちつつも

半分を占めるレッド(現実・下)をどのように活用して行くか?

実はレッドがキーポイントになるのです^^(少なくとも、チームバイオレットの皆さまは 笑




センセーショントリコロールカラーセラピスト勉強会


ちなみに、平日「色の意味の構成」講座で、ブルーとレッドの2次色の質を説明し、

「この火と水、真逆の感情を半々で抱えていたら…きついですよね?」

と、バイオレットの「葛藤」について1人ずつお聞きしたら、


「辛い~!辛いから、レッドでとりあえず動いちゃうかも…」


と予想外のお返事を頂きました。


あ、そうなんだ。均等状態は辛いから、どちらかの色(恐らく得意な方)を活用することで、脱却を図るんですね。


センセーションカラーセラピー勉強会


このお返事が面白かったので、週末も皆さまにお聞きしたら、7割は、

葛藤はツライ。その辛さから逃げる為にレッド~動くかも。

と「レッドが勝る」お返事でした。


もちろん、レッドが噴出する前の「葛藤期間の長さ」は個人差があると思いますが。(多分、チームバイオレットの方々は「葛藤期」が尋常じゃなく長い。←のでドМと言われます 笑


アヴァターラカラーセラピー勉強会

残りは、

葛藤はツライ。辛いから引きこもる。と、「ブルーが勝る」方。

(更に若干1名、「全部投げ出してクリアにする!」とおっしゃった大胆な方もおりました 笑)


レッド期とブルー期が今後に来るとバイオレットの「不安定」ですが、「不安定」は「精神・魂の変容」も生み出します。

この対極の質のダイナミクスを使いこなせるかどうか?がバイオレットの鍵なのです^^




2次色のバイオレットより、ブルーが多いのがパープル(インディゴ)。

レッドが多いのは、ローズマゼンタ。

バイオレットをきっちり理解しておけば、あとは色配分で読み込めるのですが(まずは1次色。次に2次色。その先に3次色です)、今年は、


「(自分が選べないので)ローズは実は苦手…」


とおっしゃる方が意外に多かったです。なのでロ―ズマゼンタについては次回改めて☆






とりあえず、毎年暑い時期に暑苦しい色(テーマ)で恐縮ですが(笑)、ご参加いただきました皆さまどうもありがとうございました^^!







*:;;:**:;;:**:;;:**:;;:**:;;:**:;;:*

カラーセラピーサロン&スクール(カラーセラピー&リュッシャーカラーテスト養成講座)

WHITE-TARAホワイト・ターラHPはこちら

お問い合わせ&お申し込みはこちら

*:;;:**:;;:**:;;:**:;;:**:;;:**:;;:*



AD