東海大セミナー

テーマ:

先日は同じく「エコール・ド・メチエ協力校」であり、いつも御懇意にさせていただいている鶴岡色彩研究所@自由が丘の鶴岡先生のお手伝いで、


東海大学のセミナーに行ってまいりましたニコニコ




当日は、自由が丘から乗り継いで・乗り継いで、山や田園風景を見ながら、


「遠い・・・遠すぎる汗


「もはや仕事を終えた気分・・」


と1つ手前の鶴巻温泉で降りてしまいそうになりながら(いえ、降りてはいけませんビックリマーク)、なんとか東海大学に到着いたしました。。。

[COLOR & LIFE] WHITE-TARA

ああっ、ポスターがいっぱいっ!!



この企画は東海大学病院ボランティア部の主催。


今回の企画リーダーは心理学科のY君で、なんと19歳叫び



いまどきの大学生のイメージを打ち砕く、純朴そうで真面目な彼。(というか東海大病院ボランティア部の方みなさんそんな感じでした)



「マイク持つのが嫌なの~」


「ああっ、駅前で1発カラオケしてくればよかったですね~ひらめき電球


と久々の大規模講演会にやや緊張気味の鶴岡先生のために、


「なんかおもしろいことやってぇぇ~アップ


というと・・・仮面ライダー?(じゃないよね・・世代的に)の変身ポーズをやってくれましたニコニコむちゃぶりすみません。。でも受けたあせる




さて、この講演会は、開けてみるまで何人来るかもわからない(50~100人)というなかなかオープンなもの。


神奈川のケーブルテレビや東海大新聞も撮影や取材にきています。



わたしとしては・・・「パワポ、頼んだよ~ビックリマーク
[COLOR & LIFE] WHITE-TARA

という思いが1番強い汗


そうです。わたしはパワポなんか作ったことないのに、作ってしまいました・・。


こんな舞台で鶴岡先生に恥をかかせるわけにはいきませんードクロ




ワークが入るので、テーブル席です。約80名近くの方がおいでになりましたアップ


講義ではちょっと会場も硬い感じ。


でも、ワークになるとみなさんリラックス。鶴岡先生も笑顔がいつも通りにニコニコ




[COLOR & LIFE] WHITE-TARA
そんな鶴岡先生を追いかけるテレビカメラww



みなさん、自分の心地いい色を探し、その色に言葉を与えていきます。


こんなこと、普段はきっとやりませんね。





あ。わたしが写真を撮っている間も、
[COLOR & LIFE] WHITE-TARA


お手伝いに来られた3人の鶴岡門下のセラピストさんたちが、配布資料を配りまわりきびきびと働いておりますニコニコ



遠くは神戸からおいでになった方も。



わたしも久しぶりにお会いした方や、お名前だけは聞いていた方などとお会いできてうれしい限りですドキドキ





会場は20代から60代ぐらいの方までいらっしゃいましたが、珍しかったのが、男性が8割ぐらいいたこと。


東海大が男子学生が多いのか、カラーセミナーというと女性が多い場合が多いので、なんか新鮮です。


もちろん、ややいかつい感じの男性も、運動部のジャージの男子も真剣に色を選んでいます。



かつては男性って「色なんて女のもの」「心?興味ないや」といった風潮があったものですが、昨今はもしやそういうフィルターが薄れているのでははてなマーク




先日、当校にも長野から男性の方が受講しに来てくださいました。


多くはないけれど、男性セラピストも活躍しているカラー業界。


もしかしたら先々もっと増えるかも・・・はてなマーク


男性の皆さま、今チャンスかもしれません音譜




おもしろいのが、最後の質問コーナーで最初は静まり返っていた会場。


女の子が1人元気よく手を挙げて質問した後に安心したのか、遠慮がちに男子たちが手を挙げ出し、最後は時間切れになるほどに。

(これまた手の挙げかたが元気がないんですがww)



「個人的なことですが・・」


という前置きが多い男子の質問。


でも、「個人的」に聞きたいことが出てくるって、「はじめて触れた色を自分に照らし合わせた」ということですよね。




会場を片づけ終わる、最後の最後までくらいついて質問していたのも男子学生たちでしたww



最初の質問で「カラーセラピー」なんか全然知らないと言っていた人々が、


たった2時間で最後は「自分に何か」を落とし込み、かつそれに対しての「もっと知りたい」欲求まで抱くって凄いことですね~ドキドキ



もちろん、それには受け取る側の柔軟で純粋なハートがあったから。


これには鶴岡先生はじめわたし達もいたく感動ラブラブ一生懸命なY君はじめ、なんか大学生への印象が変わりました。




わたしはこのお話が鶴岡色彩研究所に来たときからお手伝いさせていただいていますので、


「これはボランティアのつもりでやらせていただく」


と鶴岡先生がおっしゃったこと、ふんだんな資料を用意し、自前のカラーカードをお土産として用意までされたことなど経過を見てきています。



誠意や想いは、ちゃんとこうして結果に繋がるんだなぁというのも1つの感動ニコニコ


ビジネスもいいけれど、こういうカラーの芽を撒くことも立派なカラーセラピストの仕事です。だってそれは必ず自分の心の豊かさになるのでアップ




温厚な顧問の先生(男性)が、ORANGEのカラーカードを大事そうに胸ポケットに入れていたのも印象的。


セミナー後に皆で記念写真を撮った時の、ボランティア部のみなさんの「やったぞビックリマーク」という笑顔も印象的。


そしてやりきった鶴岡先生の「もう今年が終わったって感じ~ガーン」という、笑顔も印象的。


もちろん、お手伝いに駆けつけたセラピストさんたちの「また機会があれば、是非手伝わせてください~!!」という言葉も印象的。




最後は鶴岡色彩研究所&WHITE-TARAの一押し、自由が丘の串焼き屋で打ち上げアップ



「ビールも飲んだし、今年はまだ終わってないって思い出しましたか~はてなマーク


「・・・・まだビール


最後まで笑い&笑顔の絶えない1日でした音譜






カラーセラピー&リーディング WHITE-TARA ホワイト・ターラ

ご予約&お問い合わせは chika@white-tara.net


11月12月開講予定はこちら 音譜

セラピーセッションご希望の方はこちら音譜



人気ブログランキング

応援おねがいいたしま~す ドキドキ






AD