愛のままにわがままに

薄っぺらい人間なので、日々ちょっとだけずつ精進・・できているのか? 愛のままにわがままに、そしてテキトーに

下画像のサイトを探しています
よろしくお願いいたします<(_ _)>

愛のままにわがままに

Webで見っけた興味深い記事などを紹介します





テーマ:
こんにちは


子供の頃、鎌倉のボロい隙間風の一戸建ての頃、冬は物置から、
石油ストーブを出し、ヤカンを掛けてあったまっていたものです


現在は集合住宅なので、あまり石油ストーブはよろしくないのもあり、
冷暖房は、もっぱらエアコン頼りでして、赤い(&重い)灯油のポリタンクを見ることも、
灯油の独特な匂いを嗅ぐことすら、殆どありません。。





ちなみにポリタンクは灯油用、ガソリンを入れて運んではいけません、法律違反ですよ~




灯油巡回販売、給油量ごまかしの手口を告白(←動画あり


 ポリタンクで灯油を買いに行く方、多いと思いますが、ただ、一杯に入れると大変重くなります。これを自宅まで運んでくれるのが灯油巡回業者です。ところがJNNの取材で給油量をごまかして販売し、月に数十万円を着服している販売員が複数いることが分かりました。

 都内の住宅街。冬の見慣れた光景ともいえる灯油の巡回販売。しかし、ある疑惑が。

 「(灯油を)18リットル入れたふりをして、実際は17リットルしか入れない。その1リットル分のお金を自分のポケットに入れる。着服するということですね」(情報提供者)

 男性が不正を指摘するのは、大手石油企業の子会社で、業界大手「東京シェルパック」の委託巡回販売。灯油18リットルを給油するとして、現金およそ1800円を受け取りながら、実際には少なく給油し、差額の100円分を着服しているというのです。

 販売員が一日に給油する量はポリタンクおよそ200本分。100円ずつ着服すると、1日2万円、1か月で50万円近い金額を不正に得ていることになります。疑惑は本当なのでしょうか。

 取材班が注目したのは、タンクローリーのメーター。
 「(メーターが)1945リットルで止まりました」

 1リットル分ごまかし、17リットルしか給油しなかった販売員。その後も取材を続けると、別の販売員も、注文より少ない量を給油していることがわかりました。深まる疑惑、取材班は販売員を直撃しました。

Q.(1回)何リットル入れているんですか?
 「18リットルですけど」
Q.本当に18リットル入れていますか?
 「はい」
Q.確認してもいいですか?
 「え?今?今?」
Q.ちょっと待ってください。お話伺えないですか?
 「・・・」

 逃げるようにその場を去った販売員。取材班は別の販売員にも直撃しました。

Q.認めますか、少ない理由については
 「急いでいたので間違えることもありますので」
Q.それは認めるということですか?
 「認めるというわけではなく、僕も人間ですので間違いはありますので」

 「ミス」だと主張する販売員。しかし4日後、この販売員2人は不正の全てを打ち明けると取材班の前に再び現れました。

 「自分のお小遣いにしてみようということで手を出したことから始まりました。申し訳ありません。(不正による収入は)月で30~40万円」(販売員B)

Q.会社は知っていた?
 「会社は黙認していたと思います。(会社に)長くいる人から『元からそういうのはある』と」(販売員A) 

 東京シェルバックは、私たちの取材に対し、「このたびはお客様の信用を失うような事態を招いたことを心よりおわび申し上げます。受託契約社員で不正行為をしている者がいることが判明しました。再発防止策を講じ、お客様の信頼回復に全力を挙げて努めてまいります」とコメントしています。(29日14:57)



あわわ・・たった1L(リットル)だって客は18Lぶんの金を払っている訳だし、
ほんのわずかな金額であろうと、数が多ければそのぶん当然大金になるし、詐欺じゃん!


はあ・・自動車のガソリンをハイオクと偽りレギュラーを入れてみたりとか、
他人が見てないから確認し辛いからって、なんともイヤラシイ所業ばかり・・
どうしてこうも他人を貶めることばかりなのだろう・・誰も信じられない時代なのか・・

AD
いいね!した人

テーマ:
こんにちは


ここ最近、とゆーか殆ど半永久的?にダイエットって流行ってます、流行り捲りですよね~
そのせいもあるのか、カロリーゼロなどと謳った人工甘味料を使った食品群の異常な多さ


なにかが流行るとそればかりになる日本には、本当に、いい加減呆れます┐('~`;)┌



そんなカロリーが0だから太らないといわれておりますが、昔tvかなにかで
『人工甘味料は体に吸収されない位分子が大きい』とか見ました


つまりゼロカロリー食品に使われている甘味料は、体内で消化できずに、
そのまま排泄されてしまうからゼロカロリーってな表現のようです。。



でもそれって極フツーに考えたって体にいい訳がない 普通に吸収できないのだから・・
なのに人は『太りたくないから』『カロリーを取るのは嫌だから』とそんな食品群を摂る
体が自然と欲するから、そのような食品群を摂るのではなく、頭で考えてそれを食べてる



現代人は運動が少ないともいわれていますよね だけどさ、だったら健康の為にも、
もっともっと運動をして、摂取したカロリーを減らせばいいようにも思うけど、
そこかしこアスファルトだらけだし、なかなか簡単に運動がし辛い時代でもあるのがねえ




なにかよい画像でもないか探していたら、やはりそのような記述も発見しました。。


-プロテインマニア プロテインの選び方&効果的摂取方法-






人工甘味料のカラクリ(執筆者:管理栄養士・体育学修士 河谷彰子氏)







僕は体が自然にキチンと、そんな人工物を排出してくれます・・つまり下痢になります。。
過敏過ぎ!といわれればそれまでですが、自然が最上!と考える僕は、やはりそんな、
人が作った人工物は体が自然な反応で受け入れません せっかくこんなよい体なのにぃ・・


ヤッパリ、人間の体が、自然には受け付けないのだから、
本当は、あまり人間に、よくないものだろうと思っています。。

AD
いいね!した人

テーマ:
こん○○は



2012年9月13日(木)長年使っていたwinがまたまたまた×∞ブチ壊れ~・・┐('~`;)┌
『いい加減、もうpcはいらないかなあ・・』と思うも、妻の仕事にも使うし、
ヤッパリ必要だよなあ・・と、それまで幾度となく訪れた電化店へいくことに・・


今まで、おなじように覗いていた筈なのに、一目惚れしたMacBookAir

現在も、毎日毎日触っていますが、その美しさ・素晴らしさに飽きることはなく、
また、日を重ねるにつれ、美しさ・素晴らしさに、いっそう磨きが掛かっております





アップル救ったジョブズ氏の慧眼 ビデオ映像の「死後証言」が決め手に
 米アップルの携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」が独占禁止法に違反しているとして、購入者が3億5000万ドル(約409億円)の損害賠償を求めた集団訴訟で、カリフォルニア州連邦地裁の陪審団は16日、原告の訴えを退ける評決を下した。アップル勝訴の決め手となったのは、共同創業者のスティーブ・ジョブズ氏が2011年10月に56歳で亡くなる半年前に撮影されたビデオ映像。法廷で再生され、異例の「死後証言」として認められた。カリスマ経営者の慧眼(けいがん)によって残された“遺言”がアップルを救った。



「ソフト更新しすぎ」
 この集団訴訟は、アイポッドの購入者である原告団が、アップルの音楽配信サービス「iTunes(アイチューンズ)」でしか楽曲を購入することができず、競合他社の配信サービスが排除されており、独禁法に違反するとして05年1月に起こした。証拠集めなどを経て今年12月にようやく審理が始まり、06~09年にアイポッドを購入した消費者約800万人が原告となった。


 ニューヨーク・タイムズ紙など米メディアによると、原告側は、アイポッドとアイチューンズのソフトウエアが頻繁にアップデート(更新)されるため、他社のサービスはそれに対応できず、アイポッドの購入者はアイチューンズの利用を強いられたと主張。他社サービスで購入した楽曲が再生できなかったり、ソフトウエアの更新で消失したりして損失を受けたとしている。独禁法違反と認定されれば、賠償額が懲罰的に3倍に膨れあがる可能性があり、アップルといえども経営的に大きな打撃を受ける恐れがあった。

 審理でアップル側のウィリアム・アイザックソン弁護士は「実際に楽曲が失われた証拠はなく、消費者に損害は与えていない」などと反論。そして、今月5日の公判で、“切り札”ともいえるジョブズ氏の映像を証拠として法廷で公開した。


「ハッカー対策目的」
 これまで未公開だった約27分の映像の中でジョブズ氏は、アイチューンズのシステムを破り楽曲を盗もうとする「大勢のハッカーがいる」と指摘。「アイチューンズとアイポッドのソフトを更新し、(ハッカーの侵入口となる)セキュリティーホールを塞ぎ、さまざまな問題に対処する必要があった」と訴えた。その上で、結果として他社サービスが排除されているとすれば、それは「付帯的損害にすぎない」と主張した。


 異論もあった「死後証言」が認められたことで大きな注目を集めた評決では、「アップデートは純粋に(ハッカー対策といった)機能強化のためだった」として、8人の陪審員が全員一致で原告の主張を退けた。まさにジョブズ氏の証言をそのまま認めた内容だ。原告側はただちに「他社サービスの締め出しと機能強化は分けて判断すべきである」として上訴する意向を表明した。

 ジョブズ氏の死後証言は、この訴訟のために準備されていたものではないといい、自らの死後にアップルが窮地に立たされることを予測していたかのようだ。当時からハッカー対策に力を入れていたことも含めその先見性には驚かされる。もっとも最近のアップルは「iPhone(アイフォーン)」「iPad(アイパッド)といったジョブズ氏が生み出した“遺産”頼みだが…。(SANKEI EXPRESS)




うう~~~むぅ・・原告団(800万人!?)の意図というか考えというか気持ちがわからない。。
だあって、この原告団ってさあ・・
iPodの素晴らしいデザインや操作性を気に入り、持ってるし使ってるけど、
普段はいつもWinPCを使っていて、親しみバリバリだから、Apple社で独占しないで、
Winのように、多数の会社からDLできるようにしてほしい・・
ってだけじゃない?
iPodは気に入り使いまくってるけど、なんやかや、実は結局Win好きなんじゃないのかなあ。。




まあ原告団の気持ちもわからんではないけれど、
参入して来る数が増えれば、そのぶん、至極当然に、質・レベルは下がっていく 


確率とか統計とかの話になるんだろうけど、むつかしいことを知らなくたって、
人や物の数が増えれば、それだけ悪い人や物も増えるのは、考えずとも至極当然




僕も、昔々友人から祝いに頂いたけど、いつもいつも音楽がなきゃ・・ではないし、
音楽を聴くのは自動車を運転している時だったり、部屋ならpcでも聴けちゃうし、
なにより僕は、イヤホンやヘッドホンで聴くって、あんまし好きでないんだよねえ。。
せっかく頂いたiPodも、使う機会は少なくって・・申し訳ない<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
だけど、せっかく祝いに貰ったし、iPodにも祝いの言葉が入れて頂いていて・・
とはいえ私見だけどデジタル物って、進歩・進化が早いから、贈答に向かないかも。。



さておき、結局、原告団もそんなに文句があるのなら、はなから使わなきゃいーじゃん?
殆どいつでも単純な僕は、ただただ、そこに行き着くだけだと思うんだけどなあ。。



あ、そーそ、ちなみに?たまったまRealPlayerの検索で知ったのですが、
RealPlayerは、1990年代後半から2000年代前半のインターネット初期にかけ、
人気の高いメディアプレイヤーだったが、2007年中期以降はiTunesに抜かれたそうで・・
ヤッパリそれだけiTunesのシェアはすんごい広がりなんですねえ~~。。
それに比例してMacのシェアも増えてはいるだろうけど、Winと比べたらまだまだかなあ



兎にも角にも、スティーブ・ジョブズは、本当に素晴らしい方だったのでしょうね。。
僕がMacを使うようになったのは、奇しくも亡くなった後で、非常に悔やまれました。。



慧眼:物事の本質を見抜くさとい眼力・鋭い洞察力。また,それを持つこと 


そうですか・・僕もそんなチカラを身に付けたいなあ・・むつかし過ぎそうだなあ。。
AD
いいね!した人

テーマ:
こん○○は webで見っけた画像・・









こんな積雪の中で・・男だね~♪  って、ただのアホやんって思われてんだろうか


だけどこれ、なかなか気持ちいいと思うんだよね~ 
負け惜しみ?でもなんでもなく、サイドウィンドウを上げていれば頭寒足熱なんだよね


うう~~~~む・・だけど現代の、さっぱり『ミニ』じゃないミニバン流行りの世で、
この状況をわかる人は少ないだろうし、ここまで積雪ん中はどうかわからないけれど、
周りから「バカじゃないの?」と思われる程、寒くないのは事実なんだよねえ~~
だって殆どの風はFガラスから頭上を抜けていく・・止まった時、横からの強風が嫌かな


いいね!した人

テーマ:
こん○○は 覚え書き、とゆーか元記事がなくなった時用に2014年10月17日 22時00分の記事



気付かないうちにやっている、仕事で成功できない3つの考え方

仕事で成功する要因は、能力やコネ、振る舞いだと考える人は多いです。何をしたかより、誰を知っているかだと。しかし、HubSpotのCEOであるDharmesh Shahさんは、そのような要因も確かに重要ですが、目には見えないけれどもっと大事なものがあると言っています。それは、正しい考え方です。すばらしい仕事を達成するには、どのように考えるかというのが一番大事な条件です。

逆もまた真なりだと証明できるでしょうか? 正しい考え方をすれば、すばらしい仕事を実行することができますが、間違った考え方をしていると、どんなに賢くて、勉強もできて、がんばっていても、目標を達成できないのでしょうか? 答えは「イエス」です。最近、健康の専門家としても知られ、医者であり作家でもあるDeepak Chopraさんが、LinkedInのコラムでそう答えていました。

Chopraさんは「多くの人が、考え方や見方によって仕事での成功を妨げている」と言っています。では、仕事の成功の妨げとなっている、よくある間違った考え方というのはどんなものなのでしょう? Chopraさんの考える、3つの間違った考え方をお教えしましょう。


1. 期待値を低くする


本物の失望を味わうためにも、目標は高く設定しなければなりません。失敗して痛い思いをするかもしれないからと、自分の身を守るために目標を低く設定する人が多いです。でも、目標を高く設定すれば、それを達成するために自分の潜在能力が発揮されます。始める前から自分にハンディを与えるよりも、失望するリスクを冒す方が価値があります。


ほとんどの人が不安で不確かな気持ちを持っています。安心したいがために、期待値を低くしようと考えるのです。しかし、実際にはそうはいきません。仕事に対する期待値が低過ぎると、価値のあるものを生み出す可能性も低くなってしまいます。


2. 確かそうなものを探す


自ら手に入れようとしなければ、変わりのない人生が待っています。


人生というのは不確かなものです。ほとんどの人が、あまりにも不安なので、確かではないのに何か確かそうなものにすがろうとします。周りの人の意見を聞き、周りの人の期待する会社で働き、安心するのは集団に受け入れられた時だけ。しかし、本当の成功というのは、未知なる創造的な可能性の世界に飛び込み、不確かなものを積み上げた先にあるものです。


3. 成長することを忘れている


これまでの人生を振り返ってみると、いかに自分が変わったかというのが簡単に分かります。しかし、未来のことを考える時は、自分が成長するという事実が突然見えなくなるのです。これまで10年での自分の変化と同じくらい、これからの10年でも変わるはずです。どんな風に自分が変わるかを過小評価するのはやめましょう。


すばらしいキャリアは成長の上に構築されるものです。若いうちは特に、自分の成長の可能性を測るのは簡単なことではありません。しかし、未来の自分が測り知れないくらい成長しているかもしれない、と考えないのは間違いです。今の自分にできること、今の自分が知っていること、今の自分に見えることは、すべて一時的なもので、成長という得体のしれないプロセスを待っている状態です。


今まで間違った考え方をしていましたか? 大丈夫。これから変えていけばいいのです



ふむふむ、なるほどなるほど、大変勉強になります!!!!!

いいね!した人

[PR]気になるキーワード