Well

だって


愛のままにわがままに

画像のサイトをご存知ありませんか?

テーマ:

こん○○は また戻らねばなりませんが、入院一時帰宅のashです

 

 

先日ネットをふらふらしていると、なんとなく興味深い記事を見つけました 1と2があります、少し長めではありますが、ヤッパリ記事自体が消えてなくなるのが、かーなーり嫌なので、全文コピペさせていただきますので、よろしくお願いいたします<(_ _)>

 

 

どういうヒトがヤクザになるのか?(1) 家庭の問題を考える

■更生する人とグレ続ける人の差は?

 古くは高倉健や菅原文太の主演作品、最近では北野武監督作品などを見て、「カッコいいなあ」と思う男性は少なくないだろう。しかし、その気持ちをそのまま育んで、本当にその筋の人になるかといえば、滅多にそういう人はいない。

 また、若い頃にグレている人は少なくないが、ずっとグレ続けてヤクザになる人はそのうちのごく一部である。

 グレる人、グレても更生する人、グレ続けてしまう人にはどのような違いがあるのか。

 この問題に取り組んで研究を続けているのが、犯罪社会学者の廣末登氏である。廣末氏は、元組員らへの丹念な聞き取りから、彼らがヤクザになった背景を探ってきた。その成果をまとめたのが、新著『ヤクザになる理由』。

 元組員らの生々しい証言が多く収録された同書では、その「理由」について、「家庭」「学校」「仲間」「地域」「個人的資質」における共通項を示している。

 そして、これらの証言を読むと、単純に「出来の悪いヤツがグレて、その成れの果てがヤクザだ」といった簡単な話ではないことがわかってくるのだ。

 今回は、この本から「家庭は彼らに何をしたのか」を見てみよう。以下は、同書で紹介されている元組員らの述懐の一部である。

■門限なんか無い

家庭は彼らに何をしたのか…

 

「(中学生の時にはもう門限は)なかったな。夜店行くんが楽しゅうてしょうがなかったわ。中学校の頃にも(夜の)11、12時には帰れよ言うんが親父の口癖やった」

「(父親は)いつも家におらんかった。仕事もやけど、芸能人の追っかけが激しかった(苦笑しながら)」

「わし、ほったらかされとったがな、金だけは貰いよった……そうやな、1日300円位か」

「(夫婦喧嘩は激しく)出刃(包丁)持ってしよったわ」

 同書で多くの元組員が「門限なんか無かった」と口々に証言している点は印象的である。

 廣末氏の調査によると、暴力団加入経験者には、「単親家庭」(離婚などに起因する一人親家庭)、共働き家庭や長期出稼ぎ(出張)家庭のように機能的観点からみた「疑似単親家庭」、家庭内暴力が絶えない「葛藤家庭」、学童期に門限がないなど親が躾や勉強の面倒を見ない「放置家庭」、親と子の会話が極めて少ない「意思疎通上の機能不全家庭」等々の出身が多いことが分かったという。しかも、これらの要素が複数見られる家庭の出身者が多く見られた。

■単親家庭のリスク

 単親家庭のリスクを強調すると、「シングルマザーへの偏見ではないか」といった反発もあるかもしれない。この点について廣末氏は、こう述べている。

「誤解なきように申し上げておきますが、私も必ずしも単親家庭で生育した子どもが、非行にはしり、グレ続けるなどという主張をするつもりはありません。筆者の知人の中にも、単親家庭でグレなかった者もいます。

 ただ、学問的に見た場合には、そうした傾向があるということは指摘したいと思いますし、できれば、親となった方たちには、シングルマザー(またはファーザー)家庭を作らないようにしてほしいとも思うのです。

 危険なのは、安易にシングルマザーの擁護や賛美をすることは、かえって彼女たちへの支援を緩めることにつながりかねないということです。

 シングルマザーでも問題ないのならば、支援の必要なんて無いじゃないか、というリクツを補強しかねません。

 子どもがグレるリスクを高めるような環境は、できるだけ無くすべきです」

 

 

どういう人がヤクザになるのか(2) 暴力団加入者の特徴

■ヤクザ予備軍は学校に行かない?

 ヒトがヤクザになる理由について、前回の記事では家庭の問題を取り上げた。今回は学校が与える影響について見てみよう。犯罪社会学者の廣末登氏の解説によれば、従来、学問的には暴力団加入者の特徴として「学校社会への不適応」という問題が指摘されてきたという。具体的には、

①教育歴が短く、義務教育修了者か高校中退者が多い
②学業成績が不振で、怠学歴が顕著
③学校内に親しい友人が少なく、学校生活への全体的な不適応が認められる

 の3つが特徴とされていた。しかし、①、②はともかく、③については実際の元組員らの話とは合致しないという。

「学校不適応生徒というと、そもそも学校に行かず、家に引きこもって大好きなお菓子を片手にゲーム機をいじっているようなイメージがあります。もし、そうであるとすれば、そうした人たちが青年になって、いきなり非行少年デビューして悪さをしたり、暴力団という社会で“活躍”できるものだろうか」

 このような疑問を廣末氏は研究するうちに抱くようになった。そして、実際に元組員らに聞き取りをしていくと、多くの者が、先生は嫌いだったが、学校は楽しかった、と語ってくれたのである。以下、廣末氏の新著『ヤクザになる理由』から、彼らのコメントを引用してみよう。

■番長経験の功罪

学校が与える影響とは

 

「ポリ(警察)も先公も関係ないがな。(彼らの言うことが正しいとは)思わんかったと思うで、当時な、全くの無視や無視」

「学校は好きだったよ。でも、先生からしたら来てほしくなかったんじゃない。だってさ、言うこときかない、生意気でしょ」

「(クラスの中での地位は)まあ、高いかな。(クラスの皆からは)女の相談から、喧嘩の相談まで(受けていた)ね」

「クラス全体で、自分が一番や思ってた。先ず喧嘩が強い……と思われてるんや、絶対に泣かんしな。それと少年院帰りやから」

 多くの証言から、廣末氏は、暴力団加入者に共通する特徴として、「教師には疎まれ、負の評価をされている一方で、クラスメイトには一目置かれていて、クラス社会の保護者的な役割、まとめ役といった期待が存在していることが多い」としている。

 従来の研究では、教師側からの視点を重視して、「グレている奴」イコール「学校に不適応な奴」と捉えていた。しかし、廣末氏は、学校には教師が認めるフォーマルな「学校文化」とは別の「生徒文化」があり、そこでの評価基準は前者とはまったく別だと考えるべきだ、と解説をしている。

 これは不良モノの映画や漫画を連想すればわかりやすいだろう。「ビー・バップ・ハイスクール」「ろくでなしBLUES」などの主人公は先生にはニラまれていても、同級生には結構愛されている。それどころか、ある種の「守護神」として機能することすらある。

 もっとも、このような「お山の大将」的な経験が、のちにヤクザになる理由の一つにもつながっている可能性も指摘されている。

 つまり、いくら学生時代に「番長」として君臨できても、普通に卒業、進学、就職すれば、それなりの地位で、コツコツ働くしかない。しかし、カタギとは別の世界に行けば、もっと「上」に行ける、といった思考から、そちらの世界へと道を踏み外す者も多いというのだ。

 

 

 

 

ふむふむ、なるほどなるほど〜〜 普段、僕たちとの接点は少ない暴力団関係、ヤクザな方・・ですが僕は昔々、越してくる前の鎌倉に住んでいた頃は、良いのか悪いのか、ケッコー頻繁気味?に接点がありましたねえ。。 って、きっとたぶん、本当の暴力団関係、ヤクザな方ではなく、その手下というのだろうか、チンピラな方と思いますが・・tvかなんかで聞いたけど『人類の数%はどーしても社会とやっていくことのできない、社会不適合者が必ず現れる』って本当なのだろうか・・人間は誰も皆、無限の可能性を持っているのだし、今現在はダメだとしても強い思いを持って心身を鍛えれば、きっとできるようになると思うんだけどなあ。。 

 

 

 

 

当時の僕は一般的な就職して・・でもなく、かといって家に引き篭もって・・でもなく、バイトはしていましたし、バイクで外に出ることも多かった、テキトー気味な人生を送っていました 母親はそんな、一般的に就職をして・・ではない僕を他人に見られたくなかったようで「昼間っから、ふらふら出歩くんじゃない!」とよく怒られたりしていたように思いますが、殆ど記憶にありませ〜〜ん てへへ 僕も弟も門限っちゅー門限はありませんでしたね まあ、ちゃんと帰っていましたけどね 昔はばっちゃんがいたので、あんましばっちゃんに心配を掛けたくなかったし 確か弟もそれほど夜遊びはしてなかったように思います

 

 

 

 

そんな世間一般と時間の流れ方とゆーか時間の使い方がちがっていたせいもあるのでしょうか、世間一般的ではないような、チンピラな方との接点もありましたね〜 良いことではなく嫌な、悪いことでした そーいや、母親の自動車を廃車にしたこともあったなあ・・ああ、当時から僕は自動車の運転に向いていなかったんだろうなあ。。orz

 

 

 

 

ちなみに?僕の両親も離婚しており、女手一つで育てられましたが、なぜかどーにも母親とソリが合わず、喧嘩しているわけじゃないけど、仲は良くなかった どーだっていいことですかね〜

 

 

 

 

著者:廣末氏も書かれておられますけれども、僕も随分以前から感じて気づき、思っていましたが、やはり両親の離婚というものは子供にとって良い影響はないと思います 多かれ少なかれ子供に悪影響を与えるのは事実です 勿論、世の中には仕方なく離婚し、その家庭でも立派に育った方も多数いらっしゃいますけどね ですが1度は互いにとても好きになり、愛し合い、sexをして子供を作ったのですから、たとえ喧嘩をしたり仲が悪くなったりしても元に戻れます 「いや!うちは絶対に無理!」などという人は、本当に最大限、仲直りをする努力をしていますか? 考えに考え尽くし、仲直りをしようと思っていますか? どこかで変に意固地になっているのではありませんか? 「いや!ヤッパリうちは絶対に無理!」って、じゃあなんで互いに好きで愛し合いsexまでして子供を作ったの? 人間は、鉄のように固い意志を持つこともできますが、フレキシブルに物事に対応し、柔軟な考えを持って解決できる素晴らしい能力も持っています できないことはない、ただ、やらない、やろうとしないだけ 本当に子供のことを思い、考えているのならできないことなんてないと思いますよ

 

 

 

 

離婚は子供のために良くないと思いますが、だからといって仲直りをする理由を子供のためだから、としない方がいい 万一離婚に至った時、子供に理由を求めてしまうかもしれません。。 結婚し、離婚したのは誰でもない、あなた方大人の男女 子供は一切関係ありません 子供がむしろ被害者 多かれ少なかれ、両親の離婚から精神的な部分でおかしくなることは多い

 

 

 

 

僕の両親は・・酒を飲んだり自分の気に入らないことがあったりすると、母に暴力を振るう父親と母親が離婚する時、どうしたらいいか母にたずねられましたが、僕は母親であろうと誰であろうと、人間は誰も皆自由 家族であろうと誰も皆、個人は個人だし、自由にすればいいと思うので「母さんの好きにしたらいいんじゃない」といいました 人からの意見で考え・行動するのもまたその人の自由と思う 父親は自分より弱い女、子供にしか手を出せないような情けない奴でしたが、少なくとも僕の父だし、どうやらそんな粗暴な部分が僕にもあるようなので、いつも気をつけるようにしています

 

 

 

子供は、いともたやすく両親の離婚や、それに伴う周りの環境の大きな変化などで、道を反れグレてしまいます 表紙の「本人、親、学校、地域、社会・・一体誰のせいだ」・・そんな簡単に決まらないだろうし、この中のひとつが原因の場合もあるかもしれませんが、その多くは様々なことが複雑に絡み合って導き出された結果だろうと思います そんな単純じゃありませんて┐('~`;)┌ 人間、千差万別・十人十色 誰一人としておなじ人間はいないのだから・・ 

 

 

 

 

僕がヤクザにならなかったのは、単に弱く情けないからかな 昔々は喧嘩もそれなりにしたし、強い方でも弱い方でもなかったけど、いつからか、人を叩くと相手が痛がっちゃうよなあ・・と思うようになってから、喧嘩をしようって気になれなくなった まあ、瞬間的に手が出てしまうことは無きにしも非ずだけど、最近はとんとないかなあ・・

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは

 

 

2016年8月8日15時〜天皇陛下のお気持ち表明がありました あの、ぶれないtv局テレビ東京が午後のロードショーを休止し報道特番『天皇陛下のお気持ち表明』を放送しました 現在の天皇はケッコー好きですし、当然ですが、さっすが!と思いましたし、天皇のお気持ちとやらをblogにしておきたいと思います だけどいっくら天皇だからって、なんでもかんでも『お』をつけりゃいいのか? ・・お天皇お陛下のお気持ちお表明? ごめん、ちょっとふざけた<(_ _)> 

 

 

 

象徴としてのお務めについての天皇陛下お言葉

 戦後七十年という大きな節目を過ぎ、二年後には、平成三十年を迎えます。

 私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。

 本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。

 即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。

 そのような中、何年か前のことになりますが、二度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考えるようになりました。既に八十を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。

 私が天皇の位についてから、ほぼ二十八年、この間(かん)私は、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行(おこな)って来たほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井(しせい)の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。

 天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

 天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ二ヶ月にわたって続き、その後喪儀(そうぎ)に関連する行事が、一年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。

 始めにも述べましたように、憲法の下(もと)、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。

 国民の理解を得られることを、切に願っています。

 

 

 

象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(宮内庁提供)

 

 

 

 

 

 

現在の天皇は皇后と、ほぼ毎日のように公務で日本中を飛び回っていますが、誰がどう見たって高齢 いくら日本のため、日本のみんなのためとはいえ、身体だって辛い時も当然あるだろうし、高齢による物忘れや行事の順番まちがいなどもあったりするようです だけどそれは年齢を考えれば致し方ない部分だろうと、僕たち日本国民は皆わかっています だけど天皇のじっちゃん自身、自分で自分を許せない部分も大きいんだろうなあ・・だから今回のように僕たちに問いかけたのだろうし・・ 海外では生前退位をする国もちょこちょこあるそうです まあ、なんでも真似すりゃいいってもんではありませんが、高齢の天皇・皇后のことを考えれば、良い選択かもしれませんよね

 

 

 

現代は昔々と、数多くの様々なものやことがちがうのだし、天皇の重責をもっと真剣に考えてあげた方がいいと思うなあ。。 ハッキリいって象徴って、僕は、ある意味お飾り的な部分が無きにしも非ずなように思うけど、それでも国民ひとりひとりに思いを馳せ、考え・動いている天皇のじっちゃんは、本当に素晴らしい!!!!!←恐れ多くて申し訳ないが、僕は変に奉るつもりはありませんので・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こん○○は ashです

 

 

 

うう〜〜〜〜〜ん、やはり早朝はそれなりに涼しく過ごし易いのですが・・日中は、かーなーり暑い 毎日毎日暑い日が続いております。。 さくじつの暑い・・少しでも涼しさを感じられるようの続き的に・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、外を撮ってみたら・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最上部リンクの中のエアコン24時間つけっぱなし実験!電気代は安いのか?の通り、様々な要因で状況と結果はかわりますので、一概にはいえませんけれども、本日は電源をつけたり切ったりせず、ずぅっとつけっぱにしてみました 時間は測りませんでしたけど、エアコンをつけたまま、少しだけ外出したりしましたし、圧倒的にさくじつより長時間の冷房を使いましたが、上のリモコンの画像のように、電気代はおとといの半分程度の結果! 30℃設定で出かけ&帰宅しましたが、外から帰ると体感的に涼しく感じますし、少し落ち着いていれば30℃の室温にもすぐに慣れます ・・でもさあ、30℃で涼しいって、現代はどんだけ暑いんだっての だけど、地球自身は氷河期へと向かっているそうな・・┐('~`;)┌

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こん○○は ashです

 

 

 

早朝はそれなりに涼しいのですが日中は、かーなーり暑い 暑い日が続いております。。 しかもたいした雨も降らず、水不足の問題も微妙だったり。。

 

 

本日より暑さが厳しかった、って殆ど大差ない感じだけど、昨日のエアコンのお知らせ表示の外気温は、な、なんと!40℃!!!! 驚いて写真撮ったの忘れてた
そらあ、エアコンの室外機周辺は熱くなっているのだろうけど、この数字を見ちゃっただけで・・勘弁してくでえ。。orz


 

 

 

 

 

 

 

 

社貸与pcはちょっとできませんが、せめて自分のpcのデスクトップを、少しでも涼しく感じられるよう、夏ver.の画像にかえてみました 元々Apple社でもなかなか涼しげな壁紙は用意されているのですが、僕は以前ネットで拾った画像を使ってま〜す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハスキー犬がスイカを食べている画像も好きなんですけどねえ〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに寒い冬はこっち〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコンのデスクトップ画面を見て、少しでも暖まるように・・

これまた寒い季節に少しでも暖かさを感じられるかな、と思って・・

 

 

 

 

 

そーそーそー・・森の中の木々や湖畔などが近くにあれば涼むこともできるかもしれませんが、最近は、どこもかしこもアスファルトだらけ 涼を取るには、どうしたってエアコンを使う方が非常に多いと思います ですがエアコンをガンガン使うと心配になるのは、その電気代ではないでしょうか

 

 

 

 

エアコン24時間つけっぱなし実験!電気代は安いのか?

 

 

 

 

少し長いですし詳しくは上記リンクをご覧ください 

 

 

 

 

にしたって24時間つけっぱって、貧乏な貧乏性の僕はちょっと・・って気もしちゃいますが、24時間つけっぱの方が電気代が安い≒電気を作るための労力が低い≒自然への負担が小さいのであれば、人間の身体的にも楽になるのでしょうし、つけっぱなしが良いのかもしれませんね

 

 

 

 

だけどさー、24時間ずうっとつけっぱって、どんだけ暑がりだよ?! 僕は普段、暑くてクーラーをつけ、そのままの方が電気代的に・・と思うのですが、どーしてもつけっぱの寒さに耐え切れず止めること多々 だってー、クーラーって冷房の設定温度が最高30℃までしかないんだもの┐('~`;)┌

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こん○○は ashです

 

 

 

2016年8月3日夕方、何の気なしに東京mxを見ると自動車がどーのこーのって・・

オープンカーに乗る人の心理状態を追跡調査とかなんとか・・ どんなことをゆーんだろうと、思いっ切り途中から&短い時間でしたが、録るだけ録ってみました それによると・・

 

 

☆オープンカーの憧れを素直に表現!?

☆自信がなくオープンカーで自己主張する!?

☆承認欲求が強い!?

 

 

だとさ どっかの、かーなーりデブい丸山とかゆー女がニコニコしながら「(ここから見始めた)〜認められたい、そんな自分だって思って欲しい」とかいってたけど・・

あ〜〜らら、三つとも最後は『!?』かよう そんな信憑性のない調査で意味あんのか?

 

 

 

オープンカーで自信のなさを補完し、承認欲求を満たし、センスを褒められたい人が多いとか、だってさ

 

 

その検証のため実際のユーザーの生の声を聞くことに・・って感じで、66歳と44歳のオープンカー乗りにインタビューしてた

 

 

 

 

66歳の人は薄緑色の1956年型サンダーバードに乗っているんだけど「開放感がある車に乗りたかった 優越感も少し持てる」見られてる感覚は?「そりゃありますよ」目立ちたがり屋でしょ?「結局そこに行き着くかも」=注目されたい承認欲求があるようです・・だってさ

 

勿論、←画像は参考です

 

 

 

44歳の人は真っ赤な1965年型フォードマスタングに乗っていて、なんで乗り始めた?「やっぱり優越感」「目立ちたいですね 注目されたい 周りの人にいいセンスしてるねといわれたい」だそうで・・ この方は、元々デブかったそうです 「今は25kg落として人から見られたカッコイイと思われたい」=かなり強い承認欲求があるようです・・だってさ

 

勿論、←画像は参考です

 

 

 

昔からの憧れを叶え乗った意見もありましたが、やはり多くの方が注目されたい オープンカーが人にもたらす高揚感、その裏には圧倒的に強い承認欲求が、だってさ〜

 

 

 

 

てか初めて聞いた承認欲求なんて言葉 

ちなみに・・>承認欲求とは、読んで字のごとく承認されたい欲求のことで、社会生活を営んでいく上で誰しもが感じる「誰かから認められたい」という思う感情のことを言います だとさ

 

 

 

ひゃああ〜〜、最近は自己顕示欲があまりに強いからか、そんな言葉まで作られたかああ〜〜

それにさあ、自分自身ではなく、持ち物でって、どんだけ自分に自信がないんだっての 持ち物ではなく、まずは自分自身を高めなきゃダメなんじゃないのかなあ・・ 昔々のブランドなんとかじゃないんだからさー

 

 

 

 

「認められたい、そんな自分と・・」とかって人間誰しも多かれ少なかれ、心の中に持っている感情じゃない? オープンカー乗りはそれが強いっていいたいのだろうか・・ ちなみに妻にも番組を見てもらって、僕はどう?って聞いたら「ちがう」ってさ やはりこーいった心理分析とか、うさんくせえξ(`Д´) 僕はあまり当てはまらないことは多いかなあ それはそれで、ちぃと面倒、てか大変だったり困る場合も多かったりするのが・・ まあ、少なくとも僕は、憧れだーなんだー、自信がないだーなんだー、自己主張だーなんだー・・ってのは当てはまらない これは、僕ら夫婦の思いだけでなく、知らない他人が見てもわかるんじゃないかな てか、こーゆー心理分析とかって、どーだっていい とはいえ、つい見ちゃうよね〜

 

 

 

 

番組的に仕方ないのだろうとは思うけど、追跡調査といいながら、たった2人だけだし、結局、人間、千差万別十人十色ということだよね〜o(^▽^)o

 

 

 

 

もう廃車になってしまったし、ナンバーを出しても平気だよね? 答えは聞かないけどっ!

10年間大切に大切に乗って来たんだけど・・やっぱ運転下手なんだなあ。。orz

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。