あしたまにゃーな

飲むわ潰れるわ食うわ走るわ登るわ浸かるわ読むわ観るわで、

なんだかてんやわんやな日記です☆


テーマ:
今週は忘年会第一弾。
素敵な先輩お2人としっぽり呑んできました。

うかがったのは、以前から行きたかった『ふしきの』@神楽坂。
コース料理に合わせて、燗番がお酒を出してくれるというお店です。

場所は本多横丁から入ってすぐのビルの2階。
扉を開けるとすぐ小上がりがあり、
居心地の良さそうな空間が広がっています。
壁には店主オススメと思しき酒器なども並んでいました。

この日は寒かったこともあり、のっけからお酒をいただくことに。
最初にどのぐらい呑むかを訊かれたので、
「3合ぐらいかな…」と控えめに自己申告☆
最後のお酒まで辿り着けないと悔しいので、
控えめに行こう、と胸に誓いますw

意外なことに鹿児島産の水出し紅茶が出され、
「これをチェイサー代わりにすると、次の日もラクですよ」とのこと。

そんな、淡くて美味しい紅茶を片手に
いただいたお料理とお酒はこんなカンジ↓
例によって記憶を辿っているので、ちょっと違うかも(^^;;

鳥貝•ツブ貝•赤貝と九条葱のぬた
…風の森(奈良)

湯葉真薯の餡かけ
…会津娘 純米(福島)

聖護院大根•京人参•ほうれん草•鶏つくねの白味噌仕立て
…群馬泉 超特撰純米(群馬)

寒ブリと鮪に辛味大根、山葵を添えて
…宗玄(石川)

香箱蟹
身と卵、蟹味噌…早瀬浦(福井)
内子…日輪田(宮城)

珍味盛合せ
牡蠣の時雨煮•鯛の昆布〆…喜久醉(静岡)
炙りあん肝•西瓜の奈良漬け…篠峯(奈良)

鰆の幽庵焼き 銀杏添え
…白影泉(兵庫)

京蕪•京人参•焼き九条葱•焼き麩•柚子の炊き合わせ
…萬事酒盃中(広島)

鯖寿司
…カネナカ 生もと純米 家伝作り 限定品(山口)

抹茶+オランジェット
…仙亀(埼玉)

いやぁ、美味しかった!

特に美味しい取り合わせだと思ったのは、
寒ブリに辛味大根+宗玄、
炙りあん肝+篠峯、
鰆の幽庵焼き+白影泉、
鯖寿司+カネナカ かな。

…あ、魚ばかりだけどw
白味噌仕立てや炊き合わせも美味しかったんですよ。

料理の美味しいお店は酒の品揃えがイマイチだったり、
酒の豊富なお店は料理が物足りなかったりするのですが、
この店はその両方のバランスを追求しているんですね。

そして、目の前で燗番の多田さんが
料理に合わせてお酒を選んでは
お燗、冷や、常温、と程よい加減で出してくれる贅沢さ。
なんでもそうですが、信頼できるプロに身を委ねて
のほほんとできるのって本当にシアワセ♡

呑ん兵衛の私、日本酒も結構呑んでいると思いますが、
この中で呑んだことがあるのは喜久醉のみ。
「酒が主役というよりは、料理に合う酒を選んでいるので」
と多田さんがおっしゃっていましたが、
たしかに銘酒居酒屋では見かけない銘柄ばかりで興味津々。

普段、料理に合う酒、というと、どうしてもスッキリと呑みやすい、
個性に乏しい酒を思い浮かべるのですが、
決してそうではないことを、この店で改めて実感しました。

例えば海のものには海のある地方の酒、というのはそうだけど、
果たして甘い味わいの料理に何を合わせるのか…?
見ものでしたが、白味噌仕立てや幽庵焼きに
コクの中にキレがある酒を合わせて頂き、一同納得でした。

また、お酒が進むように、という理由か、
お料理の味付けが濃い店って多いけれど、ここはさにあらず。
お料理の味はもちろん、彩りも美しく、器も多彩なので、
下戸でも充分に楽しめます。
とはいえ、せっかく燗番がいるんだから
この店では日本酒を呑むのがいいと思いますが。

実は隣のカップル?の女性が日本酒が苦手らしく、
ほとんどワインで通していたので、
内心、鼻白む思いでして(苦笑)。
いい方のようだったし、他人が何を呑もうと自由だけど、
燗番がいる店で日本酒以外を呑むという選択肢は
私にはちょっと思い浮かばない。
なら、そのへんの和食屋に行けばいいのに☆

もちろん、多田さんはそんなことはおくびにも出さず、
きちんと対応されていて、
何を出すかと思いきや、グレイスワインを出してらしたので、
おっ、と思いましたが(私も好きなので♫)。

この店は一回転しかしないので、最後までゆったり。
魔法のチェイサーのおかげか、
もちろん余裕で最後まで辿りつき、
予定外の一杯までおねだりしちゃいましたw

お話をうかがうと、いずれも30代とおぼしき男性3人で
やってらっしゃるんだとか。
板前さんの拵えた料理に、
燗番が酒を選び、店主が器を選ぶというスタイルで、
料理は日々の仕入れで変わり、
2ヶ月ぐらいでかなり様変わりするそう。

日本酒が好きな人と、美味しい料理でゆったり呑みたい…
そんな時に、また寄らせてもらいます(^-^)/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ、当日。

当日は10:30に秩父宮・正門付近に集合、とのことでした。


「ラガールデー」と銘打って女性は自由席なら無料、というこの企画。

さぞかし華やかに宣伝しているかと思いきや、、、

正門にこんな控えめな掲示があるのみ↓


あしたまにゃーな


うーん、せっかくの企画なのにもったいないぞー(涙)。

女性=ピンク、というのは画一的かもしれないけど、

門から何からピンクで飾り付けるとか、

青山でチラシを配って女性を勧誘するとか、

もっと思い切って宣伝しましょうよ!


正門付近にはそれらしい女性がちらほらと。

私以外、全員20代のモデル級美女ばかりだったらどうしようと思ってたけどw

10~60代?ぐらいまで、各世代からまんべんなく選んでくださったみたい☆


私たちボールラガールは第1試合に登場です!


あしたまにゃーな


ラグビー協会の担当の方に連れられ、

初めて秩父宮のバックヤードへ。

ちゃんと「ボールボーイ用控室」があるんですね。


あしたまにゃーな


当日はお揃いのTシャツ着用、とのこと。

女性なのでピンクとか赤だろう、と思って、

私も含め、皆さん黒っぽいボトムスを用意してきたんだけど、、、

まさかの黒!!

おかげでちょっと地味な集団になってしまったかもw


次回やるなら、もっと華やかな色のTシャツを用意した方が、

観客にもアピールできると思います♪


あしたまにゃーな

あしたまにゃーな


バックステージパス代わりにこんなリストバンドをはめます♪

あしたまにゃーな

さ、いよいよピッチへ!

試合前の選手みたいな気分だ~!

あしたまにゃーな


秋晴れから一転、ちょっと曇ってきましたが、

初めて立つ秩父宮のピッチに大興奮の私たち♪

あしたまにゃーな


スタンドにもまだほとんど人がいません。

あしたまにゃーな


あしたまにゃーな


慣れない芝を走るので、少し足慣らしした方がいいですよ、と言われ、

早速、走ってみる私。

これはラインの外に寝転んで撮った1枚。

ホントはトライしてみたかったんだけど、さすがに恥ずかしくてw

あしたまにゃーな


ピッチに立つとはっきりわかる芝の違い。

左が人工芝、右が天然芝。

それにしても、秩父宮の天然芝はぼろぼろでかわいそう。

あしたまにゃーな


調子に乗って、誰もいないフィールドをジョギング☆

国立競技場は走ったことあるけど、

まさか秩父宮で走れる日が来るなんて・・・!

あしたまにゃーな


それにしても広いのなんの。

こんな広いピッチを前後半80分も走り回って、

あんなプレーを繰り広げるなんて。

改めてラグビー選手の凄さを実感しました。

あしたまにゃーな


ラガールデーだからかな?

今日はテントに保育スペースが設けられてます。

これはとてもいいサービスだと思うので、毎回やってほしい。


あしたまにゃーな


あ、電光掲示板にラガールデーの告知が☆

あしたまにゃーな

トライを決めて振り返ると、きっとこんな眺めなんですね。

すっかり選手の気分になって、あちこちで写真を撮ってますw


あしたまにゃーな


こちらはメインスタンド下のチームスタッフのテント。

何十年も使ってるのかしら、かなり年季が。

あしたまにゃーな

ラグビーボールにも触らせてもらいました。

大きくて硬くてびっくり。

よくこんなものを思い通りの方向に蹴れるもんだ☆

あしたまにゃーな


協会の方たちから説明を聞いた後、各担当を決めることに。


いつも選手を見ているだけなので気づかなかったけど、

ボールボーイをするにもいろいろと注意点があるんですね。

たとえば、、、


「メインスタンド側は協会・報道関係・チームスタッフの動線があるので、

それを遮らないよう十分に気を付けて」

「常にボールがピッチに1つだけあるように心がけてね」

「観客席からボールを受け取ったら一礼してください」

「バックスタンド側はしゃがんで待機。

その際、スポンサーのパネルの字にかぶらないようにね」

「ボールをセンターに置いたらダッシュで撤収してくださいね。

そうしないと試合が始まって選手に轢かれちゃうからw」


などなど。

不安げな私たちを前に、協会の方たちが、

「だいじょうぶ、私たちがついてるから。なんでも訊いて!」

と優しいお言葉をかけてくださり、ほっとしました。


協会の皆さんは30~60代ぐらいかな?

ラガール担当なので女性もいるかと思いきや、意外にも全員男性でした。

元ラガーマンなのか、近寄りがたい雰囲気の方もいらっしゃるけど、

女性に囲まれて、ちょっと恥ずかしかったのかも。

実際、お話してみると、とても優しい方ばかりでした♪


で、私はといえば、前半、レフリーにお水を運ぶ

ウォーターボーイをやることに。


レフリーは選手以上に水を飲む時間がないので、

トライのホイッスルが鳴ったら、すぐにピッチに走っていき、

ボトルを渡してあげてほしい、とのこと。

よし、頑張るぞ!


われわれボールラガールがスタンドにアナウンスされ、

皆で記念写真を撮ったら、いよいよ試合開始!

報道陣の後ろで選手の入場を見守ります。

あしたまにゃーな


当たり前だけど、選手が近い!

同じ目線に立ってみると、皆さんホントに大きくてがっちり。


2人で交代で務めたウォーターボーイ、私の出番は3回ありました。

トライのホイッスルが鳴ると同時に、戸田レフリーの元へ突撃w

最初こそ遠慮がちに走っていたのですが、

協会の方に、

「もっと鋭角に、まっしぐらに走って構わないよ」とアドバイスいただき、

だーっと走り寄ることに☆


戸田さんは3回ともニッコリ迎えてくださり、

「ありがとう!」

「ラガール、いいね~♪」

と優しく声をかけてくださいました☆


そして、そのすぐそばには、キック直前のヤマハのFB・五郎丸歩選手が!

五郎丸さん、早稲田時代から知っていますが、

学生時代より遥かに精悍な印象(相当鍛えあげてるんですね・・・)。

キック直前ということもあり、真剣な表情がとても素敵でした♡


しかし戸田さん、前半だけで6回もお水飲んでもらったけど、

お腹ががぼがぼになっちゃったんじゃないかしら???


あしたまにゃーな


もっとよく選手のプレーを見るつもりが、

当然ですが、いつホイッスルが鳴るかわからないので、

試合の進行の方が気になってしまい、

ようやくプレーを楽しめたのは後半から。

今回は特別にピッチの脇で観戦させてもらいました!

あしたまにゃーな


バックスタンドの臨場感もなかなかですが、

やっぱり同じピッチで、同じ目線で見るプレーは迫力がまるで違います!

普段は観客の声援で十分聞こえないのですが、

各選手・チームスタッフがすごく大きな声で叫んでいるし、

激しい息遣いや身体が激しくぶつかるさまは、まるで格闘技のよう・・・!

ああ、やっぱり面白いな~、ラグビーって。


あしたまにゃーな

選手のみならずチームスタッフの動きにも興味津々。

こちらはヤマハのスタッフのみなさん。

スタンドからインカムで飛んでくる監督の指示を選手に伝えたり、

ウォーターボーイが走り回っていたり。

皆さん、本当にかいがいしく働いておられました。

あしたまにゃーな


お、ここで五郎丸さんが目の前でキックを!

独特の構えから繰り出すキックは正確無比で、素晴らしい♪

あしたまにゃーな

だんだん寒くなってきたものの、

夢中でプレーを見ているうちに、あっという間に試合終了。

あしたまにゃーな


それにしても夢のような時間でした。

もう1試合、やりたかったな~。


最近、協会では「ラガールプロジェクト」と称して、

女性を呼び込むための様々な施策を実施しています。


スタンドに足を運ぶと一目瞭然ですが、

ラグビーファンは男性(それも年配の)が多く、

女性や子供はまだまだ少ないんですよね。


往年のファンの中にはきっと、

(そこまでして、女子供のファンを増やす必要ないんじゃないの・・・?)

と思っている方もいるでしょうが、

観客数を増やし、2019年の日本開催のW杯に向けて

ラグビー界を盛り上げるとともに、

将来にわたってラグビー競技人口を増やすためには、

女性や子供にもその魅力を伝えていく必要があると私は思います。


先日観た、ラグビーの動きを取り入れたというラグササイズというのは

正直イマイチだと思いますが(スタンドの反応もかなり微妙だったしw)、

このボールラガールなんて、うってつけじゃないかと☆


個人的にはボールボーイと選手のエスコートを組み合わせてほしいかな。

選手と一緒に入場し、そのまま裏方として試合に参加。

さらに間近で選手のプレーを見ることができたら、

きっと面白いし、想い出にもなるいい企画だと思います。


コンテンツとしてのラグビーの魅力は、

野球やサッカーにも決して負けていないはず。

だとすれば、あとはどうやってそれを伝えるか。

ホント、それだけです。


協会の、あのおじさまたちが

手さぐりで一生懸命考えているのであろう「ラガールプロジェクト」。

私も微力ではありますが、陰ながら応援していこうっと☆

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

・・・いや、私には姉さんはいないんですけどねw


でも、個人的にすっごく嬉しい出来事が!


実は10/27(土)秩父宮ラグビー場で行われる

キャノンイーグルスvs.ヤマハ発動機ジュビロ戦にて、

ボールボーイならぬ「ボールラガール」を務めることになりました!!

きゃーっ!!


実は先日、秩父宮で、ボールボーイをオヤジが務めるOYGデーがあり、

女性版があったらやってみたいな、と思ってたら、

タイムリーにこんな告知がありまして↓


http://www.top-league.jp/news/news16171.html


歳もかえりみず、思い切って申し込んでみたのです☆


ラグビーネタも多いこのブログやツイッターを引用しつつ、

フルマラソン6回完走の健脚をアピール♪

要写真だったので、ラグビーシャツを着たショットまで添付してしまいw


溢れるラグビー愛が買われたか、

はたまたあまりの意気込みに落とすのが忍びないと思っていただけたのか、

見事に選ばれちゃいました♪


ああ、選手と一緒に、憧れの秩父宮の芝を踏めるなんて・・・!


思い起こせば大学時代から秩父宮に通い始め、

日本選手権があるから、と成人式もぶっちぎって秩父宮で過ごす始末。


近年は暖冬が多く、ビールなんて飲みながら観戦してますが、

真冬に凍えるような寒さの中、ホットコーヒーやホットウイスキーを片手に、

数々の熱戦を目の当たりにしてきました。


そんな風に20年以上、ラグビーを観戦していますが、

まさか自分がピッチに立てる日が来るなんて思ってもいませんでした。


だって、秩父宮のボールラガールといえば、

私の中では、ボクシングのラウンドガールや、鈴鹿のレースクイーンみたいなもの(←おいっ)。

選ばれるなんて、ラグビーファンとしてこれほど名誉なことはありません☆


慣れないボールをうまく扱えるのか、

もたもたして選手の足を引っ張らないか、ちょっぴり不安でもありますが、

それ以上に楽しみなのが、間近で見る選手のプレー!

あまりの迫力にボールの行方を見失わないよう、気をつけねばw


選手と同じピッチから、果たしてどんな景色が見えるんだろう・・・?

今からワクワクしています。


選んでいただいた以上は、一生懸命務めさせていただきますので、

よろしくお願いします!


P.S.

なお、この日は「ラガールデー」と銘打ち、

女性は自由席に限り無料で入場できます。

とはいえ、トップリーグの場合、自由席でも十分良い席が多くて見応え十分!

興味のある方は、ぜひこの機会に秩父宮へ足を運んでください♪


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。