鳩山由紀夫首相は19日午前、宮崎県での口蹄(こうてい)疫被害拡大に関し、野党が赤松広隆農林水産相の初動が遅かったなどと批判していることについて「どこに責任があるとかいう話以前の問題として、まず感染の拡大を食い止めて、国民に、特に宮崎を中心として九州の農家の皆さんに安心を取り戻すこと(が重要)だ」と述べ、責任追及より防疫が先決だとの認識を示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 農水相の諮問機関「食料・農業・農村政策審議会」の小委員会が家畜へのワクチン使用を検討すべきだとしていることに関しては「さまざま検討している」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース】
鳩山首相「政府対応に問題あった」=被害農家支援に万全期す
口蹄疫対策、支援強化を鳩山首相が指示
普天間、大枠合意へ調整=月内に外務、防衛相会談
平野長官、午後に鹿児島再訪=徳之島住民と面会へ
地元の理解、米より先と鳩山首相=官房長官、15日徳之島住民と面会

譲れない線はどこなのか―特養・個室ユニットの行方(4)(医療介護CBニュース)
国内医療用医薬品が2ケタ増収―エーザイ(医療介護CBニュース)
半導体装置会社が粉飾決算?…監視委捜索(読売新聞)
<雑記帳>通天閣ロボ、上海万博に「出張」させて…大阪(毎日新聞)
元妻の連れ子と無断で「結婚」 婚姻届偽造の57歳男を容疑で逮捕(産経新聞)
AD