【ワシントン=酒井充】訪米中の鳩山由紀夫首相は12日夜(日本時間13日午前)、オバマ米大統領との非公式会談に臨み、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について日本側の検討状況を説明、5月末までの決着に理解を求める考えだ。

 首相は核安全保障サミットの夕食会でオバマ大統領の隣席に着き、普天間問題について意見交換。公式会談は普天間問題に対する日本側の検討が進展していないこともあり、見送られた。

 首相は、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部に600メートル級のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)を造る案や、徳之島(鹿児島県)に移設する案を軸に米側との調整を進めたい考えだ。ただ、移転先となる地元自治体では受け入れ反対の動きが強まっており、5月末までの決着は難しい状況にある。

 一方、米側はシュワブ沿岸部にV字形滑走路を造る日米合意案(現行案)が最善との立場を崩していない。ルース駐日米大使は9日に岡田克也外相と会談した際、現行案以外の移転を進める実務者協議の開始について「時期尚早」と伝えていた。

【関連記事】
民主、地方選で苦戦続き 支持率“危険水域”20%台突入
普天間「県外軸に機能移転」官房長官、沖縄県議会議長に
小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」
普天間 米大使、地元合意に懸念表明 実務者協議先送り   
「普天間が一番」 疲れの原因聞かれて首相
外国人地方参政権問題に一石

両陛下、須崎入り(時事通信)
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案(産経新聞)
川崎の双子死亡、出火元でライター発見(読売新聞)
首相動静(4月4日)(時事通信)
ピザ店強盗容疑で元従業員逮捕=開店準備狙い110万円-警視庁(時事通信)
AD