和傘と竹にともされた明かりが街を包む「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」が熊本県山鹿市で開催されている。
 開催期間は、2月の毎週金曜日と土曜日。日が暮れる夕方の午後5時半ごろになると、観光客や地元の人が竹に仕込まれたろうそくに点灯し始める。和傘を内側から照らすライトもつき、和傘を通した柔らかい光が、通りを満たしていく。国指定重要文化財の「八千代座」から約400メートルの間、数千の光に包まれながら観光客らはうっとりした表情で、ゆっくりと歩を進める。 

温暖化ガス、家庭で最大半減に=行程表素案を公表-環境省(時事通信)
<普天間移設>改めて県内移設の可能性示す 平野官房長官(毎日新聞)
予算委員長解任決議案提出へ=自民(時事通信)
<将棋>久保の封じ手は8六歩 羽生は強気 王将戦第4局(毎日新聞)
義理の娘陳述へ 事故裁判で被害者参加(産経新聞)
AD