郵便不正に絡み、自称障害者団体「凛(りん)の会」に偽の証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元係長・上村(かみむら)勉被告(40)の初公判が9日午前、大阪地裁で始まった。

 上村被告は、厚労省元局長・村木厚子被告(54)の指示で証明書を作成したとされる点について、「私が単独でやったことで、事実と異なる」と述べ、村木被告の関与を改めて否定した。

 今回の証明書の作成権限は、当時、企画課長だった村木被告にある。虚偽有印公文書作成罪は、公文書の作成権限がある公務員を対象とする「身分犯」で、村木被告の関与がなければ、犯罪は成立しない。

 この点について、上村被告の弁護人は公判で、「(権限のない者が公文書を偽造したとする)有印公文書偽造罪が成立する」との意見を述べた。

 起訴状によると、上村被告は2004年5月中旬、凛の会を障害者団体と認める証明書の発行手続きが進んでいるよう装うため、虚偽の決裁文書を作成。04年6月上旬、村木被告のほか、同会元会長・倉沢邦夫(74)、同会元会員・河野克史(ただし)(69)両被告と共謀し、偽の証明書を作成したとされる。

 上村被告は、捜査段階に村木被告の関与を認めたが、今年2月、村木被告の公判で「独断で証明書を発行した」と証言し、供述を翻した。このため、検察側は、上村被告の捜査段階の供述調書15通を証拠請求したが、大阪地裁は5月26日、「取り調べに問題があった」としてすべて却下した。

新型インフル 「毒性に応じ対策を」 総括会議が報告書(産経新聞)
鳩山内閣が総辞職(読売新聞)
小惑星探査機 「はやぶさ」最後の軌道修正に成功(毎日新聞)
<防衛省>陸将補を減給処分 立ち木無断掘り起こしで(毎日新聞)
浴衣 「注染」最盛期 職人の手作業で涼しげに…宇都宮(毎日新聞)
AD