東京ではこの2、3日、温度が上昇し、上野公園や代々木公園などの桜の名所では、花見客が陣取って、早くも酒盛りが始まっているが、AP通信やロイター通信は花見客でごった返す様子を写真付きで配信している。

 ロイター通信は「春がきて、日本人の桜好きに拍車がかかっている」と報じて、毎年、春になると、肌寒いうちからブルーシートを敷き陣取りをして、たくさんの人々がコートを着て、酒盛りをするというおなじみの風景がいたるところでみられると伝え、「桜に取りつかれた日本人」と面白おかしく皮肉っている。

 また、中国の英字紙「チャイナデーリー」(電子版)も花見の記事を掲載し、「桜は短かい期間に咲いて、すぐに散る。これはドラマチックで、日本人の気質に合っている。私もこの期間、酒を飲んで桜を愛でるのが好きだ」との65歳の男性の話を引用して、“日本人気質”を紹介している。

【関連記事】
思わぬ春の寒波、恵みの雪にスキー場再開検討 桜の名所は困惑
京都で季節外れの雪 桜との共演を堪能
“花見商戦”異状あり 「室内型」「アレンジ型」増加?
花見シーズン到来…でも、桜の下でドンチャン騒ぎはもう古い!? 
“カクテルの街”宇都宮 春にはこんなカクテルはいかが
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<新型インフル>水際対策の効果「限定的」 国際チーム解析(毎日新聞)
普天間移設 仲井真沖縄知事と平野長官が会談…東京都内で(毎日新聞)
<砂川事件判決>日米密談の文書存在 外務省が一転開示(毎日新聞)
築地移転予算が成立=現在地再整備検討の付帯決議も-東京都(時事通信)
【話題の本】『考えない練習』小池龍之介著(産経新聞)
AD