外国為替証拠金取引(FX)市場「くりっく365」で、独コメルツ銀行に南アフリカ通貨の誤った取引レートを提示され損害を受けたとして、個人投資家45人と1法人が26日、同銀行と市場を運営する東京金融取引所を相手に、計約2億2100万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。
 原告側弁護士によると、原告1人当たりの損害は約15万~6900万円としている。
 訴状によると、コメルツ銀行は同市場で南アフリカの通貨「ランド」のFX取引に参加していたが、2009年10月31日の取引終了直前、実勢相場から掛け離れたランド安の取引レートを誤って提示した。
 翌営業日となる週明けにはランド相場が乱高下。原告側は、取引所が被害を最小限にとどめる適切な措置を速やかに取らなかった賠償責任があるとしている。
 東京金融取引所広報室は「訴状が届き次第、対応を進めたい」とコメント。コメルツ銀行東京支店コンプライアンス部は「現時点では何も受け取っておらず、コメントは差し控えたい」と話している。 

【関連ニュース】
SBI証券、グループのFX会社と合併=4月1日
FX投資詐欺で女に実刑=アライド元代表
FXうたい出資金、十数億円か=元投資会社社長逮捕
カブドットコム、FXの基準スプレッドを縮小=大手ネット証券では最低水準に
楽天証券の4~12月期、純利益2.2倍=投信販売やFXが好調

死体遺棄 冷凍の乳児2遺体 愛知のスーパー(毎日新聞)
検察審査会、遺族から意見聴取へ=歴代社長の起訴可否検討-福知山線事故(時事通信)
公認会計士受かったけれど、直面する就職難(読売新聞)
弥生時代後期の貴重なガラス製、初の「J字」勾玉が出土 松江市(産経新聞)
<高速増殖炉もんじゅ>県へ運転再開事前協議願 原子力機構(毎日新聞)
AD