WFS JAPAN

WFS公式日本語版


テーマ:
Alissa Czisny – The Lady


$世界のフィギュアスケート


この儚げな少女は、今シーズンを、そしてそのキャリアを通しても非常に多くの多様な感情に耐えなければいけなかった。しかしそれら全ての障害や困難、そしてしばしば起こる不当かつ過度の批判に直面しようとも、彼女は自分の一番好きなことを続けてきた---スケートをすることを。

アリッサ・シズニーはいつもフィギュアスケートから素晴らしい喜びを受け続けてきた。その幼児期から、彼女は双子の姉妹であるアンバーと一緒に何時間もスピンをして過ごした。スピンは今や彼女の代名詞とも言え、それを見た殆どの人から賞賛を得ている。非常に高い音楽的センスと共にある自然なグレイスとバレエ的優雅さが、彼女のパフォーマンスを振付の完璧なお手本とさせる。

アリッサはとても優しく、教養があり、そして少しシャイな人でもある。それに加え、とても繊細な人なのだ。多くの人が、このような特徴はスポーツにおいての障害となるだろうと考えているだろうが、それは全くもって真実ではない。フィギュアスケートにおいての感受性は能力を意味し、それは誠実かつ正確に氷の上にイメージを描き出し、音楽の音一つ一つを解釈し、そしてあらゆる動きに意味を持たせるのだ。


$世界のフィギュアスケート


しかしそこにはもう一つの面もある。いつでも、そして何に対しても積極的に批判をする癖のある人間は、主に繊細な心の持ち主にその批判の矛先を向けるのが常だ。しかし彼らのようにはるかに道徳的な人々は、単に無礼を持って無礼に答えることなど出来ないということを知っているかのように見える。
最も興味深い事実は、2012年世界選手権での結果で今アリッサを積極的に批判している人たちは、ほんの少し前には彼女に惜しみない賞賛を送っていたということだ。2009年と2011年の全米選手権での優勝や、2010-2011シーズンのGPFでの素晴らしい優勝に対してなど。

そして熱心な批評家は一つの重要な真実すら考慮に入れない---アリッサは変ったということを。彼女は最早、批評家たちが2010年全米選手権の失敗を攻め立てた、あの頃と同じ女の子ではないのだ。彼女の内面は本当に強くなった。

ニースでのパフォーマンスの失敗の後、誰もが、彼女がどのような状況を切り抜けなければいけないのかを見ることとなった。しかし私は何人かの“タカ派”が発した彼女への直接の怒りの言葉も、ターゲットに届くことはなかったと解っている。私が言っているのは積極的な批判、尋常ではないもののことだ。

そのような状況にもかかわらず、アリッサは外面も、そして内面も真のレィディであり続ける。その内面の強さのおかげで、彼女はどんな障害にも上手く対処することが出来ると私は信じている。浮き沈みは人生において必要不可欠な部分であり、それらに対処する能力はアートと同一視することが出来るだろう。


$世界のフィギュアスケート


そしてそこには多くの言葉も寄せられている。支えようとする言葉だ。アリッサには世界中に多くの熱心なファンがおり、彼らが全力でアリッサを支える様子を見て、私はとても嬉しかった。このアーティクルの最後に、Facebookにあるアリッサのファンページに寄せられたメッセージをいくつか紹介しようと思う。

Donna: アリッサ、あなたは私がこれまで見た中で一番エレンガントなスケーターよ。あなたのパフォーマンスを見ることを本当に楽しみにしているの。気持ちが晴れやかになるから。そしてあなたは外面のみならず内面も美しい。次も、そしてその次もずっとあなたを見ていたいと思ってるわ。

Landolphe: 68年のオリンピックで私はペギー・フレミングに夢中になってフィギュアスケートが大好きになったんだ。それからずっと、彼女の上品さと優雅さを持った人が現れるのを待ってたんだがね---君がその人だよ!

Jay: キャラクターと強さを兼ね備えた君が我が国の代表であってくれることを、とても誇りに思ってるよ。自分自身と自分の能力を信じて欲しい。いつだって君はスケーターとして、そして人間としてのチャンピオンなんだから。

Attila: どれくらい残念に思ってるかを言い表す言葉はないわ!世界選手権で彼女に起こったことが何であれ、ファンは100%彼女を支えていることを解って欲しいの。彼女はずっと、そして勿論これからも、世界で一番エレガントで一番美しいスケーターよ!アリッサ、どうか諦めないで!

Rebecca: 今あなたをしっかりと抱きしめられたらと願うわ。うつむかないで!誰にだって辛い日はあるものよ。でも気が付いた時には立ち直ってるものだから!

© やっち


いいね!した人  |  コメント(0)
PR
同じテーマ 「Opinion North A」 の記事

[PR]気になるキーワード