鳥取県の特産品の天然岩がき「夏輝(なつき)」の出荷が1日始まり、県内5漁港に約2トンが水揚げされた。8月末までに約160トンの出荷を見込み、売り上げ1億円を目指す。
 県漁協によると、初競りでの1個当たりの最高額は1190円で、2005年に岩がきをブランド化して売り出してから最高値を付けた。昨年は約174トンが出荷されたが、全体的に小ぶりで価格が安かったことから、今年は大きい個体を取って単価を上げたいという。
 夏輝の消費は県内が大半を占めるが、県漁協は関西方面にも売り込んでいく意向。伊藤美都夫県漁協組合長は「岩がきが解禁され夏の季節に入った。ぜひ産地にも食べに来てほしい」と話している。 

【関連ニュース】
〔写真〕夏の特産品岩がきを初出荷=鳥取
〔地域の情報〕育て探究心!「子ども未来館」オープン=東京都江戸川区
〔地域の情報〕海抜ゼロメートルの高山植物が見ごろ=北海道
〔地域の情報〕広告トラックで魅力をPR=山梨県南アルプス市
〔地域の情報〕闘牛「つつじ場所」を開催=岩手県久慈市

口蹄疫 神鹿は野生、隔離できず見回るしか…奈良県苦悩(産経新聞)
雇用調整助成金の要件緩和、家畜伝染病では初(読売新聞)
「仮想空間」マルチ商法 特商法違反容疑で一斉捜索 埼玉県警 (産経新聞)
炎上タクシーの中から男性?遺体 神奈川(産経新聞)
エルメス専門店で出店荒らし、被害2千万円 大阪(産経新聞)
AD