枝野幸男行政刷新担当相と蓮舫参院議員らは21日、「事業仕分け第2弾」の参考にするため、都内で大阪府の橋下徹知事と会談し、府の行政改革の取り組みについて説明を受けた。この中で橋下氏は、自治体から負担金を集める公益法人の在り方を批判。「公益法人を原則ゼロにするぐらい、事業仕分けで大掃除してもらいたい」と求めた。
 橋下氏は、大阪府に課せられている公益法人と独立行政法人への負担金が2008年度まで年間約47億円あったが、10年度までに自主的に14億2000万円減らすことができたと紹介。「意味のない『会費』(負担金)も多い。法律の縛りを見直してほしい」と要請した。 

【関連ニュース】
来月に50公益法人選定=仕分け対象、不透明な実態続々
言論封殺を批判=生方氏解任、波紋広がる
仕分け、特別民間法人も対象=枝野担当相
批判と支持が交錯=生方氏解任で閣僚から発言
辞任要求「よろしくない」と野田副大臣=枝野氏らも生方氏擁護

デミ・ムーアがツイッターで自殺志願の青年を救助(スポーツ報知)
<センバツ>第1日(21日)の見どころ(毎日新聞)
<東レ科学技術賞>新庄輝也、岡田典弘の両氏を選出(毎日新聞)
神崎元公明代表、引退へ 自民離れ加速 坂口副代表も検討(産経新聞)
診療所の再診料、年27万円減少―2点引き下げで保団連(医療介護CBニュース)
AD