森林に放火したとして、栃木県警矢板署は26日、森林法違反(森林放火)の疑いで、同県高根沢町文挟、アルバイト従業員、山中秀昭容疑者(26)を逮捕した。山中容疑者は「消防車が見たかった」と容疑を認めている。

 同署の調べによると、山中容疑者は1月26日午前0時半ごろ、同県矢板市内の山林で、枯れ枝にライターで火をつけ、山林約270平方メートルを焼いた疑いが持たれている。

 同署によると、山中容疑者は自分で119番通報した。今年に入って、矢板市内で山林のボヤなどが数件発生、いずれも山中容疑者が119番通報をしていることから、同署で余罪を調べている。

【関連記事】
幼稚園に放火容疑 自称俳優を逮捕
千葉放火殺人・父娘 長女のタバコで自宅全焼、経済的に困窮!?
炎上タクシーの中から男性?遺体 神奈川
15歳の娘が供述「私も金を使った」 千葉・八街の殺人放火事件で父娘を送検
最初は枯れ葉…「物足りなくなって」空き家全焼さす 福岡の小中生8人
虐待が子供に与える「傷」とは?

「小沢氏了承」改めて供述=再聴取に元私設秘書、石川議員も―東京地検(時事通信)
米国務長官「北の挑発行為には報いがある」(産経新聞)
雑記帳 伊達政宗から18代目の当主 新茶初摘みに挑戦(毎日新聞)
起訴内容に「間違いない」=民主・小林氏陣営の会計担当者―北教組献金事件で初公判(時事通信)
仲井真知事が辺野古移設を「遺憾だ」(産経新聞)
AD