岡田克也外相は23日の記者会見で、日米密約関連の重要文書が外務省内で破棄されたとされる問題で、第三者委員会を設置し、実態調査を実施することを明らかにした。核搭載艦船の寄港をめぐる日米密約ファイルについて、東郷和彦元外務省条約局長が平成11年に後任局長の谷内正太郎前事務次官に引き継いだものの、省内に残っていない問題が対象。

【関連記事】
首相、非核三原則の法制化は「検討課題」 長崎市長に
【佐藤優の地球を斬る】検証はばむ隠蔽体質にメスを
「非核二・五原則化」模索の実態が明らかに
岡田外相、密約関連文書破棄で調査を表明
鳩山首相、参院選公約「聖域なく議論」
20年後、日本はありますか?

雑記帳 元牛舎を全面改造のカフェオープン 静岡・三島(毎日新聞)
<水戸検察審>男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決(毎日新聞)
<LDH賠償訴訟>旧経営陣らと和解成立(毎日新聞)
<小沢幹事長>副幹事長職を慰留、生方氏が了承(毎日新聞)
<日米密約>横須賀市議会が非核三原則順守の意見書案可決(毎日新聞)
AD