1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-30 12:30:16

もちろん信じる

テーマ:動物達への想い

昨日は孫とそのママを誘って、一庫ダム公園に出掛けました。

兵庫県一庫ダムを見下ろす山一帯が自然公園になっていて、

芝生広場や遊具公園も整備されている広大な公園ですが、

昨日は暑い夕方でしたので、木陰の涼しい散策コースを選びました。

緩やかなアップダウンで短い距離の初心者用ですが、2歳にならない孫も元気に歩きました。

(健脚用など、いくつもコースがあります)

 
孫バカの爺婆は、子供達の写真を撮るゆとりがなく、かろうじてフィリオだけが撮られています。

 

 

 

さすがに疲れたのか、家に戻るとすぐに寝てしまったショコラです。

でも、レディにしてはちょっと恥ずかしい程、無防備にヘソ天です。

 

 

 

 

 

 

温もりのメッセージ さんのブログより、転載させて頂きます。

 

もちろん信じる

http://ameblo.jp/ma-mii1020/entry-12279022891.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----ma-mii1020_12279022891

 

もちろん信じるよ
一緒に生きる
だって、ボクがそう決めたから
この人だって…
ボクが選んだあなただから
もちろん信じているよ
一緒に生きる今と未来を

これからもずっとずっと一緒…
***************************

保護犬猫の存在も、今ではかなり知られてきました。
SNSはもちろんメディアなどでも取り上げられ、

保護犬猫の譲渡会の開催も増えてきているのではないでしょうか。
その譲渡会に足を運ぶ人たちの中には、そこで運命と思えるような子との出会いをする人もいるでしょう。
たくさんの犬猫たちの中から、この子だと直感したり。
でも、本当は彼らの方があなたを選んでいたのかもしれませんよ。
そんな縁があなたと彼らを強い絆で結びつけてくれるのかもしれません。

 


 

 

今日もお出で下さいまして、ありがとうございました。

 


にほんブログ村

AD
2017-05-30 09:51:03

”素晴らしいことを共有できる幸せ”

テーマ:ブログ

一番哀しい虐待は、

見ようとしないこと。

知ろうとしないこと。

見て見ぬふりをすること。


AD
2017-05-29 11:44:26

はじめてのともだち

テーマ:動物達への想い

アタチはおにいちゃんが大好き。

おにいちゃんが寝ていると、あたちも傍で寝たいなあ。

でも始めは遠慮して、少し離れたところに座るの。

それから、じりじりと間を詰めて、ピッタリおにいちゃんにくっ付くまで近付くのよ。

おにいちゃんは目が覚めてアタチに気付くけど、優しくアタチを見て、又一緒に寝るんだよ。

 

 

 

 

アタチの優しいおにいちゃん。

 

 

ボクの甘えんぼの妹。

 

 

 

かあさん愛用のTシャツをご紹介

 
保護犬パオとガーデニング日和  さんのブログより、動画をお借りします。

「はじめてのともだち」

うた ヒャンダイン

 
 

 
 
 
 
今日もお出で下さいまして、ありがとうございました。
 


にほんブログ村

AD
2017-05-29 10:38:38

”金曜日の朝、どうかシッポを振らないでくれ”

テーマ:ブログ
2017-05-28 12:46:08

老犬を引きとる人達

テーマ:ブログ

花好きのかあさんは、旅先でもたくさんの花達を愛でてきましたが、

我が家に戻って見慣れた花達と再会すると、やっぱりホッとして癒されるのです。

只今、お留守番ありがとう。

元気に咲いて、待っててくれたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ベランダで風雨にさらされ、すっかり傷んだ40年もののロッキングチェアを、

とうさんは時間をかけて丁寧に修理し、ペーパーをかけてなめらかな木目を取り戻し、

下地剤を塗ってから本塗りをしようとしています。

根気のいる仕事ですが、毎日コツコツ進めて、朽ちかけそうだった椅子は命を吹き込まれようとしています。

作業中のとうさんと、興味深げに観察中の子供達です。

 

 

 

 

 

彼は「ただの犬さ」と、私に言うのは止めて下さい。

私の犬は、個性ある性格をもち、

感情があり、公正であり、

そして、私の知っているどの人間よりも、勇気があります。

🐶

彼は家族なんです。

(写真は UrDogs さんよりお借りしました。)

 

 

「私に何の関係があるというのだ」さんのブログより転載します。青字は転載です。

特別に優しい人たち

http://catsanddogs75.blog136.fc2.com/

 

老犬ジュレップに予期せぬことが起こったのは18歳の時でした。
飼い主が亡くなったのです。
老犬をひきとってくれる家族や友人は誰もいず、
とうとうシェルター送りという悲しい身の上になりました。

シェルターのスタッフはジュレップに独居小屋を与え、
玩具と毛布で一杯にし、撫でたり、さすったりしてあげましたが、非常に不安そうでした。
老犬にとっては厳しい環境ですし、飼い主が見つかるのはかなり難しい状況でした。

スタッフは語ります。
「老犬を探しに来る人はめったにいません。 ましてや18歳という年齢では。。」
3週間が経ちましたが、それでもスタッフは諦めず、週のハイライト犬として毎週宣伝をしました。
そしてついに現れたのです。
最近11歳のピットブルをなくしたウェインが。。

フェイスブックでジュレップを見たウェインはすぐシェルターに飛んでいき、
出会った瞬間からウェインの確信は揺るぎなきものになったのです。
彼はこれだと思った犬は瞬間でわかるそうです。

輝く晩年の日々をシェルターではなく、家で過ごすべきだと
そんなに長くは一緒に過ごせないだろうが、もう一日たりともシェルターで寝かせやしないと、
新しいお父さんはジュレップを連れてシェルターを後にしたのです。

スタッフは最後にこう結びました。
「シニア犬やシニア猫の利点はたくさんあります。
物を噛んだりしませんし、物事が判っており、しつけもされています。散歩もそんなに必要ないでしょう。
しかし、その利点を越えて、
私は老犬や老猫を引き取る人たちというのは、特別に優しい人たちなのだと思います。
ジュレップをひきとったウェインもその一人です。

ウェインはジュレップをひきとる事ができた自分を 幸運だと思っていると思います。
それがウェインという人を物語っているのです。
そういう人たちが特別に優しい人たちなのです」



3E8E8BDB00000578-4342612-image-a-30_1490279091033.jpg 

 

3E8E8BC700000578-4342612-image-a-18_1490278990431.jpg

Mail Online
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4342612/Man-adopts-18-year-old-dog-owner-died.html



 

今日もお出で下さいまして、ありがとうございました。

 


にほんブログ村

2017-05-28 11:18:18

”一歩ずつ、世の中が良い方向に向かってると信じて”

テーマ:ブログ
2017-05-27 12:55:10

ワンコ旅行3

テーマ:犬達への想い

さて、出雲インターで高速を降り、いよいよ出雲大社に向かいますが、まずは旧国鉄大社駅に寄り道しました。

とても重厚で趣のある駅舎やホームが、当時のままに保存されていて、D51が停車しています。

待合室には和風シャンデリアがさがり、古き良き時代の大正ロマンに浸りました。

広いホームは、大社に詣でる往時の人達が、たくさんここを通って行ったことを偲ばせます。

 

 

 

 

 

 

約1キロの参道を歩き、四つの鳥居をくぐって、神社に向かいます。

参道はワンコOKですが、暑い陽射しになりましたので、子供達はカートに乗せました。

有名な国産みの神話の大きななレリーフの前から、さあ、出発します。

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

このしめ縄の巨大さを、下の観光客のサイズと較べて下さい。

さすが、荘厳で立派なお社が立ち並び、見応えがありました。

 

初めての出雲大社を堪能し、ウサギ達や大国主の尊やいろいろな彫刻を楽しみ、

花菖蒲の池の畔で休憩し乍ら、ゆっくり参道を戻ります。

 

   

 

 

参道にある、お蕎麦屋さんの一福さんです。

出雲に来たからには出雲そばでしょうというわけで、ここで昼食を頂きました。

テラス席ですがワンコOKで、ワンコ用のお水の用意もありました。

お土産店もカートや抱っこで入れるところがあり、犬連れには嬉しい街です。

 

 

 

松江インターまで戻り、境港にやって来ました。

本日2つ目の目的地です。

境港から水木しげるロードが伸びて、街道のそこかしこにおどろおどろしい彫刻が立っています。

街灯にも目玉が書いてあり、見上げては笑います。

こんな具合です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街中が妖怪ワールドに染められていて楽しく見物しましたが、

半分程廻ったところで時間切れとなり、帰路につくことにしました。

下の写真は、車窓からの宍道湖です。

お魚センターなどにも寄ってから、又米子道に戻り中国縦貫道を通って、遠い大阪を目指します。

 

 

 

ワンコ達が主人公のワンコ旅行ですが、今回は盛沢山に行動出来て、人間にも楽しい旅行でした。

子供達は楽しんでくれたでしょうか?

帰りの車中は疲れたのか、ぐっすりのフィリオとショコラでした。

3回にわたり、長々とお付き合いくださいましてありがとうございました。

 


にほんブログ村

2017-05-27 10:11:28

”ぜひ読んでいただきたい。   転載記事より・・・。”

テーマ:ブログ
2017-05-26 12:48:34

ワンコ旅行2

テーマ:ブログ

旅のお宿は、「ホテル旬香」さんです。

雄大な大山を目の前に眺める、高原のリゾート地にあります。

風光明媚で、清々しい高原の風が吹いています。

部屋のベランダから直接、専用のドッグランに下りられるお部屋をお願いしました。

スタッフの皆さんはきさくでご親切で、観光地(ワンコ向きの)やスケジュールの相談に、

丁寧に乗って下さいました。

 

 

 

 

専用ドッグランの真正面に、大山の雄姿が聳えています。

上のフィリオが遊んでいるのが、専用ドッグラン、

下の2頭で走っているのが、大きなドッグランです。

 

 

 

 

人間のベッドには上げないルールでしたので、愛用のベッドを持っていきました。

人間用ベッドの間にセットしましたら、いつものように安心してぐっすり眠りました。

ケージやワンコグッズも充実していて、ワンコ連れには嬉しいお宿でした。

 

 

 

 

食事はワンコビュッフェで、小を2頭分予約しました。

ミンチのそぼろや鶏胸肉の角切りや、サツマイモやブロッコリーなどお野菜いろいろの小口切りが、

それぞれワゴンに乗せてあって、飼い主がその子の適当量を、自由にお皿に盛ってやれます。

美味しかったらしく、フィリオは2回、ショコラも1回お代わりをしました。

朝食分もお皿に盛って取り置いて貰えて、良いアイディアですね。

 
同じテーブルで食事が出来て、みんなで楽しい時間を過ごせました。
上が夕食、下が朝食です。

 

 

 

 

ホテル近くを朝の散歩です。

正面に大山が霞み、いたるところに花々が咲き乱れ、ここ数日の暑さが嘘の様に爽やかな、

涼やかな高原の散歩でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正面に霞んでいるのが大山です。

 

 

この後ホテルをテェックアウトして、出雲大社に向かいますが、

長くなりましたので、今日はここまでとさせて頂きます。

今日もお出で下さいまして、ありがとうございました。

 


にほんブログ村

2017-05-26 11:43:22

”今日、処分したい”

テーマ:ブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。