嘉数洞窟

宜野湾市の嘉数にある「嘉数洞窟」付近に行って来ました。嘉数といえば、嘉数高台で第二次世界大戦の大激戦が行われた地でもあります。なので、この辺り一帯が心霊スポットみたいにいわれたりします(でもちゃんと人が住んでいるので…笑…念のため)

まず330号線、浦添バイパス沿いにこの場所はあります。バイパス宜野湾向け、ファミリーマートの手前に、こんな一角があります。

$亜熱帯成層圏通信RETURNS

一見コンクリートで造られた植栽の一部かと思われますが、大間違いです。ここを正面から覗くと、こうなります。


$亜熱帯成層圏通信RETURNS

この上には植栽がありますが、実は中身は空洞なのです。入るとわかりますが、中身は鍾乳洞、つまり洞窟になっているのです。中から見た写真です。

$亜熱帯成層圏通信RETURNS

立派な柱が取り付けられていて、頑丈に補強してあります。

どうしてこんなものが、しかもバイパスのそばに?

話をきくと、ここはバイパスを挟んで、向かい側と繋がる山だったそうです。それがバイパス工事で真ん中を分断され、こんな形になってしまっているそうです。

バイパスを挟んだ向かい側には小山があり、そこには洞窟がありました。これが一般に「嘉数洞窟」と呼ばれているものです。近くの団地のそばまで伸びているといいます。

$亜熱帯成層圏通信RETURNS

反対側の洞窟は開発されていない小山の上にあるので、なんとなく保存されているのはわかるのですが、このバイパス沿いのコンクリートの城砦のようなものは何でしょうか?

要するに、そこはウタキなのですね。ウタキとはこのブログで何度も言っていますが、沖縄の神様を祭ってある場所です。沖縄は自然崇拝の要素が強く、井戸や洞窟などが崇拝の対象になっています。要するに、この場所もバイパスの開発で取り壊されようとしていたが、そうはならなかったということです。

コンクリートで固められて保存された洞窟は、十メートルも進むと行き止まりになります。そこにはやはり、ウガンジュ(御願所)が祀られていました。

$亜熱帯成層圏通信RETURNS

今でもウガンしにくる人がいるようです。洞窟を外側からコンクリートで固めて保存してあるのですね。ちょっと珍しい場所だと思います。道路のすぐそばですから。

ただ、私にはわかりませんでしたが、どうやらかなり位の高い神様が祀られているようで、サーダカー(沖縄でいう霊感が強い人たち)の人は意口同音に「頭が痛くなる」とか「かかられそうになる」という言葉を聞きます。要するに、パワーが強すぎて、あまり軽々しく訪れる場所ではない、ということです。

嘉数にいったら、多分すぐわかると思いますが、洞窟の中に入るには、それなりの勇気と決意がいる場所のようです。
AD

実話怪談の取材

テーマ:
病院で待ちながら、仕事をしました。

子ども向きの実話怪談を書いたのですけど。

今度ポプラ社から出る「恐怖通信・鳥肌ゾーン」にも子ども向きの実話怪談が二つ載っているし、毎週新聞に書く原稿も、結構大変です。

基本、実話なので、聞いた話を元にまとめるのですが、これがまた大変ですけど、面白いところであります。


でもお話にまとめられないものってのも、いくつかあるのです。

たとえば「昨日、家の帰りに影みたいなものが横切っていった」とか、「お盆に仏壇見たら、線香が人の形になっていた」とか。

確かに聞いたら怖い話なんですが、読み物として成立させるためにはそれだけでは駄目で、プラスアルファが必要になります。


でもそこで話を勝手に作ってしまうと(話を盛る、という言い方もできます)実話怪談ではなくなってしまうのですね。ではどうするか。


そこは腕の見せ所、になってしまうのでしょうが、取捨選択することが大切だと思います。あと追加取材をすることです。


さっきの話でいうと、「家の帰りに影が横切った」というけれど、その近くとか知り合いで最近亡くなった人はいなかったのかとか、その影に心当たりはなかったのかとか。


そういえば・・・と、思い出してくださる方もいらっしゃいます。


さっきの話の続き、「線香が人の形になっていた」は、後日メールがあり、「実はお姉さんもおなじものを見たらしいのですが・・・」ということで、一気に話が広がりました。

こうして「実話怪談」という形に仕上げていきます。

難しいですけど、楽しい作業でもありますね。
AD

歌のちから

テーマ:
知り合いが某精神病院で働いているのだけれど、彼女から聞いた話


総合失調症の太った女性Aさんは、普段は野獣のような声しか出さ
ない。
「ごはん」「いやだ」「死ね」がお気に入りのセリフ。
汚い話だけれど、ウンチがシーツとか衣類についていても気にしな
い。
...
時々それを食べたりするらしい。
病院では彼女の壊れた人格を回復させようと、いろんな薬で治療し
ているのだが、あまり効果がないらしい。

そんな折、アマチュアバンドがその病院で奉仕でコンサートしてく
れることになった。

...曲目はユーミンの「春よこい」

アマチュアだから、まあそんなにクオリティの高い演奏だとはいえ
なかった。

だが曲が始まると同時に、このAさん、立ち上がってぼろぼろと涙
を流して、一緒に歌を唄ったらしい。

その姿は感動に打ち震えて、最初から最後まで完全に人格のある女
性の姿だったという。

私の友人はびっくりして、一緒になって泣きはらした。

でも曲が終わってしばらくすると、再びいつものAさんに戻って、
「死ね」「ごはん」「いやだ」を連発していたらしい。

あの「春よこい」を聞いて、全身を震わせて泣いたAさんは、一体
彼女の人格の何処に隠れていたのか。そしてそれはなぜ薬では引き
出せなかったのか。

考えさせられる話だった。
AD

二日で三本ラジオに出た

テーマ:

この二日で三本、ラジオにでました。


まずは収録。ラジオ沖縄の日曜朝八時の番組「ソシアルクラブ」に


DJのマーキーさんとパチリ。


この模様は8月5日(日)朝八時の「ソシアルクラブ」で放送されます。


亜熱帯成層圏通信RETURNS


それからタイフーンFM、8/2日の午後2時からの「ヒトワク」ナビゲーターは「怪談降臨」でもおなじみの諸見里杉子さん。一緒に怪談作家の高柴三聞さんも出ました。今度8/9にあるジュンク堂の怪談イベントの告知です。



亜熱帯成層圏通信RETURNS


そしてその日の夜には、RBCiラジオ「団塊花盛り」に、ジュンク堂那覇店の森本店長とボーダーインクの新城和博さんとともに出演。ジュンク堂のイベントについて、あーでもないこーでもないと。



亜熱帯成層圏通信RETURNS

さすがに一日二本出ると疲れますね。まあ楽しかったですけど。


亜熱帯成層圏通信RETURNS


7月11日にFMニライさんの番組に出てきました。


発端はオキナワグラフさん、7月号に、新城和博さんと対談で掲載してもらったこと。


その表紙を、劇団O・Z・Eの女優、幸地尚子さんが幽霊の格好で飾っていたので、彼女の番組にオキナワグラフつながりで出演させてもらいました。


http://ustmovie.net/rec/23908246


12時あたりから、私ででております。


幸地さん、沖縄では有名な女優さんです。綺麗な方ですよー


てなわけで、ほんとうに久しぶりなブログの更新であります。


最近はツイッターとフェイスブックに重点がいって、ブログは放置プレイでありました。


またちょくちょく更新しますのでよろしくです。

百名第二貝塚

糸満にある『百名第二貝塚』に行って来ました。


前から文献などで知ってはいたけれど、場所が分からずになかなかいけなかった場所。ネットで検索しても、暗い写真がすこしあるだけの場所だったので、どうしようかと迷っていたのだけれど、図書館で別の文献を探していて偶然場所が分かった。


え、こんな場所にあったのか、ってな感じでした(笑)


こういう場所にはよくある「看板も案内版もガイドブックにも載っていない」ということを前提に、だいたいの場所の目安はつけたので、いざ出陣。



亜熱帯成層圏通信RETURNS


とうとうみつけました。この場所が百名第二貝塚です。


貝塚というのは、その名の通り、昔の人が食べたであろう貝殻とか、いろんなものが出土した場所なのですが、沖縄はそういった場所が信仰の対象になっていて、拝所が設けられて祀られている場合がほとんどです。ここもそういった場所で、もちろんウタキが存在します。


文化財なのに立て札が倒れて、壊れていました。こういうのを見るにつけ、沖縄の教育委員会のだらしなさに無性に腹が立ちます。地元の信仰をこれまでになってきた場所であるのに、これでは沖縄県自体がこの標識のように傾いて、疲弊していくのではないか。まあ、情けないですよ。この標識。



亜熱帯成層圏通信RETURNS

壊れていますー!


そしてこれが、百名第二貝塚の全景であります。



亜熱帯成層圏通信RETURNS

まるでジブリに出てくるような、森の中のオアシスみたいな感じ、とでもいえばいいのでしょうか。


とにかく広い。そして写真では分かりにくいかもしれませんが、樹齢を重ねた大木が何本か聳え立っています。また後ろは高い崖になっていて、その上は普通に県道が走っています。そう、一歩踏み入れば異界、なのです。


中央の階段を上ると、拝所があります。



亜熱帯成層圏通信RETURNS

拝所も掃除されていて、気持ちのいい風が吹いていました。



亜熱帯成層圏通信RETURNS

近くには浜川御嶽とか有名な場所がいくつもあって、おそらく観光客とかはそちらの方へいくのでしょう。標識もないので(壊れているし…笑)、めったに観光客もきません。浜辺の茶屋とか、いろんな隠れ家的観光地のそばにあって、見つけにくく、目立たない。それが功を奏してか、とても静かで、穏やかな場所です。写真では分かりにくいと思いますが、とにかく広いのです。天気がよければここでピクニックしたいくらいな、開けた場所にあります。


良くユタの人が「ウタキへは呼ばれないといけない」とも言います。


もしあなたがウタキから呼ばれたら、この場所に運良くたどり着くかもしれませんね。


運良くたどり着けたら、深く呼吸しながら、太古の昔からこの場所にいる精霊たちの存在に、深く耳を傾けてください。


精霊?そんなものがいるのかって?


キジムナーだって、第二次世界大戦で絶滅させられたという、悲しい説もあります。


でも、ここには確かに、何かがいるかもしれませんよ。



怪談降臨 第八夜

テーマ:

亜熱帯成層圏通信RETURNS


お馴染み毎月一度のお楽しみ、ustream番組『怪談降臨』も、おかげさまで8回目を迎えました。


ところでこの収録しているカエルスタジオ、出るんですよ、ぐふふふふ。


よくラップ音は鳴るし、女のため息とか、何かを引きずる音とか、いろいろマイクに入るんです。


スタジオのある真壁比(まかび)、という場所は、その昔、お墓大通りと呼ばれたくらい、墓地が並んでいた場所であります。


ところが土地再開発で、お墓は綺麗にどこかに消えてしまいました。さあ、どこに消えてしまったのか・・・


琉球の古典怪談「まかんみちの逆立ち幽霊」も、この近所が出所のお話です。


この場所で「怪談降臨」をお送りできるというのは、実は幸せなことかも知れぬのです。


録画はこちらからどうぞ

http://www.ustream.tv/recorded/20346650



先日お話したラジオ沖縄の番組「本村ひろみのゴーゴーダウンタウン」ですが、ポッドキャストで聴けます。


http://podcast.uruma.jp/unit/8840/

http://podcast.uruma.jp/unit/8845/

http://podcast.uruma.jp/unit/8851/


久茂地のクライマックスコーヒーの外で収録しました。非常に寒かったです(わたくし、風邪ひいていましたし・・・苦笑)


そのかわり、街のノイズなどが背後に収録されていて、とてもライヴ感溢れる音になっています。


最終日には編集の新城さんも参加します。


お暇でしたら、聴いてみてください!

「七つ橋を渡って」出版記念朗読イベント

テーマ:

昨夜ジュンク堂那覇店で行われた、琉球怪談「七つ橋を渡って」出版記念朗読会に、沢山の方がいらしてくださいました。ありがとうございました。


怪談という性質上、怖くて近寄れなかった方もいらっしゃるようですが、それでも会場は大盛況でした。


また近いうちにこのようなイベントを行いたいと思っておりますので、お近くの方はぜひお越しくださいませ。


亜熱帯成層圏通信RETURNS


朗読する諸見里杉子さんと佐渡山安博さん


イベント途中、エレベーター近くにいたジュンク堂のイケメンイベント担当さんが、エレベーターの中から子どもの悲鳴を聞いたり、一人の知り合いが「舞台の右側に女性がいた」とボソッと言ってましたが、まあ、混乱するほどの怪異は起こらず、盛況のうちにおわりました。



亜熱帯成層圏通信RETURNS

左から、佐渡山安博さん、わたくし、諸見里杉子さん。


上の写真、杉子さんの笑顔が素敵。ぜんぜんカメラ見てないけど。


次回、浦添の某ブックカフェでやるような話もありますので、決まりましたらまた告知します。


重ね重ね、ご来場してくださった方々&関係者の方々には感謝申し上げます。ありがとうございました。


亜熱帯成層圏通信RETURNS



今日午後四時からのタイフーンFM「田村邦子のマジカルミステリーツアー」にゲストで出演してきました。


明日のイベントのこととか、新刊のことなど喋ってます。


ポッドキャストで聴けるようなので、右側のバーをクリックしてくださいな。


http://guest.fmnaha.jp/guest.php?id=478


あ、明日の夜、ジュンク堂で「琉球怪談/七つ橋を渡って」のイベントがございます。


みなさま、お誘いあわせの上、そろりとおいでください。


「七つ橋を渡って」出版記念・朗読イベント


日時 2月2日(木曜日) 夜八時より

場所 ジュンク堂那覇店 二階エレベーターホール


出演 諸見里杉子(朗読) 佐渡山安博(朗読) 小原猛(「七つ橋を渡って」著者)