2011-01-22 16:20:31

沈黙のガバメント「WA【コルト】ライバック1911」!

テーマ:新製品紹介
$WA"マグナ"ブローグ・バック!

遂に来た、M1911モデルの決定版!!
最強のコックが使用する一丁を、現所有者であるウェイン・ノバック氏バックアップのもと、お届けしますヨ~!
WA【コルト】ライバック1911、全てのガバメントファンに捧げます!

WA"マグナ"ブローグ・バック!

1911礼賛!近年、オーソドックスなM1911モデルの人気が高まって来ております。そんな中ベストなタイミングで決定版をご用意出来るっていうのは…嬉しいことですねー。

WA"マグナ"ブローグ・バック!

今回の「WA【コルト】ライバック1911」。月刊Gun誌の特集記事で目が釘付けになった方も多いのでは?担当はズドーン!とストライクでキましたねー、ホント。いわゆる沈黙シリーズ…といいますか、アンダーシージのケイシー・ライバックと言えば、もう超トップクラスの1911ヒーローですから。

WA"マグナ"ブローグ・バック!

現在、そのプロップは「ノバックサイト」でお馴染み…世界的な1911コレクター"ウェイン・ノバック"氏が所有氏の協力を仰ぎ、全力でモデルアップしたのがコチラなのです。

WA"マグナ"ブローグ・バック!

仕上げは、WAの誇る"ビンテージ・フィニッシュ"丁寧に下処理をおこなったパーツを、専用の溶剤を用いて黒々と染め上げ、参考写真首っ引きで使い古された風合いに仕上げて行くワケなのです。以前発売されたM1911ビンテージとは異なり、セフティ等の小パーツに至るまでバッチリフィニッシュ!

$WA"マグナ"ブローグ・バック!

…とはいえ、いくつかアレンジも加えられています。まずは、エジェクションポート。プロップはブランクガンとして快調に作動するよう、大きく広げられているんですね。…でも、ケイシー・ライバックが使っているのはあくまで"ホンモノの1911"なんです!ということで、本来のM1911の形状としました。

WA"マグナ"ブローグ・バック!

細かい部分ですがスライドストップの取付け失敗(?)時についちゃうこのキズも未再現。ここまで同じにしたい方は、是非スライドストップの取付けに失敗しちゃって下さいマセ。あと、ハウジングピンが反対側から挿入されているんですが…こちらも、本来の方向で組み立てマス。
※画像はプロップガン実物です。

WA"マグナ"ブローグ・バック!

グリップパネルは、米国老舗メーカーヘレッツ社による、ココボロ・ダイヤチェッカーグリップを採用。やはり、実銃用のグリップが取付けられますと、モデル全体の雰囲気が引き締まりグッと迫力を増しますね。

$WA"マグナ"ブローグ・バック!

WA【コルト】ライバック1911」、第一陣の発送作業は本日から!来週中頃には少しまとまった入荷もございますが、お手配はご予約順となりますので、ご注文・ご予約はお急ぎくださいマセ~!!!

※製品情報は更新日のものです。品切れ/完売の際はご容赦下さい。