今夏の参院選北海道選挙区(改選定数2)に、みんなの党が、中川義雄参院議員(たちあがれ日本、道選挙区)の長男で、道職員の中川賢一氏(43)を擁立する方針であることが13日、わかった。

 みんなの党は週明けに正式発表する予定だ。

 賢一氏は現在、道経済部観光局主査として、外国向けの道内観光の宣伝や、外国人観光客の受け入れ体制の整備などを担当している。関係者によると、近く道を退職し、選挙活動に専念するという。

 義雄氏は、参院選でたちあがれ日本の公認候補(比例代表)となっており、親子で異なる政党から参院選に臨むことになる。

 参院選道選挙区には、これまで民主党の藤川雅司、徳永エリの両氏、自民党の長谷川岳氏、共産党の畠山和也氏、幸福実現党の大林誠氏、維新政党・新風の綿谷正氏の計6人が立候補を表明している。

<中国産ワカメ>産地偽装容疑で徳島の水産業者を逮捕(毎日新聞)
<高齢者住宅詐欺>容疑で社長夫婦を逮捕 神奈川県警(毎日新聞)
「5月決着断念」閣僚から容認発言相次ぐ(読売新聞)
赤旗配布2審も有罪 「表現の自由」判断二分(産経新聞)
架空取引で数億円流出か 大ガス子会社元社員 背任容疑 大阪府警(産経新聞)
AD