幕末の志士、坂本龍馬率いる海援隊が乗った蒸気船をモデルにした「平成いろは丸」(19トン、全長22メートル)が9日、広島県福山市・鞆(とも)の浦と沖合約600メートルの仙酔島を結ぶ市営渡船航路に就航した。

 いろは丸は1867(慶応3)年、鞆の浦で紀州藩船と衝突して沈没。龍馬は多額の賠償金を得たとされる。

 現行の渡船更新を機に、同市が約8000万円かけて建造した。定員99人で外観は黒の帆船風のデザイン。レトロな雰囲気の木目調の客室には舵輪(だりん)の装飾を付け、龍馬の写真やいろは丸衝突の史実を伝えるパネルなどを展示。マストには電飾も施され、夜間航行時はイルミネーションで彩られる。

 鞆の浦は、映画「崖の上のポニョ」の舞台とされる景勝地。埋め立て・架橋計画の是非をめぐり景観論争に揺れるが、同市は新造船で観光客増を期待する。【豊田将志】

【関連ニュース】
長崎まちなか龍馬館:ゆかりの品など展示 1月2日開館
雑記帳:「龍馬の同型拳銃」見つかった
掘り出しニュース:これはうまいぜよ!? 高知で「土佐維新バーガー」販売開始
今週の本棚・情報:坂本龍馬の“日記”を構成
幕末維新の土佐・探訪図絵:志士たちの軌跡や文化紹介 合同企画展も /高知

ほかの政治家への献金、証言避ける元西松部長「ここで申し上げる訳には…」(産経新聞)
小沢氏の説明不十分、対応は擁護…鳩山首相(読売新聞)
企業献金廃止に反対=谷垣・自民総裁(時事通信)
<居酒屋発砲>重体の男性も死亡 大阪・羽曳野(毎日新聞)
風力発電に“逆風” 買い取り価格減少、周辺の健康被害も(産経新聞)
AD