时光のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
ないわよね。ちょっとスパルタになるけど、あたしが料理の特訓をしたげようか?」

「え、それは」

 助かるな、と言いそうになって、慌てて夏彦は言葉を止めた。
 『|最良選択(サバイバルガイド)』が勝手に発動した。嫌な予感がとめどなく溢れてくる。
 こいつに料理を教わるのはまずい。それだけはよせ。
 頭の中で警鐘が鳴り響く。ティファニー アトラス
 だが。

「それはいいね。この部のコンセプトは気楽に楽しくだから、短期間で料理上手くなりたいんならそうやってマンツーマンでスパルタ式がいいかもね」

 タッカーが悪意の感じられない声でそう言った。

 てめー余計なこと言うんじゃないよ。
 夏彦はそう思ったが、しかしどう考えても、つぐみの提案を断る都合のいい理由が見つからない。

「えーっと、じゃあ、お願いしよう、かな」

「任せておいて。こう見えても料理は得意なの」

 胸を張るつぐみ。ティファニー ボールペン

 夏彦は、自分の勘が外れていることを、今感じている悪寒にも似た嫌な予感が気のせいであることを強く強く願った。つぐみの料理教室

 翌日から、学園に複数ある調理実習室のうちのひとつが第三料理研究部の部室となった。すばやい対応と言うか、つぐみの行動力に夏彦は驚いた。

「じゃアみンな今日はハンバーグを作りマシょう」

 エプロンをしたアイリスが皆を見回す。

 調理実習室を使用した初の第三料理研究部の部活動に参加したのは、夏彦、つぐみ、アイリス、タッカー、虎だった。律子と秋山の二年生組は用事があるので遅れるということだった。
 既に材料は準備されている。

「はーい」

 と、元気よく返事をして用意されたレシピを参考にしつつハンバーグ作りを始めたのは、タッカーと虎だ。

 夏彦にとっては残念なことに、彼とつぐみだけは別メニューだった。他の部員からは少し離れた場所に二人は向き合って立っている。

「さて、夏彦君」

 いつものような柔らかなつぐみの声。表情もまた柔らかい。

「お……おう」ティファニー 銀座

 だというのに、夏彦は体をかちこちに固めて緊張しきっている。
 これから何か、とてつもなく恐ろしいことが起こる予感に震えている。

「料理は、したことないんだよね」

「あ、ああ」

 昨夜、一通りレシピ本や料理の基本技術については調べてきたが、どれも机上の知識だ。

「それなら、まずは包丁かな」

 そしてつぐみは基本的な包丁を扱う時の注意点、包丁での切り方、千切りやか
http://www.mulberryemotionaljp.info/ tiffany japan
AD
いいね!した人  |  コメント(3)

[PR]気になるキーワード