【済州島(韓国)西岡省二】鳩山由紀夫首相は30日、訪問先の韓国・済州島で記者団に、口蹄疫(こうていえき)の被害が拡大している宮崎県を近く訪問する意向を示した。首相は「農家をはじめ地域のみなさんへの激励も込めて、一度うかがうべきだと思っている。(特別措置法も成立し)政府としても万全を期していくというメッセージも直接、お伝えしたい」と語った。

【関連ニュース】
口蹄疫:赤松農相が5月30日に2度目の宮崎入りへ
口蹄疫:特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く
口蹄疫:宮崎県の補償額400億円 ワクチン接種の牛と豚
口蹄疫:宮崎県の種牛延命要望を批判 生産者全国組織
口蹄疫:行事中止相次ぐ「飛び火」警戒

<大治町長選>減税派当選で河村・名古屋市長、合併に前向き(毎日新聞)
口蹄疫 神鹿は野生、隔離できず見回るしか…奈良県苦悩(産経新聞)
<米軍岩国基地>新滑走路の運用開始 厚木の59機が移転(毎日新聞)
福島党首が会見へ=社民(時事通信)
父の日のプレゼントに メッセージ刻んだ大吟醸(産経新聞)
AD