介護用具販売などを手掛ける「スタックス」(東京都墨田区、堀正道社長)が、4月14日付で東京地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことが5月7日までに分かった。負債額は約2100万円。

 東京商工リサーチによると、「スタックス」は1998年の設立。車いすや介護用ベッドなど介護用具の販売・レンタルのほか、手すりを取り付けたり、段差を解消したりといった住宅改修なども手掛けていた。しかし、事業規模が零細で、思うように事業展開が図れず業績が低迷。先行きの見通しが立たず今回の決定に至った。


【関連記事】
医療器具販売会社に破産開始決定―東京地裁
歯科治療用機器販売会社が破産申請―東京
都内の老人ホーム事業者に破産手続き開始決定
老人福祉事業の倒産件数、3年で4.6倍
東京の医療機器卸売業者が民再申請

岡部まり氏心斎橋で第一声「国を良くしたい」(スポーツ報知)
<海難事故>貨物船同士が衝突…大分沖の周防灘(毎日新聞)
<電子キー>ご用心 子供が車に閉じこめられる例も(毎日新聞)
女児虐待、母親再逮捕=浴槽に監禁容疑-「夫に指示」・福岡県警(時事通信)
サラダ麺ブームの兆し 背景に女性の健康志向(産経新聞)
AD