ノリタケカンパニーリミテド(名古屋市)の子会社元社員による横領事件で、業務上横領の罪に問われた名古屋市守山区、同社元経理担当社員、和田順一被告(60)=懲戒解雇=の初公判が15日、名古屋地裁(小林謙介裁判官)であり、和田被告は起訴内容を認めた。

 起訴状によると、和田被告はノリタケテーブルウェア(NTL)の経理担当責任者だった07年5月~09年3月、同社名義の銀行口座から現金計約250万円を引き出し着服したとされる。

 検察側は冒頭陳述で、着服した金を「競馬の借金の返済に使った」などと指摘。85年から24年間で着服した金が約3億7000万円に上ると主張した。和田被告は起訴された250万円以外にも約1590万円分の業務上横領容疑で追送検されている。【高木香奈】

【関連ニュース】
ノリタケ:子会社元社員を追送検 横領額は1840万円に
業務上横領容疑:客の預かり金着服、元銀行員を逮捕 山形
NOVA:猿橋元社長の特別背任は不起訴 大阪地検
名古屋市教委:事務職2人を告訴 340万円横領容疑
岡崎信金:元渉外次長を再逮捕 預金詐欺容疑

プラダの元部長、「セクハラ指摘で解雇」と民事訴訟へ(産経新聞)
大和ハウス奈良工場で火災=けが人なし(時事通信)
首相動静(4月8日)(時事通信)
<浅口市長選>元県議の栗山氏が初当選 岡山(毎日新聞)
21日に党首討論(時事通信)
AD