板橋区若木の区立若木小学校の校庭で7日、「さくら草まつり」が開かれ、雨の中、住民ら約3千人が満開のサクラソウを楽しんだ。

 若木地区など16町会・自治会で構成される中台地域は、昭和56年からサクラソウ愛好家らが6小・中学校でサクラソウの栽培を指導。サクラソウが地域のシンボルとなっている。

 さくら草まつりも22回目を迎え、子供たちや住民らが昨年夏から丹精込めて育てた約2500鉢を展示。白やピンクなど色とりどりの花が会場を埋め、訪れた人たちも見入っていた。

【関連記事】
お花見に最適「乗りトクきっぷ」 新京成電鉄
日本一早咲きの桜、沖縄の寒緋桜が見ごろ
世界平和願ってサクラ贈り続け3万2千本 松山のNPO法人
バンクーバーではサクラ咲く、まるで「春季五輪」?
理研と石井農場、サクラ品種改良 重イオンビームで四季咲きに
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

参院選対策本部の看板掛け=小沢氏「月内に全候補決定」-鳩山首相(時事通信)
<愛子さま>4時限目だけ登校 宮内庁、両陛下に事情説明へ(毎日新聞)
「美人すぎる市議」が20代最後の日に“重大決意”(産経新聞)
<ホッキョクグマ>15万年前に祖先 地球環境の激変に適用(毎日新聞)
<雑記帳>応援を電気に変換 スタジアムで「床発電」 神戸(毎日新聞)
AD