思春期の子のやる気スイッチを入れる★魔法のような力を持った普通の言葉たち★

思春期の子のやる気を引き出す専門家
やる気スイッチマン 大塚隆司のブログ


テーマ:
先日、友人の家でこんなやり取りがありました。

高1の娘さん(千香)とテスト勉強の話をしていたら、お母さんが
「ちょっといい?」
と会話に入ってきました。
「あのさぁ、テスト勉強なんて、毎日習ったことをその時に復習しておけば、テスト前に慌ててテスト勉強なんてしなくてもいいんじゃないの?」

こう言われて、千香さんも反論します。
「そんなこと言ってもさぁ~。できるわけないじゃん。部活の練習もあるし」

お母さんも応戦します。
「時間なんてあるじゃない。テレビ観てる時間とか、マンガ読んでゴロゴロしてる時間を使えばできるじゃない」

そう言われると、千香さんも言い返しにくくなってきます。
プーっとふくれた顔をしてにらんでいます。

ちょっとこのままではうまくいきそうにないので、私が間に入りました。
「お母さん、それって、
『毎日ちゃんと食事に気をつけていれば、あわててダイエットなんてしなくてもいいんじゃない?』
というのと同じじゃないですか?(笑)」

そう言われてお母さんもドキッとした表情です。

「そうだよ!」
形勢逆転、千香さんもそこに乗ってきます。
(お母さんのお腹を指さして)「お母さんだってできてないクセに!」

今度はお母さんが悔しそうです。
できれば勝ち負けはつけたくないので、私がもう一度間に入りました。
「そりゃ、どっちも無理ですよね。あははははっ(^0^)」
と笑って緊張を解きます。

このやり取りでお母さんの言うことは非常にもっともな話です。
ある意味、正論です。

ですが、子どもはもっともな正論で話をされると苦しくなってきます。
逃げ場をなくして、言い訳に走るか、文句を言うしかなくなくなります。

だって、正論なんて誰だってわかっているからです。
わかっているけど、できないから悩むのです。


私たち大人だって同じです。
日々の食生活に気をつければ無理にダイエットなんてしなくても良いことは言われなくてもわかっています。

でも、できない。
だから、困るんです。

こういった時に必要なのは協力してくれる味方であり、一緒に寄り添ってくれる仲間です。

仲間としてすることは4つです。
★ペースを見る
☆一緒に頑張る
★承認する
☆一緒に考える


勉強が続かない理由のひとつ大きなものは一人でやることだからです。
ひとりだからサボっちゃうし、途中であきらめちゃうんです。

お母さんの言うように、毎日習ったことをその時に復習しておけば、テスト前に慌ててテスト勉強なんてしなくてもいいことは知っています。
その方が実際は楽なんだってことも頭ではわかっています。

でも、できない・・

それはひとりだからです。
自分ひとりで行動を律することができるほどしっかりした子どもはそう多くはありません。

ですが、そんな時、仲間がひとりいるだけで、気持ちはずいぶん変わります。
心強いとはまさしくこのことです。

この会話の後、私は千香さんと話をしながら、千香さんの勉強仲間になることを考えて話をしていきました。

では、具体的に
★ペースを見る
☆一緒に頑張る
★承認する
☆一緒に考える

とは、どうしたら良いのかは次回に書きたいと思います☆(^^)



大塚隆司公式HP(メルマガ登録はこちらから↓)
http://www.o-takashi.com/
大塚隆司家庭教師HP
http://www.o-takashi.com/kateikyoushi.html
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大塚 隆司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。