日本のジュエリー史。

テーマ:

日本でのジュエリーの始まりは旧石器時代に遡り、
縄文時代から古墳時代にかけて
広く普及したとされています。

 

昔のジュエリーの用途や目的は
主に魔除けや呪術的な意味合いを持って
つけられていたと言われていますが
審議の程はさだかではありません。

 

今回はそんなジュエリーの歴史を
時代ごとにまとめてみました。

 

縄文時代
動物の牙や骨、角、爪を用いたものや、
貝殻、木、粘土、石、ヒスイなどが出土されており、
その当時手に入る様々な素材を
取り入れてきたようです。

 

デザイン性においては
素材に穴をあけただけなど
シンプルなものだったようですが、
勾玉の形状は多く発見されており、
原型はこの時代に作られたと言われています。

 

勾玉の形状は、
胎児説、三日月説、動物の牙説など
諸説ありますが、
いずれにしても先に述べたように
お守りや呪術としての役割を果たしていたようです。

 

また、この時代で既に
耳飾り、首飾り、かんざし、腕輪、足飾り等など、
さまざまなジュエリーが使われていたようです。


弥生時代
貝殻、ヒスイ・碧玉などの石、土製のものに加え、
青銅やガラス製のものが大陸から入ってきたことで
様々な加工がなされるようになり、
よりジュエリーとしての幅が広がっていったようです。

 

勾玉の形状はより洗練されたものとなり、
勾玉の他にも管玉(円錐形)・
小玉(小さく丸いビーズのような形)・
丸玉といった色々な玉類が作られ、
これらを紐で連ねて組み合わせてネックレスとして
使ったりと、デザイン性もぐっとあがっていきます。

 

他にも沖縄などの南海でしか取れない
ゴホウラやイモ貝、オオツタノハといった貴重な貝を
腕輪として使用することで
権力の象徴としてのジュエリーという
意味合いも出てきたようです。

 

飛鳥、奈良時代
いわゆる装身具の消滅した時代とされています。
ジュエリー、宝飾品に該当する物は
日本に存在しないという奇妙な時代が
明治維新によって西洋文化が入ってくるまで
ぱったりと途絶えてしまったようです。

 

理由としては
装身具で地位と身分を表していた風習が
服の色と質で位を表すようになった冠位十二階制定説、
火葬普及説、装身具の神格化など
複数説があるようですが未だ解明には
至っていないようです。


江戸時代
この時代に入ると
根付、印籠、煙草入れ、櫛、髪飾り、簪、帯止めなど
日本独特の様々な装身具が発展を遂げていきました。


装飾の繊細さ、豪華さ等独特の美を追求した装身具が
富の象徴として作られていったようです。

 

その後、天保時代に奢侈禁止令が出されたことから、
表だって豪華な物は作れなくなったので、
うまく目立たせないように試行を凝らしたものが
作られるようになったという事です。

 

この流れも幕末頃には衰退していき、
西洋文化の影響で指輪等いわゆるジュエリーが
普及するようになったとされています。

 

その流れがその後の時代の流れに応じて変化を遂げながら、
今日のファッションとしてのジュエリーへと
発展していきました。

 

時代背景に沿って変化していったジュエリー。
今後どういう進化を遂げるのでしょうか?
これからも目が離せません。

 

 

弊社HPはこちらから↓

www.wellfield.th.com

AD