1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-27 21:13:55

連載記事②~空き巣の被害状況と防犯リフォームの費用対効果とは?

テーマ:ブログ

さて、前回は空き巣被害の悲惨な現状について取り上げました。

今回は「防犯リフォーム費用の具体例とその費用対効果」についてご紹介します!

 

まず、多くの皆様が直面する現実、それは費用の捻出!

しかも、投資しただけの効果が本当に得られるのか?不安な方も多いことでしょう。

それで、今回は弊社で施工された方の実例に基づいてご説明しましょう。

 

弊社で最も多い施工は何といっても、「ガラス強化」。

 

最近の新築はガラス自体に断熱・遮熱効果のあるLOW-Eガラスなど

高価な商品が採用されていることも多々あります。これらすべてを

あらゆる破壊行為にしっかり持ちこたえられるレベルの防犯ガラスに変更

するとなると、相当な費用になりますし、もったいないですよね。

 

例えば、1、2Fの危険個所のガラスを総入れ替えすればあっという間に

50~100万円を超えてしまう…というケースもあるんです。

 

それで弊社は現状の商品を生かしつつ、有効な強化プランをご提案しています。

 

例えば、弊社のオリジナル防犯フィルムプロテクトシールド400であれば、

仮に防犯ガラスでは50万かかるケースでも、その半額25万円で施工できた

事例がありました。

 

 

では、この25万円という数字をどう見ますか?高いでしょうか?

 

確かに大きな出費です。

 

これだけの費用を捻出するとなると確かに慎重になりますよね。

しかし、ちょっと立ち止まり、視点を変えて「費用対効果」を計算してみましょう。

 

まずは防犯フィルムの寿命は15~20年が目安であることにご留意ください。

次に1年365日×20年を計算しましょう。何日でしょうか?そうです、7300日。

 

では、施工費用25万円で割ると1日当たりの防犯対策費用はいくらになりますか?

 

   なんとたったの34.2円!!

     15年で計算しても、わずか45,7円! となります。

 

一日30~40円で家族の安全・安心が確保できる可能性は皆様の目に

どのように映るでしょうか?

 

それでも高いでしょうか?それとも価値ある投資と言えますか?

 

防犯フィルムを例にすれば、さらに多くの費用対効果が付いてきます。

 

例えば、UV紫外線A、B派を99%カット! 

家具やお肌などの日焼けにも有効です。

 

お子さんも窓際で安心して遊べます。

 

さらに、台風や地震などの 災害時にガラス飛散を防止 してくれます!!

ホームセンターなどで売られてる飛散防止フィルムの厚みはたったの

50ミクロン、つまり、0.05ミリ。

 

しかし、弊社の防犯フィルムはなんとその8倍の400ミクロン!

防犯面だけでなく、飛散防止効果も最高ランクなんです!

 

交通事故による死亡者よりも多い 『家庭内事故死』も防止 できます。

転倒などによりガラスに突っ込み怪我をするお年寄りや子供もいます。

防犯フィルムを貼ることでその危険を大幅に減らすこともできるんです。

 

 

更に、地震などで家屋が傾き、サッシを開閉できないときにも効果を発揮します。

防犯フィルムを施行している窓を

 

 内側から椅子などで数回強打するととガラスは

   フィルムごと外側に外れ脱出することが可能 です。

 

 

このように事故や災害にも強いんです!

 

さらなる費用対効果を期待できますか? 

 

下見をしている犯人に「この家は侵入しにくい」と感じさせる防犯住宅となる。

不安な毎日から解放され「精神的な安定感」を得られる。

「仕事に集中」でき、家族も安心して家で待っていられる。

ドロボウが寄りづらい「街づくり」に貢献することができる。

「高齢のご両親」に空き巣の心配をせずに生活してもらえる。

女性の一人暮らしも安心して生活することができる。

子供たちにも防犯の必要性を教える機会ともなり「将来に備えさせる」ことができる。

旅行などで留守にする時には安心して「休暇を楽しめる」ようになる。  等々…

 

まだまだこれだけではありません。

 

いかがでしたか? 

 

先程取り上げただけでも防犯リフォームの費用対効果は13項目もありました。

 

これだけの特典がついてきて 「1日たったの30~40円」 

を価値ある投資とみなされる方は弊社防犯設備士より更なる詳細をお聞きください。

 

ウエラ名古屋の防犯設備士は皆様のお宅が最低限の条件を満たしているか、

さらに強化できることがあるかどうか、実際に家を見ながら的確なアドバイス

をいたします。現状を十分に生かしながら、無駄の無い、そして本当な有効な

対策のみをご提案することをお約束します。

 

是非、積極的に防犯対策をご検討ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-22 08:50:23

連載記事①~空き巣の被害状況と防犯リフォームの費用対効果とは?

テーマ:ブログ

愛知県は住宅を対象とした泥棒の被害件数が、なんと9年連続「全国ワースト1位」。

2015年は1年間で4,900件もの空き巣被害が発生しています。

 

これは2時間に1件の割合で、愛知県のどこかで空き巣被害が起きていることになります。

この4,900件は「認知」件数ですから、実際にはもっと多くの被害が出ているといえます。

まさに愛知県は「ドロボウ天国」なのです。

 

犯人は様々な場所からありとあらゆる方法で侵入してきます。

 

 

 

 

さて、多くのお客様はこうした事実を知っているのですが、

「すぐに防犯対策をしよう!」という気持ちにまでは至らない場合が多いんです。

 

なぜでしょうか?皆様はいかがですか?

 

「我が家は大丈夫。」という意識がなかなか抜けないからです。

 

「ここ何年、何十年と我が家も近所も空き巣被害は無かったし、仮に侵入されても

貴重品は置いていないから…」と楽観視してしまうのです。

 

こう考えるのも理解できます。なぜなら、経験していないからです!

経験していないものは実感がないので、こう考えてしまいがちですよね。

 

しかし、これからは意識を変化させる必要があります。

悲惨な現実と我が家に忍び寄る危険から目を背けてはいけません!

その結果は皆さんの予想をはるかに超えるものとなっているんです。

 

では、空き巣により失うものとは具体的に何でしょうか?

 

 

①    金銭面での大損害

 

愛知県警によれば、平成26年の被害品額は31億7488万円。
一件あたりでは約61万円の被害額 が報告されています。

この中には破壊された家屋の修理費用は含まれていません。

ですから、一度被害に遭うと金銭面で大きな損害を受けることになります。

 

 

②   現金化できる全ての物と大切な思い出

 

さらに注目すべきは、盗まれるのは現金だけでは無いということ。

現金化できるブランドバックや宝石類もその対象です。婚約指輪や家族で贈り

あった貴重な品々など、思い出の品が盗まれる時のショックは現金以上ですよね。

「お金はいいから、思い出だけでも返して欲しい」「大切な両親の形見だけでも」

という声をよく聞きます。
 

さらに、どんなものを失う可能性がありますか?

 

 

③   個人情報

 

残念ながら個人情報を盗まれてしまった方は大勢いらっしゃいます。

あるお客様はパソコンやお子様たちが務めている学校や会社の重要なデータまで

盗まれてしまいました。さらに、厄介なのは、長居されると「盗聴器」を仕掛けられる

ケースもあるからです。今の時代はこうした個人情報までもが盗まれてしまうのです。

 

 

 

④   その他として…

 

こんなケースもありました。犯人は一通り物色して目当ての物をゲットした後、

なんと冷蔵庫を開けて、食事を始めたのです。さらに、ストックしてあった食料品

やその他生活雑貨を一通り持って逃走。ある犯人は嫌がらせでしょうかケッチャップ

で壁にいたずら書きをした…という事例もありました。

 

 

犯人物色後の室内の様子。とにかく悲惨です・・・

 

 

以上の事例をどう思われましたか?

 

こうした経験をすると精神衛生の面でも長期的なダメージ が残ります。

 

とりわけ、奥さまやお子様が長期の精神的なダメージで外出ができなくなったり、

一人で通学できなくなったお客様もいらっしゃいました。

 

少し立ち止まり、じっくり考えてみると防犯に対する意識を変えること、

そして、必要な防犯対策により犯人に侵入させないことがいかに急務

かがお分かりになると思います。

 

しかしながら、防犯リフォームへ気持ちは傾いても「金銭面で余裕が無い…」

「本当にそこまでの効果を期待できるのか…」という切実な問題や不安も

あるかもしれません。

 

次回の記事では「防犯リフォーム費用の具体例とその費用対効果」について

ご紹介します。どうぞ、お楽しみに!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-08 22:16:43

スタイリッシュでスマート設置!ドーム型カメラ

テーマ:ブログ

防犯カメラ専門館ウエラ名古屋では、皆様のご要望、環境やコスト

に合わせて様々な防犯カメラシステムをご提案しています。

その中でもドーム型カメラは根強い人気があります!

 

 

今回はこのドーム型カメラの特徴や施工事例などを

ポイントを絞って簡単にまとめてみます。

 

・特徴とメリット

 

ご存知の通り、ドーム型防犯カメラは、ドーム型の黒い半透明

ケースの中にカメラが内蔵してあります。ボックスカメラと同様、

赤外線暗視機能が付いているものもありますので、夜間撮影も問題ありません。

 

比較的スタイリッシュな防犯カメラで、室内に設置されることが多いです。

会社事務所やビルの廊下やエレベーターなどにも設置されていますよね。

 

ボックス型と比較すると、ボックス型カメラは屋外用にも屋内用にも

使われますが、ドーム型防犯カメラは主に屋内に使われます。

もちろん屋外に設置することもできます。

 

ドーム型防犯カメラの場合、360度撮影できる超ワイドなタイプ

もありますが、かなり高額になりますよ。

 

ドーム型カメラの人気の秘密は威圧感が少ないこと!

 

ボックスカメラはその圧倒的な存在感が犯人を威嚇し、お客様にも

安心感を与えるようですが、ドーム型はこの点、あまり主張してほしくない…

でもしっかり証拠は収めたい!というご要望に応えることができます。

 

カメラ本体がドーム内に収められて外からは見えないので、

住宅の玄関やお部屋の雰囲気なども損ねません。

 

また、店舗での需要も依然として多いですね。

 

例えば最近の事例ですが、従業員のレジ作業をしっかり監視

する為に設置をされたオーナー様がいらっしゃいました。

今後はオーナ様、従業員双方に安心感をもたらしてくれるでしょう。

 

      店舗内設置例

 

さらに空き巣対策以外にも、最近では病気やご高齢の方で

特殊な状況にある方、子供やペットの監視などを目的に、

ドーム型防犯カメラを設置する家庭も増えてきています。

 

昔に比べると、220万画素などの高性能ドームカメラがお値打ちで

設置でき、スマートフォンやタブレットを使った遠隔操作や監視も可能

ですから、利用したい方が急増しているのもうなずけます。

http://wella-security.com/security-camera/plan-standard.html

 

・デメリット

 

デメリットを挙げるとすると、こちらは小型カメラであることが多いので、

レンズの撮影性能自体はボックス型カメラよりも多少落ちてしまいます。

 

さらに再度強調しますが、こちらは360度全景監視ではないタイプが

多いのでご注意ください。

 

例えば当社で一番設置台数が多いこちらの機種は広角が224度

となっています。設置場所によっては1台で十分に危険エリアを網羅できますよ。

 

 屋外軒下などにも設置可能

 

 

・設置事例

 

最近防犯リフォームさせていただいた新築物件では、最近急増して

いる2階からの侵入を防ぐためにも、2階バルコニーにスタイリッシュ

な防犯カメラを設置しました。

 

配線はもちろん天井を這わせていますから、

          配管は見えずスタイリッシュです。

 

 

さらに、玄関エリアにも1台設置。玄関をバールで破壊する手口

やなりすまし、さらには愛車の盗難対策と一石三鳥です。

 

 

現在、ウエラ名古屋には7名の防犯のプロ、防犯設備士が在籍

しています。ドーム型防犯カメラの特徴やメリットを最大限に活かした、

防犯効果抜群でありながら、無駄がない防犯対策をご提案いたします。

 

是非、お気軽にご相談ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>