1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-15 21:55:54

電子錠~ウエラ名古屋一押し商品~

テーマ:防犯錠

興味深いデータがあります。

 

平成27年の一戸建住宅、共同住宅における侵入被害の合計50,960件

のうち約40%が無締り(無施錠)。逆算すると…施錠をしていれば約23,000件以上

の被害を防げた可能性があるという事です。

 

またこんな統計もあります。


東京・大阪・愛知の20代~60代の主婦1,500人に聞いたアンケートによると、

なんと約半数の主婦が“無施錠”で外出すると答えています。驚いたことに、

そのうちの約3割は5分以上の外出でも施錠しないそうです。

 

なぜでしょうか? 理由としては…
 

②  5分程度のゴミ出し

② すぐ帰って来るから

③  これまで…犯罪に巻き込まれたことがない

④  安全な地域だと思ってるから

⑤  高層マンションなので、

 

などと続きます。
 

皆さんはいかがでしょうか?

 

同じような経験がおありかもしれません。幸いこれまでは何の被害も無かった

かもしれませんが、次回も同じ…という保証はありません。

一瞬のすきが命取りになります!

 

数年前の実例ですが、ある老夫婦が早朝数十分の散歩に出かけ帰宅すると

なんと家中の家電製品や金品がごっそりなくなっていたそうです…。

 

そうです、犯人はわずかな隙を見逃しません。

 

特にご高齢の方の多くは毎回鍵の開け閉めに苦労されています。

だんだん面倒くさくなり、「ちょっとの時間だから大丈夫だろう…」

と油断したその時に被害に遭う方は多いのです。
 

それで今回、「こまめに施錠するのは面倒くさい…不便だ…。でも防犯面は心配…」

という方に朗報です!!
 

防犯性と利便性の両方を兼ね備えた玄関の防犯商品として

オススメできるのが 「電子錠」 です!

 

まずはごくごく基本的なことですが、電子錠とはその名前の通り、錠前

(シリンダー)内部に電動機械を埋め込み、鍵の施錠動作を電動的に行ってく

れる錠前の事です。商品や応用によっては、扉の状態を信号として読み取り

配信することもでき、遠隔操作による操作も可能なんです。

 

一般的な電子錠のメリットを上げるとすると…。

 

1、          鍵穴が無いためピッキング被害を心配する必要なし

2、          オートロック機能により施錠し忘れの心配なし

3、          ICカードや携帯が鍵代わりに使用できる

 

また、メーカーによっては指紋や暗証番号機能もついており、

鍵すら必要ない製品もあります。

 

こうした電子錠の中からウエラ名古屋が特にオススメしたいのが、

          こちらの 楽々ロックMi-05電子錠 です!

商品詳細はこちら↓↓↓

http://wella-security.com/contents/entrance.html#cause

 


この商品の便利なところは、玄関が閉じてから5秒後に自動でロックされ、

しかも「鍵」を持たずに外出しても暗証番号を入力すれば、玄関ドアの

施開錠ができます。これなら、両手がふさがっていても、うっかりして鍵

のかけ忘れという事もありません。

 

最近、愛知県某所のマンションにお住いのお客様より防犯錠増設のご相談

があり、こちらの電子錠をオススメしたところ大変気に入られ、設置が決まりました。

 

スタイリッシュさも人気の一つ。ICスティックキーも大変便利です。

 

              室内側

 

設置後、再度訪問して感想をお聞きしました。

まずはメリットに関して、お客様(二児の母親)は次のように解答されました。

 

・部屋への出入りは暗証番号又はスティックキーに

 なったので、鍵を持つ必要がなく楽チン。

 

・家に入った後も、オートロックだから鍵の閉め忘れが無く安心感に大きな違いが出た。

 

・ちょっとしたゴミだしの時もオートロックの為、いちいち鍵をかける必要が

 無いから助かる。万が一、スティックキーを持ち忘れても、暗証番号を入力

 すればいいから心配ない。

 

・こまめな出入りが多いときには鍵なんか面倒でかけないことが多いから、助かる。

 

・暗証番号での出入りもできるから、小学校4年生の子供に鍵を持たせな

 くて済む。子供が鍵を無くす心配もなくなり安心。

 

・買い物袋と子供で両手がふさがっていると一回荷物を地面に降ろ

 して鍵を取り出し、また鍵を差し込み、回して空ける…ほんとに手間がかかるけど、

 電子錠はスティックキーをかざすだけでOK。いちいち荷物を地面に置かずに

 家の中に入れるようになったから助かる。

 

 

    電子錠の利便性を実感する一コマです

 

デメリットは? という質問に対しては…

 

・今のところデメリットは感じない…

 

とのことでした。

 

このようにお客様には大変ご満足頂きました。

 

ちなみに設置費用は(特殊なケースを除き)商品と設置費用込で10 ~ 12万円

 を目安とお考えください。通常の錠前に比べて、若干コストがかかるのは事実

ですが、価格に見合ったメリットは十分に見込めますよ。

 

防犯対策は一通り済ませたのに、施錠し忘れが原因で被害に遭ってしまう

ことほどやりきれないことはありません。犯人にわずかな付け入る隙も与え

ないことが必要です!

 

この分野で玄関の防犯錠 楽々ロックMi-05電子錠は我が家の防犯に

大きく貢献してくれるはずです。更に、電子錠の注意点や耐久年数などの

詳細も詳しくご説明する必要があります。

 

興味のある方は弊社スタッフまでお気軽にご連絡ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-01 12:28:56

通帳や印鑑の有効な管理方法とは?

テーマ:ブログ

 

」先日、21歳の若者が逮捕されたニュースが報じられていました。

住宅に侵入して印鑑を盗んだとして、住居侵入と窃盗の容疑で逮捕

された男は「遊ぶカネが欲しかった」などと話し、容疑を認めています。

 

  東京、埼玉、大阪、神奈川の4都府県の住宅で昨年10月以降、

印鑑や通帳が盗まれ、現金が引き出される被害が約20件、総額約200万円

が発生しており、この事件との関連を調べているようです。

 

  逮捕容疑は、昨年12月29日、豊島区内のアパートの一室に無施錠の玄関

から侵入し、住人の女性の印鑑2本(時価約1千円相当)を盗んだということです

 

無施錠による被害とは…なんとももったいない話ですね。

引き続き、家族全員で施錠を徹底してくださいね。

 

さて、今回は 通帳や印鑑の管理方法 をピックアップしてみたいと思います。

          

 

万が一、通帳が盗まれ、お金が引き出されてしまったら

どのように対処したらよいのでしょうか?

 

金融機関では、個人客が通帳等の盗難に遭い、貯金が窓口等において不正

に引き出された場合、通常貯金規定等に基づき、被害の全部または一部を

補償してくれるようです。

 

しかし、私たちに重大な過失又は過失がある場合などには、補償の対象とならない

場合や補償を減額する場合があるので、通帳、印鑑をしっかり管理することが重要です。

 

では、私たちの側の過失又は重大な過失にはどのようなケースがあるのでしょうか?

参考までに、ゆうちょ銀行の規定では以下のようなものがあります。

 

 

1、速やかな通知、十分なご説明、警察への届出等が行われなかった場合

2、通知が被害日の30日後までに行われなかった場合

3、私たちの配偶者、二親等以内の親族、同居の親族、その他の同居人

  などによる払い戻しの場合

4、通帳等を他人の目につきやすい場所に放置するなど、第三者に容易に

  奪われる状態に置いた場合

5、届出印の印影が押印された払戻請求書、諸届を通帳等とともに保管していた場合

6、印章を通帳とともに保管していた場合

 

 

まず注目して頂きたいのは、3番目の規定。

 

実は預金通帳と印鑑をセットで盗み出す犯人の内訳は、

身内や知り合いが一番多いようです。何とも嫌な現実です…。

 

さらに6番目の「印鑑と通帳を一緒に保管していた場合」という規定。

 

ほとんどの方が通帳と印鑑を一緒にされているのではないでしょうか?

しかし、今後はこの保管方法も見直さなければなりませんね。

 

自宅の中で有効な隠し場所を見つけ、二つを分けて保管

する方もいらっしゃいます。しかし、泥棒はプロですので、見破られるリスクは高いですよ。

 

預金通帳と「ダミーの印鑑」を一緒にしておく 方もいらっしゃるようです。

 

さらに新築の設計段階で、建築士に相談し、秘密の隠し場所を設ける

お客様にもお会いしたこともあります。これは今後とも有効な方法の一つとなるでしょう。

 

さらに、検討できるのは 金庫の活用!

以前のブログで自宅用金庫の売り上げが伸びているという記事をご紹介しましたよね。

こちら→http://ameblo.jp/wellabouhan/entry-12136571182.html

 

確かに、防盗金庫を活用すれば防犯性は高くなります。

問題は金庫の質と、どこにどのように設置するのかという問題です。

詳細を知りたい方は、ウエラ名古屋の防犯設備士までお尋ねください。

 

さらに、銀行など金融機関の貸金庫を活用 される方も少なくありません。

 

特に印鑑の保管場所として最も危険性が低いと言われるのは、金融機関の貸金庫です。

ここならば泥棒に入られても被害に遭う心配はほぼありませんよね。

通帳は自宅で保管し、印鑑は貸金庫へという使い方も検討できるでしょう。

 

しかし、最も重要なのはやはり 「泥棒を侵入させないこと」!

 

ウエラ名古屋がオススメしたいのは、高価な金庫を購入する前に、

まずは室内外の防犯を充実させて犯人を撃退する事。

 

金庫1台の値段で相当充実した防犯対策を実施できることも少なくありません。

防犯カメラ、警報装置、防犯ガラスやフィルム、防犯錠、格子の設置等々…

 

印鑑通帳をしっかり保管し、金庫を購入したとしても、この対策は犯人には見えませんよね。

むしろ、目に見える防犯対策をしっかり行い、しっかりアピールすることの方が先決です!

 

つまり…

 

印鑑や通帳の有効な管理方法として優先して行うべき

   対策とは、「自宅の防犯リフォームである」 ということです。

http://wella-security.com/whats.html

 

防犯設備士による無料の防犯診断を活用して頂けますと、

防犯の優先順位がはっきりしてきます。是非、お気軽にご活用ください!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-20 22:39:18

そもそも防犯対策って何?

テーマ:ブログ

振り返るとここ数年で防犯事情は大きく変化しました。

 

2010年前後は防犯ガラスや防犯フィルム、防犯錠などを単体で設置する

だけでも相当な効果があり、実際、費用の関係上、こうした対策だけ実施

することも多々ありました。

 

しかし、現在はというと…2重3重の防犯対策が最低条件! 

環境によってはそれ以上の対策が必要になっています。

 

ウエラ名古屋はこれまで一貫して防犯対策のイロハを様々な形で発信して

きましたが、そもそも「防犯対策」とは具体的に何を意味するのでしょうか? 

基本的な点ですが、この機会に再度まとめて見ましょう!

 

防犯対策には三つの分野があると言えるかもしれません。

 

 

1、防犯設備の充実

 

 

防犯ガラスやフィルム、防犯カメラや警報装置などを設置すること。

この時、防犯設備士によるプランニングを実施してから、吟味するよう

オススメします。設置業者は数多くありますし、防犯リフォームも安い

買い物ではありませんよね。

 

ですから、、限られた予算の中で最大限の効果を発揮する防犯リフォーム

となるように、営業も設置スタッフも防犯の有資格者、つまり「防犯設備士」

であることがベストです。この点も必ず確認してくださいね。

 

 

2、防犯意識の改革と向上

 

 

「我が家は大丈夫!取られるものは何もないし、実際被害に遭ったことも無い」

と自信満々で語っている人を見たことがありますか?

 

確かにこれまで被害に遭わなかったのは喜べることですが、これまでの

実績は今後の保障にはなりません!こうした根拠の無い過信がもたらす

気の緩みを泥棒は見逃さないんです。

 

実際に、泥棒目線ではどの家も宝の山!であることを忘れないようにしましょう。

ですから防犯意識を変革することが防犯対策の第一歩となるわけです。

 

 

3、地域ぐるみでの取り組み

 

 

個人宅の防犯を充実させていくことは先決ですが、それだけでは不十分です。

地域ぐるみでの協力、例えば、ご近所との関わりにおいて、在宅不在関わりなく、

何かおかしいと思った時にはお互いに確認し合うことや、防犯パトロールや

啓蒙活動に可能な範囲で参加するなど、人の目を多くして監視するならば、

犯人はますます近寄り難くなるでしょう。

 

これはコストゼロでありながら、犯人が大嫌いな防犯対策なんです。

積極的に活用しない手はありませんよ!

 

さて、こうした防犯に関する正しい知識を得た多くの皆様が防犯リフォームに

着手しておられます。

 

例えば、最近防犯リフォームを実施したお客様ですが、玄関先に防犯カメラ

を設置されました。なぜでしょうか?

 

 AHD赤外線ドーム型カメラと防犯仕様インターホン

     

 

数年前は玄関扉に防犯錠を増設するだけでも、かなりの確率で犯人を

あきらめさせることに成功していたのですが、最近の犯罪は「組織化・国際化」

している為、これだけでは防ぎきれなくなってきたのです。

 

例えば、バールを手にした複数犯が強引に突破するような手口。

 

         実際の防犯カメラ録画像

                  出典:愛知県警察あんあん情報

 

 

それでこちらのお客様は玄関の防犯錠にプラスアルファとして、

防犯カメラによる「人の目の代わり」を導入し、威嚇・監視能力を高めました。

さらに防犯インターホンも採用し、映像と音声で絶えず外部の様子をチェック、

同時に録音録画できるようにしています。こうして防犯設備は更に充実しました

 

防犯設備の充実は防犯意識にも良い効果をもたらしてくれます。

実際、弊社で防犯リフォームをされた方の80%以上のお客様は口頭

でまたアンケートの中で「確かに根拠のある大きな安心は手に入れましたが、

防犯に絶対は無い!ので、今後とも家族で協力しながら、適宜必要な対策を

していきたい」と述べておられます。そうです、防犯リフォームの前後では

防犯意識がまるっきり異なるんです。

 

お客様の生の声はこちらをチェック

http://wella-security.com/monitor.html#monitor_20161026

 

 

防犯リフォーム実施後は、我が家の対策だけでなく、お隣や他の居住スペース

の防犯対策も気になるようになり、「どんな対策をしているんだろう…」と絶えず

チェックし、「あの家はまだまだ甘いな。うちの方が優れている!とか逆に

「うちは手薄かも…」と不安になったり…あれこれ考えるようになります。

 

さらに、ウエラ名古屋のHPやブログを含む、ネット上での防犯情報を定期的

に確認する事も多くなるものです。その時、興味深い情報を見つけるとそれを

家族や友人に積極的に話します。スーパーやデパートでセール品を見たときに

話さずにはいられない時のように。

 

こうして防犯意識は絶えず高い状態に保たれ、充実した防犯対策を維持し、

継続的に向上させていくことができるのです。

 

この機会に、防犯対策の3つの分野 

 

1、防犯設備  2、防犯意識  3、地域での取り組み

                

を再チェックしてみてはいかがでしょうか? さらに詳細な情報が必要な方は、

ウエラ名古屋までご連絡ください。防犯設備士が皆様のお住まいの環境に

合った、最善の防犯対策を懇切丁寧にご説明いたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>