1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-10 21:35:50

防犯カメラの活用法!その意外な使い方とは?

テーマ:防犯カメラ

 

さて、年が変わり愛知県警察本部より、平成28年の犯罪発生状況が発表されました。

昨年平成28年の愛知県の住宅対象侵入盗は4,154件で、前年より746件減少した

のですが、残念ながらまたもや全国ワースト1位でした…

 

これは10年連続という大変不名誉な記録です。

更に特殊詐欺なども大幅に増加し、深刻な状況にあります。

 

今年も、HPやメディアによる防犯啓蒙活動を一層強化しなければなりません。

そして、一件でも多くの防犯住宅が増えることも私たちの願いです。

 

この中でも防犯カメラの役割は一つのポイントになることでしょう。

弊社でも個人住宅や企業様だけでなく、マンションの管理組合様や

町内会からの街頭防犯対策として防犯カメラのご相談が急増しています。

 

一般的に、防犯カメラとは、空き巣や万引きや窃盗などの決定的証拠を撮影する…

というイメージが定着していますよね。

 

 

しかし、最近の防犯カメラの用途はさらに拡大しているんです。

実は防犯以外の目的でも設置されていることをご存知でしょうか?

 

スーパーやコンビニ、外食チェーン店などでは防犯カメラが

効率的な経営手段としても使われているんです。

 

      

万引き対策だけではないんです

 

それは防犯カメラを使ったマネジメント!防犯カメラをコスト削減の強力な

ツールとして使う企業も出てきています。

 

あるスーパーでは防犯カメラにより、陳列スタッフの負担が減ったようです。

なぜでしょうか?

 

実際の事例ですが、スーパーの陳列は気温や天候、毎日のお客の出入りなど

を細やかにか把握し、随時変更を加えますよね。しかし、この陳列のノウハウを

持ったスタッフは全体的に多くない為、全店舗に配置するのは困難な状態が生じます。

 

しかし、防犯カメラを活用することにより、本部スタッフが即座に各店舗の状況を

知ることができるようになったそうです。

 

 

ある会社でも、防犯カメラを利用して、商品の売れ行きや客層をリアルタイムで

把握しています。それを分析した陳列担当スタッフが、各店舗に適切な指示を

出しています。

 

このように防犯カメラを導入することにより時間とコストの大幅な削減に成功した

企業もでてきています。

 

以上のように、防犯カメラを経費削減の武器として最大限に活用するメリットも

ますます注目されるかもしれません。

 

防犯カメラの活用法は今後とも拡大してゆくことでしょう!

これからの防犯設備士は「防犯対策+経営戦略」の両面でも防犯カメラを

提案できなければならないかもしれませんね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-30 13:28:24

街頭防犯カメラ設置工事

テーマ:防犯カメラ

当社は愛知県唯一の防犯リフォーム専門店として愛知県警や関係機関

とも連携しながら東海地方の様々な物件の防犯リフォームを手掛けています。

今年も皆様の安心・安全に貢献できたことは大きな喜びです。

 

防犯リフォームの中でもますます存在感を増すのが ‘‘防犯カメラ‘‘

 

一戸建住宅や法人様だけでなく町内会様からのご依頼も増えてきました。

その中で注目したいのが、「街頭防犯」。愛知県でも繁華街等の防犯対策の

一環として、「街頭防犯カメラシステム」を推奨しています。

 

これは、犯罪が発生する確率の極めて高い繁華街等における犯罪の予防と

被害の未然防止を図るため、公共空間に防犯カメラを設置し、撮影した映像

を常時モニター画面に映し出し、録画するというものです。

 

当社でもすでにいくつか着工しているのですが、今年最後のブログでは

その現場の一部をご紹介いたします。

 

最初にご相談いただいたのは、約半年前になるでしょうか。

名駅付近の町内会長様と約半年にわたり、連絡を取り合い、警察のご意見も拝聴し、

何度もプランを練りながら、着工に至りました。

 

 

ハウジングカメラを5台、電柱や街頭に設置しました

 

 

工事日程は11/28、12/6、12/12、12/26と計4日に分けて実施。 

繁華街であり、人通りも多いため、安全確保が最重要課題でした。

寒さとの闘いもありました。とにかくビル風が冷たい…。忍耐力が求められます。

 

 

5名の電気工事士が担当。防犯設備士も3名工事に参加しました

ので、防犯仕様の工事や設置の面でも万全の態勢で臨むことができました。

 

 

実は街頭防犯は手続きがなり大変なんです。土木事務所、中部電力、

NTTへの申請許可、区役所、警察署・・・これらの機関への往復だけでなく、

申請にも結構時間がかかるんですよ。さらに設置後には警察の立ち合いの

もと最終確認し、全工程が終了となります。

 

 

今回大活躍したのが、少し前のブログでも紹介した新人スタッフ、田村。

実は以前彼は中部電力に勤務していた経験があり、電柱上での作業のプロなんです!!

 

電柱上での熟練した技を披露した田村君。先輩たちからの評価も急上昇!

 

細かい設定を除き、ほぼすべての工程が完了しました。

来年以降は定期点検も実施していく予定です。

2017年は街頭某防犯を含む防犯カメラのご相談がさらに増えそうです。

 

さて、今年のブログ発信も本日が最後となります。本年度も最新の情報を

様々な角度から発信してきましたが、お楽しみいただけたでしょうか?

 

今年は泥棒の犯行手口が大胆になった年だと感じます。来年からはこれまで

になかったような新たな防犯対策が必要になるかもしれません。

来年も全防犯設備士が進取の気性を持ち、数年先を見越した最善の

防犯対策をご提案できるよう尽力する所存です。

 

当社は来年の4日までお休みをいただきます。今年も当社に防犯リフォーム

のご用命をいただいた全ての皆様に心より感謝いたします。ありがとうございました! 

どうぞ来年もご期待ください!

 

最後に一言! 年末年始の防犯も気を抜かずに、徹底してくださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-16 12:54:27

個人情報の管理とは?

テーマ:ブログ

年の瀬が近づき、忙しい毎日が続くと、つい防犯がおろそかになりがちです。

その一つに個人情報の管理を上げることができます。

 

「個人情報」というとまず思い浮かぶのが「住所・氏名・電話番号」などでしょうか。

 

それで、この年末年始にはポストに郵便物をため込まないよう注意される方も

少なくないでしょう。長期不在前に郵便局に連絡しておくなどの対策は大変有効です。

 

しかし、今回は少し視点を変えて考えてみたいと思います。

犯人からすると一体何が個人情報となるのでしょうか?皆さんはどう思われますか?

 

よくよく考えると 「目に見える情報は全て個人情報」! と言えるんです 

そうなるとほとんど全てが関係してきますよね。

 

つまり、家の外観から始まり、隣の家との物理的な距離や家屋の構造、そこにできる死角、所有しているバイクや車、毎日の洗濯物、室内に置いてあるもの等々…

すべてが「個人情報」となり、犯人にさまざまなメッセージを送ることになります。

詳細はこちらでも紹介しています。↓↓

http://wella-security.com/exterior.html

 

室内にどんなどんな対策が実施されているか…という観点だけではありません。

 

これらを総合的に分析して泥棒は侵入するかしないかを検討します。

さらに在宅時もしくは不在時なのか、何時に決行するのか?侵入・逃走手段は? 

単独?複数?などの詳細も決定することになります。

 

弊社では一貫して「防犯はチームで行う」必要があると強調してきましたが、

厳密にいうと…

 

   チームとは防犯グッズの組み合わせだけで無い!

                                       

 ということなんです。

 

郵便物をため込まない、日ごろから顔見知りでなくても積極的に声掛けをする、

ご近所と連携して積極的にパトロールする、ちょっとの外出でもしっかり施錠する、

植木やフェンスなどはある程度見通しを確保する、どの洗濯物をどこに干すか等々…

 

 

洗濯物も大切な個人情報の一部ととらえましょう。

 

 

「以上の個人情報」 は犯人にあなたは防犯にどのように取り組んでいるのか

について重要ななメッセージを送ることになります。

 

こうした一見小さなことと思える分野でも、徹底して行っていると、綿密な計画と下見

のもと犯行を虎視眈々と狙っている犯人側からすると、

「防犯意識が高い、スキが無い…諦めよう…」という流れになってくるわけです。

 

以上は全てコストはゼロ、しかし犯人側からすると非常に厄介な効果的な防犯対策

となります。言い換えると…

 

 「個人情報を徹底して管理する」

      =「有効な防犯対策を実施していること」  となります。

 

年末年始を迎えるにあたり、一度視点を変えてご家族全体で客観的に我が家を見直し、

以上の「個人情報の管理」について話し合ってみるよう心からオススメ致します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>