1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-14 17:21:56

PTZ防犯カメラ~経営面での活用法~

テーマ:防犯カメラ

少し前のブログの中で、これからの防犯設備士は防犯対策と同時に、

経営戦略の面でも防犯カメラを活用できる提案能力が必要かもしれない…

という点に触れましたよね。

 

最近の現場でも、こうした経営戦略や改善の分野で防犯カメラを活用したい

というご依頼がありましたので、その現場をご紹介したいと思います。

 

愛知県内の某精肉工場よりご依頼を頂いたのですが、社長様の目的は

工場に行かずして、事務所より従業員の作業の様子を観察して、従業

の動きを随時把握し、正確に評価したいというものでした。

 

もう一つの重要な目的は、防犯カメラよりモニターに転送された画像から、

お肉の脂の質やのり等の品質の確認を行い、適正売値を決定したいとのことでした。

 

                 

                  工場内と事務所に設置

 

 

               このラインで精肉作業を行います

         

 

 

そこで今回お選びいただいたのが、PTZカメラ。

皆様PTZとはどのような機能を持ったカメラかご存知でしょうか?

 

 

 

PTZカメラとは…パン・チルト・ズームのこと。

この 3つの機能を持ったカメラを一般に PTZカメラと言います。

 

また、こうした機能を遠隔操作することを PTZ制御と言うのです。

 

パンとは、カメラのレンズの向きをを左右に動かすこと。

チルトは上下に動かすこと。

そしてズームは、望遠にしたり広角にしたりすること。

 

このように、PTZは多機能の高性能カメラです! 

 

こちらの工場では、メインは日中の活用ですが、夜間は防犯対策の為、

いつでも監視できるようにしたいとのご要望もあり、後付で赤外線照射機器も設置。

 

 

作業は防犯設備士でもある電工事士が担当しました  

 

現在、スーパーやコンビニ、外食チェーン店などでは防犯カメラが

効率的な経営手段としても使われていますよね。今後ますますこうした

ご依頼が増えていきそうです。

 

こちらの工場でも、今後経営にどれだけの効果をもたらしてくれるのか

非常に楽しみですね!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-31 20:34:33

インフルエンザ対策から学べ!予防は治療に勝る

テーマ:ブログ

インフルエンザが猛威を振るっていますね。皆様大丈夫でしょうか?

 

国立感染症研究所によると22日までの1週間のインフルエンザ患者数は

約161万人と前の週の99万人から急増した模様。インフルエンザは依然

として全国で猛威を奮っています。

 

我が愛知県も全国的にみて患者数が多いようですのでご注意を!

 

さて、私たちはインフルエンザを徹底的に防ぎたいと思います。

そのためにありとあらゆる手を尽くします。

 

例えば、帰宅時には必ず手洗い・うがいをする。外出時にはマスクを着用し

飛沫感染を防ぐ、さらに毎日の食生活に気を配り、十分な栄養補給をする等々…

出来ることはなんでもしたいと思いますよね?これらを家族ぐるみで取り組みます。

 

インフルエンザで一週間近くも休むことの代償を考えるからです。

 

よくよく考えると、インフルエンザ対策の原則は

            防犯対策にもそのまま適用できるのではないでしょうか?

 

被害に遭う前にいわば徹底的に予防できるのです。

 

インフルエンザに感染してからでは遅い!のと同じで、被害に遭ってから

では遅い…のです。被害は金品だけにとどまらず、精神疾患を抱え夜も

眠れなくなったり、人間不信に陥るお客様をこれまで数多く見てきました。

      

         

       それはそれは悲惨な光景です…

 

本当に心が痛みます…。

 

確かにインフルエンザと同じように、被害を100%防ぐことは出来ない

現実はあるものの、可能な限り最善を尽くすならかなりの程度、

悲惨な経験をしないで済みます!

 

防犯とインフルエンザの共通点をさらに挙げるならば、その感染力!

と言えるでしょう。 もちろん防犯に関しては良い意味で!です。

 

例えば、ご近所が防犯リフォームを実施し、ますます安心・安全を味わって

いるのを見ると謀判に対する考え方が変わり、防犯リフォームへの重たかった

腰が上がる…というケースはたくさんあります。

 

実際、名古屋市守山区のある住宅街では、1件の方が防犯リフォームをしたことが

きっかけで、なんと10件以上ものお隣様が我が家の現状に見合った防犯対策を

実施されました。まさにすさまじい感染力!

 

   

  

 

インフルエンザとは違い、こうした感染は大歓迎ですよね。

泥棒はこうした防犯感染力の強い地区を嫌う傾向があります。

 

以上、インフルエンザという毎年の出来事から、、防犯に関する大切な教訓を学べました!

 

予防型医療で事前に医師に診断してもらうのと同じように、この機会に一度

防犯のエキスパート防犯設備士による無料の防犯診断、防犯の健康診断を実施し、

現状をしっかり把握されてはいかがでしょうか?

 

そして、家族全体で同じ防犯意識を共有し、徹底的な予防に励んで下さい。

「予防は治療に勝る」からです!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-25 15:01:28

防犯リフォームモデルプランのご紹介

テーマ:ブログ

平成27年に全国で起きた住宅侵入盗被害件数は46,091件、

一日にすると約126件もの家が侵入被害にあっていることになります。

 

弊社でもかなりの数のお客様がご自身の経験だけでなく、

大切な家族や友人が被害に遭って初めてこうした統計の現実味を実感されています。

 

昨年の自社統計では、全施工件数の約半数の施主様が「被害を未然に防ぐための」

防犯対策を実施されています。皆さんの防犯意識も増々高くなり、今後防犯リフォーム

を積極的に検討される方は更に増えていくことでしょう。

 

そこで今回は防犯リフォームのモデルプランを実際の施工事例と共に

簡単にご紹介しますね。是非参考になさってください。

 

検討要素は3つ!

 

    ① 安心・安全   ②コスト   ③費用対効果

 

これらのバランスをじっくり検討し、どこにどれだけの防犯対策を

実施するかを決めて下さい。本日は3つのモデルプランをご紹介しましょう。

 

 

    「危険個所重視のポイントリフォームプラン」

 

泥棒の侵入箇所の約6-7割が窓ガラスであることを考えると、優先箇所は

窓ガラスエリアとなります。犯人が侵入できる大きさの窓ガラスの強化、そして

1階の危険個所に絞ったプランになりますと…

 

 

 1階掃出し窓2か所 4枚  強防犯フィルムPS400   9万―10万円

 1階腰高窓2か所 4枚    強防犯フィルムPS400     4-5万円

  防犯窓鍵あかないんです設置  4か所           4-5万円

                                                

      合計                           1-20万円

 

  大きな吐き出し窓を防犯フィルムと防犯窓鍵あかないんです設置で強化

      あかないんですHPはこちらhttps://akanaindesu.com/

  

 

 

    「バール対策を加味した安心プラン」

 

プラン危険個所重視ポイントリフォームプランに今後更に増えてくると思われる、

バール対策を加えた安心プラン。玄関・勝手口に防犯錠を2ロック又は

3ロック目として増設します。

 

1階掃出し窓2か所 4枚  強防犯フィルムPS400     9万―10万円

1階腰高窓2か所  4枚  強防犯フィルムPS400        4-5万円

 防犯窓鍵あかないんです設置  4か所              4-5万円

 玄関・勝手口 防犯錠増設   2か所              5-10万円

  (電子錠増設の場合には2か所で20-30万円 

                                                  

       合計                             23-30万円

 

     犯人の手の届きにくい場所に防犯錠を3ロック目として 増設

    

 

    電子錠ですがこちら「楽々ロックMi-05」もオススメ商品の一つです。

                       

 

   

   「セキュリティー機器を導入した万全プラン」

 

安心プランにセキュリティー機器を加えて、音や光による威嚇で

犯対策は理想的なレベルに!

 

1階掃出し窓2か所 4枚  強防犯フィルムPS400          9万―10万円

1階腰高窓2か所  4枚  強防犯フィルムPS400             4-5万円

 防犯窓鍵あかないんです設置  4か所                   4-5万円

  玄関・勝手口 防犯錠増設   2か所                 5 -10万円

AHD防犯カメラ( 録画機器・設置工事費込 )2台設置        18-30万円

警報装置システム 1階危険個所 親機・室外警報機、開閉センサー等   30-60万円   

                                                                合計                              70-120万円

 

    AHD200万画素赤外線カメラを2台設置。見た目もスマートです! 

     

 

               警報機器 ライフディフェンス

           http://www.seiho-sdk.co.jp/security.html

      

 

以上はあくまで参考プランです。(基本諸経費は含まれていません)

物件によっては室内外防犯格子やシャッター、防犯ガラスなどまったく

異なる対策をご提案することもございます。施工金額も現場環境等により

前後しますので、あくまで目安としてご覧ください。

 

またお客様のご予算の範囲で防犯設備士がプランニングすることも可能です

のでお気軽にご相談ください。

 

更に3つ目の要素である「費用対効果」に関しては、防犯グッズやその組み合わせ

によって大きく変わるため、詳細は防犯設備士よりご確認ください。

きっと金額以上の費用対効果に驚かれることでしょう!

 

 いずれにしても防犯のプロである、防犯設備士による無料の現場調査を

お受けいただき、無駄のないそして将来を見越した最善の防犯対策を見つけ

られるようオススメ致します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>