2017年07月16日 20時55分11秒

高コレステロールは「心臓病を引き起こさない」という結果が判明!スタチンで治療することは時間の無駄

テーマ:医療・健康



 皆さん ラブラブ こんちゃ~ 音譜



医療 に関する常識が、また一つ覆されようとしています。叫び


コレステロールの値  いつも気に気になります。


人間ドックでは いつも ひっかかってしまったり・・・(笑)。


人によっては できるだけ 低く抑えるために サプリメントをとったり・・・・



医者に進められて 薬を 一生飲み続けたり・・・・


この値が 血管の病気になる・・・と脅されて(笑) はてなマーク


これは まるで 一つの宗教のようです。 


個人的には 人間ドックは 好きではないです。 むっ


いつも 脅されますから・・・・。  むかっ



自分の生活を どのように改善していけばいいか・・・ その方向性を軌道修正するための 健康的に生きる意識の向上につなげていくための参考になりますから それは それで いいのですが・・・合格



十分 注意を払いながらも、 その結果を あまり深刻に真に受け止めすぎないように したいですね。 音譜

 

それでストレスがたまってもいけないですからね。 



さて、 この コレステロールの値について おもしろい 結果が示されました。


いつも 気にされている方・・・・ もしかすると 少しは 気持ちが 楽になるかもしれません。


以下 ダウン 良かったら 一緒に 見て 目 みましょう。 では どうぞ~ パー



●スタチンで治療することは時間の無駄だった。高コレステロールは「心臓病を引き起こさない」という事が新たな研究結果で判明。
High cholesterol 'does not cause heart disease' new research finds, so treating with statins a 'waste of time' :7月13日 英語版配信分)


~「高コレステロール=体に毒」の定説崩れる…高齢者では心臓病死亡率と無関係~

[source:The Telegeaph  Business Journal ] 




「Thinkstock」より


*スタチンは血液中のコレステロール値を低下させる薬物の総称 ダウン

 前回触れたカロリー制限の科学論争も関心どころであるが、脂肪制限、とくにコレステロール摂取制限もまた負けず劣らず注目を集めている健康情報である。通販サイトではコレステロールや中性脂肪を下げるサプリメントが売上を大きく伸ばしていると聞く。


 そこで今回は、コレステロール摂取制限が本当に健康リスクを総合的に回避するのに有益なのかしっかり検証してみようと思う。


 メタボリックシンドローム対策の標的疾患である心臓病などを引き起こす原因(リスクファクター)を探索するため、世界中で行われてきた疫学研究の多くは、35~60歳頃のミドルエイジを中心とした集団を対象に追跡調査している。


 これらの研究は、ミドルエイジのリスクファクターを特定するのには確かに適している。しかし、この成果を引用し、ミドルエイジの集団で特定できたリスクファクターがいずれの年齢層でも同程度に寄与するとみなし、健康施策が設計立案されてきたのが我が国の現状である。


 よくよく考えてみれば、ミドルエイジで大きく寄与するリスクファクターがシニアエイジでも同程度に寄与するとは限らない。シニアエイジの集団でも同じような関係が成り立つのか確かめなければならない。幅広いライフステージでより精緻にリスクファクターの寄与度を検証するのが、科学的良心というものである。とかく悪者扱いされる血中コレステロールと心臓病リスクの関係を例に挙げ、ミドルとシニアのリスクファクターの寄与度の違いについて検証してみよう。


年齢ごとの心臓病死亡率の変動


 米国のボストン郊外にフラミンガムという地域がある。この地域住民を対象とした長期にわたる疫学研究の成果は、循環器疾患のリスクファクターを見極めるのにきわめて重要な情報を世界中に提供し続けている。


 その一連の研究のなかで30年余りの年月を費やし、血液中の総コレステロールが1mg/dL上昇するごとに心臓病の死亡率がどの程度変動するのか明らかにした論文がある(Kronmal RA, et al. Arch Intern Med, 1993 153,1065-1073)。この研究の分析の特徴は、調査開始時の年齢を細かく区分して、それぞれ年齢ごとに心臓病死亡率の変動を比較している点である。


 病気の原因を見つけ出す疫学研究(コホート研究)の分析では、どの年齢層でも認められる関係といいたいがゆえに、普遍性を強調する手段として調査開始時の年齢の影響を数学的に調整する統計処理をすることがとても多い。


 しかし、この研究は主な年齢ごとのリスクファクター寄与度を綿密に検証するため、あえて年齢を調整する手法をとっていない。寿命が長い国・地域の集団の健康リスクを見極めるには、この分析手法のほうが適している。日本のような長寿国の健康施策づくりには、この種の成果がとても参考になる。


 細かく説明すると、40歳ではコレステロールが1mg/dL増加するごとに心臓病死亡率は1.1%増加する。しかし、50歳では死亡率の増加する程度は半分となり、60歳ではさらにその半分の0.3%の増加程度になる。この60歳までの関係は、数理統計学的には誤っている確率のとても低い関係である(統計学的には有意という)。


 このトレンドを俯瞰すると、高齢になるに従い、血中コレステロールが高いと心臓病になりやすいという関係はかなり希釈されてゆく様子がわかる。そして70歳では0%、なんと80歳ではマイナス0.5%となり、血中コレステロールの高いほうが心臓病死亡率は低下することとなる。70歳になったら、心臓病予防を考える場合、血中のコレステロールの値は気にする必要はないということになる。


 血中コレステロールは老化に伴い低下する。すなわち80歳ではコレステロールの高いほうがリスクが低いということは、シニアの心臓病予防はコレステロールの低下を防いだほうが有効であり、「コレステロールはしっかりとるべし」ということになる。


シニア集団は生き残り集団


 では、なぜシニアになるに従い、血中コレステロールの寄与度が低下し消失していくのであろうか。


 シニア集団は生き残り集団である。ミドル世代でコレステロールが高くて心臓病になった者は、シニアになれないのである。シニアは“篩(ふるい)”にかけられた集団なのである。同じ病気でも、ミドルとシニアとではその原因が異なる。


 この科学的知見は世界的にインパクトを与え、「シニアの心臓病予防に血中コレステロールを積極的に下げる科学的根拠はない」という科学潮流が生まれ、米国の高コレステロール血症の治療指針の見直しにつながった。日本ではこの科学認識が明らかに不足している。 』


いかかでしょうか。 音譜


おもしろい 研究結果です。


最初に書いたように、ちょっと気持ちが 楽になりますよね。 音譜


一番良くないのは ストレスですし ストレスが心臓病を引き起こしますから、日々のストレスを取り除くために瞑想は欠かせません。


とは言え、この記事 アップ の内容は、 あくまで一つの仮説であり、心臓病とコレステロールが 関係がないと断言しているものではないです。 むかっ


ここに注意したいです。 ビックリマーク


この仮説を裏付けるためには、 心臓病そのものについて、何がこの病気を引き起こしているのか、因果関係を突き止める詳細の研究がもっと必要でしょう。 


コレステロールとは関係が無いかもしれない・・・と言っている程度なので、 この答えが はっきりするまでは、自分の都合が良いようには まだ受け取るべきではないですね。あせる


ですから ある意味 朗報ではありますが、現時点では まだ参考程度・・・・ ということにとどめておき、日々の健康には 引き続き数値的に しっかり管理が必要ですね。 音譜



ストレスと病気の関係の研究については、まだまだ進んでいないというのが現状です。 


従って、この研究進んですけば、もっともっと常識が覆される ことになることでしょう。


皆様は どのように お感じになりますでしょうか。



皆様 今日も ご覧頂きありがとうございました。

今日も ストレスと様々な病気との関係についてその因果関係が一つでも明らかになる一日となりますように。愛を込めて ラブラブ


AD

welcome-Elohim(モトP)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:初めまして

>よしきさん
おっしゃるとおり、健康診断の結果が良くないことが、即異常という訳ではないです。 身体のシステムとして 維持するために不要なものを放出しようとすれば、血液検査は 悪くなります。これは 逆に良い状態を保とうとした結果だと言えますね。だからこそ、血液検査は大切ですが、それが即異常な状態であると考える必要は必ずしもないですね。

1 ■初めまして

初めまして、こんばんは。ペタ、ありが
とうございます。
やはり、人間ドックや健康診断の結果は誰
でも、気になりますよね。しかしながら、
健康診断の異常が必ずしも、よくないこと
ではないですよね。それにしても、御記事
の「高コレステロールは心臓病を起こさ
ない」は初耳です。健康診断の常識、これ
からとことん、覆されそうですね。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。