2017年06月01日 21時15分42秒

イスラエル経済が大変なことに。イスラエルは経済危機に向かう、専門家は警告~予告された消滅の兆候~

テーマ:経済・社会システム


みなさん ラブラブ こんちゃ~ 音譜


あまり関心がおありではないかもしれませんが、 今日は イスラエル の 話題です。


当サイトでは、2015年の8月6日以来、イスラエルの動向 を追っていています。


というのは、 この日(2015年8月6日)を境として イスラエルは消滅する方向に流れ始めた からです。


私はプロフィールにもあるように、宇宙人エロヒム を公式に地球に歓待する運動をボランティアで行っていますが、 イスラエルは 2000年前の聖書の予告にもあるように、エロヒムを迎えるためだけ準備された国で イスラエルに エロヒムを迎えるための大使館を建設する予定でした。


国際ラエリアン・ムーブメントは エロヒムの指示に従って、 何度も イスラエル政府に エロヒム大使館建設の打診をしてきました。 


イスラエル政府は、その要請を受けて、過去の文献(聖書など)をひもとき、 この要請に対する調査委員会を設置し前向きな結論を出したにも関わらず、 最終的に拒絶しました。 


それだけではなく、彼らは パレスチナの人々を虐殺 してきました。


2009年、イスラエル政府にエロヒムからの直接のメッセージを伝えて残された時間がわずかであること、イスラエルはそのためだけに存在し、これを拒絶すれば国が消滅することについて最終通告を行いました。 


しかし それでも イスラエル政府は パレスチナの人々を益々虐げ続けました。。


そして 最終的に、 


それを 受けて 2015年8月6日、エロヒムはイスラエルに対する保護を解く決定 をされました。


これは イスラエルという国が消滅する ことを意味しています。


そのときの 宇宙人エロヒムの予告そしてエロヒムからユダヤ人に宛てたメッセージ エロヒムのメッセージ は 以下の記事 ダウン になります。 良かったらご覧になってみて下さい。 


【必見】After Hiroshima70年8月6日、ユダヤ人へのエロヒムからのメッセージ!!  


この内容は 世界中のマスコミに 伝えられています。


同時に、その時以来 イスラエル国民に対して、良心的な人々は国を去るように伝え続けています。


そして その後 当サイトでは、イスラエルの動向を注視しながら、次のような記事 ダウン を書かせて頂きました。


エロヒムの予告通りにイスラエルの崩壊が迫っていることをネタニヤフ首相は感じメディアは伝え始めた?  
イスラエル国防省「フランス在住のユダヤ人よ、帰国せよ!」~イスラエルの崩壊は新しい時代の始まり~
イスラエル、日本含む12カ国と外交を制限、安保理決議受け。イスラエルは益々意固地になり孤立化する  


こうやって 2年経った今、イスラエルは じわじわと おかしくなってきているのが 分かります。


ゆっくりと 確実に イスラエルの崩壊が 始まっていますね。


そして 最近、イスラエル国内の調査期間が 経済報告を発表しました。


以下 ダウンその簡単な内容です。 良かったら 一緒に 見て 目 みましょう。 では どうぞ~ パー

 



●イスラエル経済が大変なことに

  ~イスラエルは経済危機に向かう、専門家は警告~

Israel’s economy heading for disaster, experts warn :5月29日英語版配信)

[xource:RT.com



イスラエルのタプブ社会政策研究センターが発表した報告書によると、同国はOECD諸国の中で最も高い貧困率を示しており、人口増加に悲惨な影響を及ぼす可能性のある「気になる傾向」に直面している。


イスラエルの高齢化と全面的にコストが上昇している国家2017年報告書によると、 現在の経済成長の源泉は持続可能ではありません。


GDPはOECD(経済協力開発機構(OECD))の34位の22位であり、24位は市場所得貧困率となっている。 先進国の中でも、イスラエル人口は貧困線以下の人口で最も高い割合を占めています。 


 「過去1年間で失業率の低下とGDPの大幅な上昇が見られた」と述べたが、残念ながら、この好調な傾向は継続せず、新たな成長源が見つかるはずだという。 


 タブブセンターはまた、イスラエルの4%のGDP成長率を「外れ値であって傾向ではない」と述べた。


今月初めに社会経済研究所(Shoresh Institution for Socieconomic Research)によって発表された別の報告書は、69年の歴史の中で経済の動向を見ている。 それは、経済が、軍を弱体化させ、国の将来に対する「実存的な脅威」を構成する深刻な 、そして長期的な欠点を示していると結論づけた。


GDPに関しては、イスラエルは1970年代半ば以降、G7平均の陰でさらに落ち込んでおり、その差は3倍以上になっています。 これは、 「イスラエルに住む雇用者が達成できるものと、イスラエルを離れている諸国で達成できるものとの格差が着実に広がっていることを反映している」と述べている。


Shoresh機関の創設者であり、報告書の共著者でもあるDan Ben-David教授は、イスラエルのベンジャミン ネタニヤフ首相が「未来を無視し続ける」かどうか、大国の大惨事に直面する可能性がある と警告した。  ~後略~


こんな感じです。ニコニコ


イスラエル国内の調査期間は、やっと理解し始めましたね。 音譜


自分たちの国がかなり危なくなってきている・・・ということ。


軍隊にお金をつぎ込む場合ではなくなっていることを・・・・。


それでも ネタニヤフ首相は 強気ですが・・・・。


でも これは 完全なエゴですから 真剣に国民を守る・・・という発想を持つことはできないでしょう。



宇宙人エロヒム メッセンジャー・ラエル  は この記事に対して、以下 ダウン 一言です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マイトレーヤ・ラエル のコメント:良い知らせ

RAEL'S COMMENT :goodnews

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


イスラエルが消滅するのは分かっていること、そして国際情勢がその流れに乗っているだけなので、それ以上何も言う必要がないということですね。ニコニコ 

 

再度・・・・

(イスラエルに対する保護を解き)イスラエルの消滅は エロヒムの決定です。

 

私たちは何もしなくても、 どんなにイスラエルが助けを求めても、また助けようとする国があったとしても、自動的に国は消滅の方向に向かうとうことです。


国連はイスラエルの難民が大量に発生したときに彼らをどうするか・・・ということを考えなければならなくなるでしょうが・・・。 できることは少ないでしょうね。


だから、国際ラエリアン・ムーブメント は、ユダヤ人に向けたエロヒムのメッセージをきちんと受け冷め、理解できる良心的な人々には、国を去るように絶えず勧めているのです。


このように ゆっくりと、確実に・・・ いや それは 突然やってくるかもしれません。



イスラエルの 本来の意味は・・・・


『イ・ス・ラエル』  “ラエルのために準備された土地” なんです。 


イスラエルは、エロヒム大使館建設候補地として、最優先の権利が2015年8月5日までありましたが、度重なる要請を拒絶し、その権利を失ってしまったた以上、存在意義がなくなりました。 むっ


従って、数年 はてなマーク のうちに イスラエルは消滅することになるのでしょう。


その兆候が現れ始めました。


人々の命が失われず、イスラエルは自暴自棄になって 核兵器をヨーロッパやアフリカに打ち込まないことを祈るばかりです。



皆様、今日もご覧頂きありがとうございました。

今日も、地球が愛と平和で満たされるために、世界が良い方向に変化する一日となりますように。愛をこめて ラブラブ

    

AD

welcome-Elohim(モトP)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■Re:例えば、エロヒム大使館にボツワナとかは?【やり直し】

>地火人さん
そうですね。大使館は最終的にいくつかの候補地から決められると思いますが、ますボツワナ政府が自国に建設して欲しいという気持ちがなければならないですね。これは他国も全く同じですが、受け入れたいという(気持ちの)表明をのために名乗り出ることが必要です。さほど気持ちがないのに言われるがままに建てるなら何かの拍子に『侵略者』扱いをされるかもしれませんから。
 ユダヤ人になりすました偽ユダヤ人達は、まずは、ユダヤ人だと名乗ることをやめなければならないですね。本来の民族を名乗る必要がありますね。おっしゃるように歴史的な事実から、様々なことを判断する必要があります。土地だけではなく、奪い取った財宝は元の人々に戻されなければならないです。そうするとき、西欧は 多くのものを返さなければならなくなり、自分達が生み出した本来のものはさほど多くはなく、多くの財産を失うことになるでしょう。真実が明らかになる時代、過去の歴史を清算すべき時に来ていますね。

5 ■例えば、エロヒム大使館にボツワナとかは?【やり直し】

>welcome-Elohim(モトP)さん
申し訳ありません、下はミスです 御迷惑、お掛けします
「エロヒム大使館」の設置候補地に、ボツワナは如何でしょうか? ボツワナは、政治的に安定していて、アフリカの中でも成功している国ですから しかし、HIV【エイズ】に悩まされたり、平均寿命が短い国ですから、ラエル大司教やエロヒム陛下が御来国されたら、ボツワナの人達が救われる事でしょう
ハザール【偽ユダヤ】人は、本当にアメリカが引き取るか、ハザールのあった場所に帰るべきでしょうか? シオニスト会議とかで、ウガンダやマダガスカルとかがハザール人国家建設の候補になったとか 他に、ロシアのユダヤ自治州はハザール人の為に建設されたり、ユダヤ人の居住区を満州に作る「河豚計画」があったり ましてや、ナチスが収容所を作ったのは、ハザール人を絶滅させるのではなく、ハザール人をシベリアに追放する為ですから ただ、言い方こそは失礼で不謹慎ですが、本当のユダヤ人のルーツであるアブラハムはメソポタミアから勝手に移住して来たし、アラブも侵略して獲得した土地ですからね ハザールもユダヤもアラブも、「自分達の土地は、先祖が他人の土地を勝手に乗っ取ったからね」なんて言わないでしょう 寧ろ、侵略した歴史を誇りに思っている位ですから 彼等に言わせりゃ、【戦争や侵略を悪と認識する事は、先祖を侮辱あるいは否定する事】ですから

4 ■例えば、エロヒム大使館にボツワナとかは?

>welcome-Elohim(モトP)さん

3 ■Re:イスラエルの野望

>地火人さん
 そうですね。そのような支配権力の終わりが近づいているようです。偽ユダヤ人たちの最後・・・・。彼らは結局暴力的で知性がありませんでした。このような支配権力が近い将来に訪れるイスラエルの消滅で慌てることになるでしょう。自分たちが支配しようとしていたけどそれができず、反対の方向に向かうどころか、消滅してしまう・・・・ エロヒムの助言に従わなかった聞く耳を持たない者たちの国・・イスラエルの消滅は 間近に迫っています。それに気づくのはいつになるでしょうか。気づいたときはもう遅いのですが・・・。

2 ■⁽⁽◝( •௰• )◜⁾⁾≡₍₍◞( •௰• )◟₎₎

初めまして失礼します─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ訪問お待ちしています٩( ''ω'' )٩( ''ω'' )وこれからも仲良くしてください╰(*´︶`*)╯╰(*´︶`*)╯

1 ■イスラエルの野望

そうですね イスラエルには、「大イスラエル構想」と言う野望がありますからね 「ユーフラテス川からナイル川は、イスラエルの領土」だと イスラエルを支配しているのはユダヤ人ではなくハザール人ですが、人種その物を丸ごと乗っとるなんて恐ろしいですね 今の韓国・北朝鮮は、エベンキ族が乗っ取っているとか イスラエルこそが、「中東の北朝鮮」な気がしてなりません まあ、「ホロコースト」は「従軍慰安婦」や「南京大虐殺」と並ぶ、「世界三大嘘出鱈目のオンパレード」ですからね ドイツやフランスは、ナチス賛美やホロコースト見直しを禁止、アメリカは政治や産業、マスコミはハザール人が支配しているから、イスラエル批判なんて出来る訳が無いのですよね 上記の法律やハザール特権を廃止しない限り、イスラエルのパレスチナ虐殺は止まりません【残念な事に、この事実を知る方は瀬戸弘幸氏とか、極端に少ないのですよね】 「謝罪しろ!」、「金よこせ!」、「ホロコーストの被害者が何故、虐殺を?」、こんな決まり決まった常套句には、ウンザリ・・・ ハザール人はハザールに帰るか、アメリカ合衆国に引き取られなさい、とでも言ってやりたいです・・・ ハザール主体の国際金勢力に、鉄槌を!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。