七味唐辛子を製造販売する「八幡屋礒五郎」(本社・長野市)は10日、全国に出荷している「七味唐からし」12品目計23万個に異物が混入した恐れがあるとして、返品・交換に応じると明らかにした。「万一食べても健康に直接影響はない」と説明し、被害の報告もないという。

 対象は09年12月~10年2月製造で、賞味期限が10年11月20日▽10年12月20日▽11年1月20日から11年2月3日--の商品。同社によると、2月上旬に原料のシソにポリエチレン片(縦1ミリ、横2.5ミリ)が一つ見つかった。生産者が乾燥させる際に使ったブルーシートが劣化し、混入した可能性が高いという。同社の七味唐辛子は善光寺みやげとして知られる。

シー・シェパード元船長、身ぶりで侵入再現(読売新聞)
<将棋>中飛車から急戦へ 王将戦第6局(毎日新聞)
7カ月ぶり流行水準下回る=インフル患者、定点0.77-感染研(時事通信)
<調味料>石垣島ラー油や卵専用しょうゆ人気 「内食」影響(毎日新聞)
座礁 フェリー、荒波で崩落 三重・熊野灘(毎日新聞)
AD