週末★山ガール

働くOLの週末山のぼり・アウトドア日記☆

百名山制覇を目標に、雪山やトレランにもチャレンジ中。

目指せガチ山ガール?!

Twitterもやっています。よかったらフォローお願いします。
@yamagirl_waco

ランキングに参加しています。
  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

テーマ:
10月の3連休は

念願の剱岳登山!

いつかはチャレンジしたかったので

前から楽しみにしていました。

…なんですが

結局雨で登頂ならず

剣沢小屋までしか行けなかったんです。。


そんな途中までのレポ(笑)



立山までは、東京から

始発の6時台の北陸新幹線に乗り富山へ。

北陸新幹線ができたおかげで

富山まで2時間半で行けるようになりました

富山から立山行きのアルペン号に乗り換え。

{CAF2F83C-F896-48A0-B5DE-131830A2EF39}
ローカル線ぽいクラシカルな外観が可愛い。

見どころである陸橋で徐行してくれます。

{7D92FA10-39E6-441C-ADA2-011AACC0A18D}

そして立山からケーブルカーに乗り換え。10分くらい。

{C364950B-DFD7-430F-8315-32C7F9ED0868}

到着した美女平から登山バスで1時間弱で

登山口である室堂に到着です。  

黒部ダム側から行った時はケーブルカーを乗り継いでかなりかかりましたが(時間もお金も)

富山側からだと速くてびっくり。


室堂には11時半頃到着しました。


ひとまず腹ごしらえ。

名物の白えびの天ぷらそばと、ますの寿司。

{BE5D9C5E-D677-4F08-971A-22E19E38FFB5}

外の天気はこんな感じ…ガーン

{8F0874E6-4532-4FCB-8856-F96F03C9FD0F}

霧で真っ白の中

20メートルを越す暴風で

吹き飛ばされそうになりながら

剣沢小屋を目指しました。

視界も悪いので黙々と登ります。
{2CAE51B1-F933-4DE3-9878-A3F1C9F53E1C}

ただ、こんな天気のおかげか

天然記念物のライチョウにはたくさん会えました

{C2A40AD9-C946-44C4-8010-15AF86D908E4}

15時過ぎに剣沢小屋に到着。

コースタイムよりやや巻いて、三時間くらいでした。

{56F066D7-9074-4C8B-9985-9164C1C88E4A}

部屋は二段になっていて、比較的広くて快適です。

電源もあるし温かいシャワーも使える照れ

{3AD75695-8FAA-4562-BBD5-2D999EFAB38E}

映画点の記の舞台になっているのでサインがたくさん。

一度観てみなきゃ。

{AEC75F68-5FC9-43B4-9CA3-B9A23DCCAA4E}

剱人Tシャツをお土産にゲット。

剱って言葉だけでかっこいい(笑)

{A71B02F9-3EFD-4953-9F0A-B6908966236B}

晩ご飯は豚の味噌炒めとお味噌汁、ご飯。

がっつりお肉が嬉しいおねがい

{84CFA779-5F28-453C-BDF4-686E2A2AEF21}

食事の後はガイドさんと小屋の人たちと飲みながら歓談。

こういうのも山の楽しみですよね。

外は相変わらず暴風雨の音がして

明日ほんとに剱岳になんて登れるんだろうかと心配しながら…。


そして翌朝。

{8062A0EC-6047-48C5-B71A-E6A59823A578}
朝ごはん


わずかに期待をしていたものの

雨と風は相変わらずでした。。

さすがにただでさえ危険な道を

悪天候でわざわざチャレンジするわけにはいきません。

停滞しようにも、剣沢小屋はその日で営業終了。

先に進もうにも危険なので

結局室堂に戻ることになりました。


残念。。


そんなわけで、不完全燃焼で終わってしまった

初の剱岳登山でした。


まぁ、山小屋までの歩きも、山小屋で過ごす時間も楽しいし

富山で有名な「すし玉」で美味しいお寿司も食べれたし

{1C8C119B-829C-4B79-ACD8-55604615CEC4}

{8E5DF0C0-4B0F-4458-908E-FFE6F2C8A0D8}

翌週行くキナバル登山の足慣らしもできたし

なかなか満喫できたのでよしとします。笑


来年のいつか、またリベンジできますように!


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は山の日ですねー!


先週末は北アルプス唐松岳に行ってきました。

北アルプスデビューだったこの山は

雪山シーズンにも2回訪れていて、もう4回目。


2015年残雪期にも行きました。

       
ロープウェイがあるから

初心者でも3時間半で絶景の山頂に立てるし

八方池などの見所もたくさん。

山頂の山小屋もきれいで

剱岳、五竜岳、白馬三山の眺めも抜群。

登山中の景観も

昨年行ったスイスのマッターホルンに行く道を彷彿とさせます。

アルプスデビューにオススメの山です。

  
ということで昨年登山デビューした両親と弟を連れて

北アルプス&山小屋デビューをナビゲートしてきました!


唐松岳までは白馬八方のスキー場から登ります。

始発の北陸新幹線で8時6分に長野駅へ。

8時20分長野駅発のバスにのり

白馬八方までバスで一本。

9時35分には白馬八方バスターミナルに到着します。

朝9時台に白馬に着いてるなんて…新幹線って速いんだなぁ(笑)


白馬八方のスキー場までは

八方バスターミナルから歩いて10分ほど。

そこからゴンドラとリフトを3本乗り継いで登っていきます。


{262B7D28-AA7B-4C0F-9CDB-CA3C67CFCE65}

夏の鮮やかな緑に浮かぶ白馬三山が迫力!


リフトを降りて

八方池山荘でしばしランチ&高度順応。

{0F08C458-F89E-43D6-8556-DA25547C4AEE}

11時頃出発しました。


八方池までは観光客も歩くハイキングコース。

木道が整備されているので

歩きやすいです。

{14EA8AED-702E-4981-80AA-A99ACA9A4BDE}

白馬三山を横目に見ながらの

贅沢なハイキング。

{9A601541-E857-447D-A4E2-A3E0E43C7CF7}

ケルンを超えて

{370AAD19-96C1-4471-8B9F-4B265716BD06}

八方池へ。

{302C23FA-A387-4290-896C-5C111672F39F}

白馬岳の正面から見ると

見事に池に映った白馬三山が眺められますよー。


八方池以降は登山ルート。

岩もゴロゴロしているのでハイカット靴は必須。

ひたすら稜線を歩きます。

{3157B9A1-4A51-4B27-949C-CE0CCEB9EABB}

途中、樹林帯や雪渓を経て

{A2BD6C9E-9430-44BF-B3E0-C55485C2CFAE}

丸山ケルン。

{85A473C0-8F95-4021-9EF9-D8B29598943E}

丸山から先は細い巻道が続きます。

道が狭いので注意。

{CB8C0F40-E57B-4B56-94E3-8493206054A2}

そしてまだまだ先かなと思ってると

{3AB070CC-580D-4133-9B4E-8A0CA4AC867F}

唐松岳頂上山荘は

不意に現れますので注意(笑)

{53611B6D-3FD6-433E-A0FE-C0A1DB33BFCB}

八方池山荘からちょうど3時間くらいです。

右手には徒歩20分弱の山頂が

目の前には剱岳

左手には五竜岳を望む

抜群の眺望です。


{85B98217-55FC-4051-8898-DAF142174343}
唐松岳山頂

{F2096001-4672-4F7B-AA7A-BDC0B7092438}
剱岳

{7135AE3B-61BA-4EF1-9ED4-C5E36D7E7B1E}
五竜岳

{DF4E7F80-D71D-45E8-8955-3B1270EEAB57}
山荘の下はテント場


到着時はガスっていたので

上は翌日の画像です。

山頂付近の小屋に泊まると

どちらか天気のいいときに景色が見れるのがいいですよね。


ということでその日は唐松岳頂上山荘に泊まりました。

家族にとっては初めての山小屋泊です。


2に続きます!




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週末はハイキング初心者の方たち&山ガール数名で

久しぶりに高尾山に登ってきました!


{8E1AE7DF-ACD5-4BBA-BACD-2494AAE70AB1}



前回行ったのは高尾~陣馬山往復トレイルラン30キロだったような…(笑)


梅雨の合間でしたが晴れて

気持ち良い新緑を楽しむことができました。


一番メジャーな一号路から行きました。

ロープウェイは使いません。

{0CA8B45F-AA1E-4F49-B62A-A32F3D0FDC09}

開運ひっぱり蛸。タコ杉の隣にあります。

{C63A1198-54A0-4460-A965-660419F69C6F}


大好物の天狗焼き。ロープウェイ山頂駅にあります。

{0B22E6F1-AC31-4194-BB41-30679C7F7DEF}

新作?の高尾山タルトも美味しかった!素朴な味です。

{DF30C41A-825F-4AEE-9E39-E3FB5905B102}


{BB8946B8-7FBE-4D1C-A022-2F71A3FCDF82}

境内に入るとこの手の開運スポットがたくさんあって

観光地としても面白かったです(笑)

{E384FD68-589B-4213-AE25-8EECF6EDDD3C}

{9C3CD8A5-A536-42F3-AA4C-68D14830D808}

お金を洗うと金運アップ!

とのことで欲張って一万円札を洗いました(笑)

{AB9A58EE-2521-489E-887F-61E87B7C5F78}

札入れに入れて持ち帰ります。しばらく使えません。

{FF586026-E6CD-4B02-8C10-5E8463FD08F9}

88のお地蔵さんが並ぶこちらは

四国お遍路巡りと同じ効果があるらしい。

{B33F6779-3E63-4F48-809A-8424D2C4FD62}

{D36A2937-F2C4-4724-AB5D-6789888B625E}

山頂ではほんのりうっすらと富士山がみえました!

{553FA87F-E1B9-4708-A8EB-57F37BA825F0}

山から街が見えるってなんだか不思議。

しばらくアルプスか雪山ばかりだったから…(笑)


帰りは吊り橋のある4号路から下りました。

{73FFA358-EE95-4A43-9326-ED9D70B981D1}

下山後は美味しい蕎麦屋としてお勧めされた

高橋家で蕎麦を。

屋根を抜いて柿の木が生えてます。

{C971EEC7-2132-4AE8-9C11-1B7D56CF183A}

行列人気だけあって美味しかった!

{02C1FC1A-E667-4343-959E-067B742175D5}

高尾山口駅の隣にある温泉で汗を流して帰りました。


2、3時間で手軽に登れて

観光や旅行気分もたっぷり楽しめました。

たまにはこんな山の楽しみ方もいいですね😁


ビアガーデンは15日からオープンで行けなかったので

今度はビアガーデンにも来てみたいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
穂高に行ったときに

ガイドさんに教えてもらったアプリがすごい。


{1F626BE4-136B-47D9-A697-E3256359E921:01}

ヤマップで検索!


無料で山の地図がダウンロードできて

機内モードにして省エネしててもGPSでルートを記録してくれて

それを地図に記録してくれる!

しかも地図は無料でダウンロードできます。

(地形もわかる地図は有料みたいです)


{01323591-AD39-48CE-AA67-35BDD54E16C6:01}

こんな感じで距離、時間が記録されます。


マイページにも活動日記として残ります。

アプリから写真が撮れて

地図とリンクするのでどこで撮ったかも記録できちゃう。


{B3914DD6-133C-4698-838F-01A65E1F2599:01}


{89745D1A-B4DE-4128-AB22-E088C6D22BA7:01}

SNSへの共有も簡単みたいです。


現在地がわかるのでルートの確認にもなるし

かかった時間が残るので振り返りにもいいです。

登山中、みんなずっとオンにしてました。


ぜひダウンロードしてみてくださいウインク



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
4日目は下山の日。

なんですが、2日目は悪天候で潰れてしまったし

昨日だけだと少し物足りない。

ということで下山する前に早起きして

北穂高岳に登ることになりました。


奥穂高岳より短時間と言われて油断してたのですが…

その日のコースは東稜と言われる岩尾根コースで

ロッククライミングで登るバリエーションルート。

ゴジラの背とも呼ばれているらしいです。

{8AEDF35F-50A7-49EB-A55B-A9B71D365A85:01}
このギザギザがゴジラの背


ロッククライミング初心者のわたしには

ロープで繋がれてるとはいえ

とても怖いハードな登山になりました



朝4時に起き、

ほのかに朝日が照らす中、5時に出発。

{EDF236FD-47D0-45AA-B55C-664877D31622:01}

早朝だけどとても暖かくて

行動中はTシャツにフリースのみ。


小屋の裏手から登り始めます。

ひたすら急登です。

{1CC3A42C-86BD-4E71-B626-25DE73606ACB:01}

途方もなく長く見えます…。

寝起きの朝食前の体にはなかなかしんどい。


朝ごはん前に出てきてしまったので

小屋からはお弁当をもらっていました。

お稲荷さんを食べたら少し元気が出ました。

{2E01B002-5682-4CF6-9974-E0C43351FEF9:01}


メインの道から東稜へは

雪の壁をよじ登っていきます。

必死すぎて写真を撮る余裕なし。。

足場もあまりなく、アイゼンの前の歯を必死に食い込ませて登りました。

つるっと滑ったらどこまででも落ちていってしまいそうです。

(ロープで確保はされてますが)


壁を登りきったら稜線です。

{18E05B71-E58F-4B8A-82C3-D32827553228:01}

この細~い道がひたすら続く

なかなかスリリングな景観。


周りは絶景です。小さなとんがりは槍ヶ岳。

{A32DB513-D83B-4930-93A7-DFB84B26932A:01}

これって道なの?!落ちないの?

ってくらい細い…。

足を踏み外さないよう、必死です。

{E53C821B-8EDB-4E6A-893F-CEC209863117:01}


この日は風が強く

時々突風が吹いて体ごと吹き飛ばされそうになります。

その度にピッケルを深く刺したり岩にしがみついて耐えました。


ゴジラの岩。

{93CD9831-E50E-461E-B2E6-5EC6CA4BA5BF:01}

アイゼン付けたままよじ登るのは怖かったです。

眼下は谷で足がすくみそうに。

でもガイドさんがちゃんとロープで確保してくれています。


岩を降りるところがクライマックス。

{4D6B18A6-A556-4982-A3C3-5A9C7C5725E5:01}

あー怖かった。。


ホッとしたのもつかの間

そこから北穂高岳まではひたすら急登。

{D0379F84-4314-4289-B30C-A88B7882860B:01}

重たいアイゼンで雪を踏みしめながら

脚が疲れでガクガクしそうになりながら

必死で登りました。


8時40分、北穂高小屋に到着。

{DFE603D2-4C2B-41B3-A439-CAF869743D71:01}

心底ほっとしました(笑)

小屋の奥に見えている雪の壁が山頂です。

雪が階段状に整備されて登りやすくなっていました。


8時50分、北穂高岳登頂です!

{8D5B7D6C-4696-4670-AFAD-3E3D709E601E:01}

見晴らしもばっちり!


岩を登ってるときは

このまま落ちたらどうしようと思いながら

必死に前を向いていました。

登頂の喜びよりも

無事通過できた安堵感の方が大きかったです(笑)


下山は同じコースではなく

メインの下山ルートから降りました。

デブリがたくさんできていてなかなか歩きにくく

ガクガクの脚にはかなり負担が大きかったけど

10時過ぎに無事涸沢小屋に到着しました。

{B6E3C88A-04F3-4B63-BA1A-9BA001CEA814:01}

ここまで連れて行ってくれたベテランガイドさんには感謝です。

自分たちだけでは絶対行けないルートでした。

怖かったけど、いい経験ができました。


ちなみに今回のコースはこんな感じです。
(ヤマップの履歴より)

{CFA4EF9D-EA2D-4006-B4C6-D84B85B53CCD:01}




さて

これで終わりじゃないのが辛いところ(笑)

涸沢小屋からの下山もなかなかのロングコースで

疲労困憊の足を引きずり

16時にようやく上高地に到着しました。

小梨平のキャンプ場で4日ぶりに入ったお風呂は気持ちよかった…!

{21CAD6D7-D326-4D68-9BAC-2D1F2E74C924:01}
子連れの猿がたくさんいました


そしてさらにこれで終わりでもなく(笑)

上高地から松本行きのバスは渋滞で動かなくなり

あずさで帰れず、長野まで行って新幹線で帰ることに。

家に着いたのは結局1時でした…。

21時間動き続けた、長い長い1日でした。


もう雪の壁や絶壁を登ったことは夢のようだけど

パンパンの脚と全身の疲労が

確かに登山の名残を感じさせてくれます(笑)


4日間、穂高を満喫できた連休になりました!




GW穂高登山シリーズはこちら


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。