1分もあれば読めますのでぜひ読んでみて下さい



その1
高いから高い

どの業界にも相場があるということです

どんなビジネスでも基本は できるだけ高い料金にしたい

できるだけ価格破壊や値崩れは起こしたくない

だから高額なのです



その2
土日祝日しか結婚式は行われない


⇒1年のうち 平日は約245日

土日祝日は120日

基本的に式場は1年のうち 120日で利益を出さなければいけない

このご時世 平日も他のビジネスに力をいれる式場が増えるでしょうから

今後は価格がさがってくる可能性はありますね



その3
広告費が高い


⇒ウェディングの広告は誰もが知っているゼクシィの一人勝ち状態

となると ゼクシィに掲載するしかない

ゼクシィの1ページ掲載の費用はだいたい100万ぐらい

高いと言いましたが うまく魅力を見せれている式場からしたら

ゼクシィに掲載するだけでいいのですから 安いのかもしれませんね


その4
新郎新婦は「素人」で「優しい」


⇒結婚式は人生で一度きり

一度きりということは学ぶ機会がないということ

素人 初心者 ということです


例えば 家電の購入

昔は値切る人のほうが少なかったと思います

今ではどうでしょ?

スマホで他店の価格をみながら価格交渉をする人はとても多いです


そして 見積もりの交渉をしていいのかわからない 優しい新郎新婦が多い

華やかで素敵な会場なので なんとなく交渉もしにくい


そして

”たった一度きりの結婚式なんだから奮発しよう!”

と前向きに考え 思考停止に・・・


悪い言い方に置き換えると


”式場側の思惑通り”



以上です いかがでしたか?


結婚式は高い買い物です

金銭感覚が麻痺しないようにクールに冷静に



このように 情報を更新していても 実際に行動に移せる人はとても少ないです

なぜなら 読んだだけだと よくわからないという方が非常に多いから


世の中には 多くの素晴らしい情報がありますが
(それ以上に悪い情報も溢れていますが)

それをスルーしてしまっている人が大半を占めるのと同じです


少しでもソンをしたくないという新郎新婦はお気軽にどうぞ


※ご希望が多かったのでLINEからのご相談を開始しました

友人知人にラインするように気軽にご相談ください

Add Friend

ご相談やお見積りはLINE@もしくはウェブサイトからお気軽にどうぞ
※アメブロのメッセージからはお受けしておりません




*人気記事一覧*

1位 結婚式の見積もりは今より安くできます
2位 式場契約後でも予算削減は可能でしょうか?
3位 結婚式前撮りが破格の30000円?都内限定イベント
4位 素敵!ドキュメンタリー風のプロフィールムービー

5位 テラスハウス風のオープニングムービー♪

6位 サプライズを贈る♪オリジナルソング 2曲
7位 披露宴エンドロールに予算をかけない方法

【website contact】




AD