Wedding JOBのブログ

ウエディング業界の業界誌The Professional Weddingを発行しています。

感動、感激、感謝の日々を綴ります!


テーマ:

こんにちは。
The Professional Wedding の宇佐美です。

引き続き、私が妊娠中に体験してきた
マタニティウエディングドレスの
試着レポートをご紹介します!
※試着時の妊娠週数や、1着目のレポートはコチラをご覧ください。

ご協力いただいたのは、
マタニティウエディングドレス専門店
mamage by innocently YOKOHAMA(ママージュ バイ イノセントリー 横浜)さんです!


試着2着目は、
2.お腹を強調できるマーメイドライン
です!

こちらは、ドレス自体が体に沿って
お腹をサポートしてくれるので、
パニエのお腹部分はさらりとしたもの。



苦しくないよう、ドレスの胸の下に支えのベルトが入っています。



そして・・・着てみたお腹がこちら!!



これはベビーがいるとわかりますね!


ブーケも持たせてもらいました。


写真を撮る際は、ブーケを持つ高さでも見え方が変わりますね。

座っても苦しくありません。


そしてそして・・・
私個人の感想ですが、
ドレスが体にフィットして安定する分

こちらのドレスの方が、
お腹や体が楽なように感じました!
(これは、人によって感じ方、意見が分かれるそうです)

何より、「ベビーと一緒!」と

自分自身が強く感じられることが、
すごくいいなと思いました。



お腹を隠したい花嫁さんの方が

圧倒的に多いという中で、
ここからは私の感じたことですが・・・

妊娠中期でお腹もそこまで目立たない時期と、
後期になってお腹が大きくなってからでは、
妊婦自身の気持ちも変わってくるのではないかと思います。
私自身、妊娠中期はますます丸くなる顔、変わっていく体型を受け入れられず、
必要以上に体重制限をしてしまったりしました。
(←赤ちゃんのためにはホントにやってはダメでした・・・)

でも、お腹が大きくなるにつれ

ちょっとずつ母となる自覚も出てきて、
妊婦の自分も受け入れられるように。
だから、妊娠8カ月、試着時の私は、
お腹の膨らみが自分で見ても分かるドレスの方が、
「ベビーと一緒に新たな家族として出発するんだ!」
という気持ちになれて
いいのではないかと思いました。

もちろん、ご家族のご意見や、おかれている環境もそれぞれでしょうし、
一概には言えませんが、
結婚式は新しい家族にとって、未来につながる出発の日。
ご提案されるスタイリストさんやプランナーさんは、
妊婦さんの心境の変化に合わせて

ベビーと一緒の結婚式を意識させてあげられたら、
より家族にとって意味ある一日にできるように思います。

ちなみに、篠田さんは、
「試着では、プリンセスラインなどこれまで憧れてきたドレスを着ていただき、
その上で、『ベビーと一緒』を意識できるドレスもお勧めします。
そうすることで、花嫁になる楽しさ、憧れをかなえられる喜びも感じられた上で、
体調と心の両面から、自分の『結婚式』にふさわしいドレスを
ご自身なりに考えていただけると思うんです」
とおっしゃっていました。
 

花嫁さんの心に寄り添う、素晴らしい対応ですよね!

また、私自身が結婚式(式は妊娠前ですが)と妊娠・出産を経験し、
やはりおめでた婚の結婚式は当日も負担がかからないようケアが必要だと実感。
ベビーと一緒だとオープンにしていた方が、ゲストや周囲の方も、
変な気を遣わずにケアしてあげやすいのではないかな、とも思います。
 

そんなことも、一つの意見として頭の片隅に置いていただけたらうれしいです。

おめでた婚の新郎新婦のサポートは

ぜひ「おめでた婚サポートプランナー認定講座」をご活用ください☆

次回は、2018年4月開催予定です!

 

また、おめでた婚を担当するにあたって

気を付けるべき心のサポートについては、
The Professional Wedding 8月号
連載「有賀明美のお悩み相談室」でも
ご紹介しています!
こちらもぜひご覧くださいね☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。
The Professional Wedding の宇佐美です。

7月に第一子を出産し、現在、産休をいただいている私ですが・・・
妊娠中に、どうしてもやりたかったことが!

それがこの、
マタニティウエディングドレスの試着

「おめでた婚サポートプランナー認定講座」など、
おめでた婚をサポートするコンテンツを運営する上で参考になればと、
妊娠中の体調や心境の変化なども記録してきましたが、
ドレス試着も、体が妊婦の時にしか実体験できないからぜひ・・・!と、
マタニティウエディングドレス専門店
「ママージュ バイ イノセントリー」さんに
ご協力いただき、体験させていただきました!

ドレス、そしてショップで施されているさまざまな工夫や、
ドレスを試着してみて感じたことを、レポートしていきます!

ご協力いただいたのは、
mamage by innocently YOKOHAMA(ママージュ バイ イノセントリー 横浜)

https://stat.ameba.jp/user_images/20170825/12/weddingjob/a3/3f/j/o0550038014012758367.jpg

同店は2017811日に移転オープンしています。写真は5月時点(移転前)のものです。

 

ママであっても、「花嫁になる」という喜びを感じさせてくれる、かわいらしい非日常空間。
こちらの店舗は予約制で、原則、一組一組貸し切りで接客しているとのこと。

つわりや体調の変化を目の当たりにしながら慌ただしく仕事の引き継ぎなどもこなし、
経済面、時間面、体力面、と

さまざまなことを気にしながら結婚準備をしているおめでた婚の花嫁さんにとって、
しっかり「夢」を見させてくれる空間というのは、
それだけでとてもうれしいものだと思います。

https://stat.ameba.jp/user_images/20170825/13/weddingjob/e6/13/j/o0300040014012762062.jpg

担当くださったのは、元スタイリストで、
現在は、マタニティウエディングナビ横浜サロンのコンシェルジュとして活躍されている
篠田 智子さん。

https://stat.ameba.jp/user_images/20170825/13/weddingjob/e6/6d/j/o0300040014012762140.jpg

カウンセリング中のドリンクも、
カフェインフリーで妊娠中にオススメの
ハーブティーなども用意されています。
うれしい心遣い・・・その上おいしい!!

https://stat.ameba.jp/user_images/20170825/12/weddingjob/cc/07/j/o0400030014012758549.jpg

 

体験日は、2017525日。
この時点での私は、妊娠31週。
「おめでた婚サポートプランナー認定講座」では、
産婦人科医の先生のアドバイスにより、
おめでた婚の実施は
トラブルが起こりやすくなる妊娠後期を避け
妊娠29週までに!
とお伝えしています。
(実際、私はこの4日後に切迫早産で入院に・・・汗)

ですので、挙式当日を迎える花嫁さんよりは
週数が進んでいますが、
私の場合、かなりお腹が小さかったので、
お腹の大きさは一般的には妊娠7カ月くらいのイメージだと思います。
(お腹の大きさにはかなり個人差があります)

https://stat.ameba.jp/user_images/20170825/13/weddingjob/a5/02/j/o0300040014012762047.jpg

https://stat.ameba.jp/user_images/20170825/13/weddingjob/90/3a/j/o0300040014012762045.jpg

店舗には、
ウエディングドレスとカラードレス、
いずれもマタニティ専用のもののほか、
専用ではないけれど、妊婦さんも着られる作りのものもラインナップされています。

今回は、白ドレスで、
1.お腹を目立たせないふんわりとしたAライン
2.お腹を強調できるマーメイドライン

2着を着比べさせていただくことになりました。

 https://stat.ameba.jp/user_images/20170825/13/weddingjob/6b/53/j/o0300040014012762051.jpg

まずは
1.お腹を目立たせないふんわりとしたAライン
から。

https://stat.ameba.jp/user_images/20170825/13/weddingjob/b8/b5/j/o0300040014012762058.jpg

お腹を目立たせないドレスを選ぶ方の方が多く、
中でも、こちらのビスチェタイプで、
チュールがふんわりとしたドレスが人気だそう。
その人気の一着を着せていただきました!

時系列に沿ってということで・・・
ドレス姿の前にお見せします。
マタニティ専用の下着を着用したお腹!!

https://stat.ameba.jp/user_images/20170825/12/weddingjob/b5/6a/j/o0252022414012758505.jpg

バストをきれいに整えた上で、
お腹はリボンのアジャスターで
負担なく、ぴったりに調整できるようになっています。

そして、マタニティ専用のパニエ。
お腹の部分が伸縮する素材になっていて、
お腹を支えてくれる役割も。

https://stat.ameba.jp/user_images/20170825/13/weddingjob/16/58/j/o0300040014012762094.jpg


着けてみるとこんな感じ。
後ろもぴったり調整できるようになっています。

https://stat.ameba.jp/user_images/20170825/13/weddingjob/cd/7d/j/o0300030714012762110.jpg

その上からドレスを着ますが、
ドレスにも、お腹回りを支えるベルトが入っていて、
お腹に負担をかけることなく、ずり落ち防止にもなっています。


https://stat.ameba.jp/user_images/20170825/13/weddingjob/f1/f9/j/o0300040014012762114.jpg


ドレスの背中ももちろん調整可能。
妊娠でだいぶふっくらしてしまった背中や脇のお肉も

きれいにしまっていただき、スッキリ!!
https://stat.ameba.jp/user_images/20170825/14/weddingjob/70/a7/j/o0300040014012803564.jpg

そして、試着した姿がこちら!

https://stat.ameba.jp/user_images/20170825/12/weddingjob/32/07/j/o0300040014012758388.jpg


篠田さんがササッと髪もアップにしてくださいました
たしかに、お腹は目立ちません。
言われなければ、妊娠にも気付かないくらい。

上から写真を撮ったら,、さらにお腹の膨らみは分かりません。
https://stat.ameba.jp/user_images/20170825/12/weddingjob/27/74/j/o0300040014012758394.jpg

着た感じはというと、
まず一般的なドレス下着の締め付けと比べるとまったく苦しくなく、
それでもしっかりと胸元や背中のラインも整えていただけて、安心感も。
何より、憧れのチュールのAラインをきれいに着られる、というのがうれしいですね!!

とはいえ、
軽く作られているとはいえ、ドレス自体の重さは多少感じ、
お腹の重さもあって、体力も体調も

妊娠前の状態とは違う・・・ということで、
少し立っていると疲れてきます。
座っていても、美しい姿勢を意識していると

やっぱり疲れは出やすいかと。
全力でおもてなしをしよう!と思うと、
さらにですよね。
挙式・パーティーのスケジュールには余裕をもって、

ゲストの目のないところで一息つける
時間も取れるようにしておくと安心だな、と実感しました。

ちなみに、妊娠中はお腹を支えるために
腰から背中を沿って立つ癖がついてしまうので、
ドレス姿で真っすぐきれいに立つためには
少し上体を前に倒すくらいの意識で
ちょうどよいのだそうです。

・ ・ ・ ・ ・

2着目の試着レポートと、
妊婦になって試着してみて初めて知った、
「おめでた婚花嫁さんにお勧めしたい、結婚式への思い」は、
その2でご紹介します

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

The Professional Weddingの石渡です。

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズが出資する株式会社アンドカンパニーの運営する保育所、「も、の保育園」を息子と共に先日、見学してきました。

みなとみらいのMIRROR MIRROR 横浜店が1階に入居するビルの2階に位置するのですが、0歳児、1歳児、2歳児〜5歳児と年齢別にスペースが仕切られています。特に2歳児〜5歳児のスペースは、段差をあえて設けることで子どもたちが探検したり、掘りごたつのようになっていて足を入れて絵を描くことができるスペースがあったり、壁の一部がガラスや黒板になっているところに、好きな文字や絵を描けるようになっていたりと、とてもよく考えてデザインされているのだと感じました。特に息子は充実したおままごとのスペースと、合わせ鏡になっている鏡のゾーンが気に入ったようで、そこでずっと遊んでいました。

ウエディング事業に携わる会社の方を優先的に受け付けるような仕組みも導入し、土日も開園されるなど、サービス業に従事される方にとって使いやすい施設です。10月1日の開園時点では約30名の子どもを受け入れるそうですが、今後様子を見つつ受け入れ人数も増やしていきたいとのこと。この施設の開園を皮切りに、こうした施設がもっと増えると、働くママがキャリアを諦めることなく働き続けられるでしょう。素晴らしい取り組みだと思います。

 

 

 

みなとみらい学園ビルの1階がMIRROR MIRROR横浜店、

2階が「も、の保育園」となっています

 

ビルの外観を斜めから見たところ

 

エントランス

 

エントランス入ってすぐのロビー。

ここから子どもたちがそれぞれの年齢のスペースへと向かいます。

写真の右手奥が0歳児のスペースで、左手奥が1歳児のスペース


ロビー右手のキッチンもガラス張りとなっていて、

調理の様子を子どもたちもガラス越しに見学できます


2歳児から5歳児のスペース。段差や仕切りが設けられていることで、

それぞれのスペースでさまざまな遊びができます。

壁一面ガラス張りとなっているので自然光がたっぷり入り、明るい雰囲気です


合わせ鏡に向かってさまざまなポーズを取っている息子を上から撮影


0歳児のスペース


1歳児のスペース

 

エントランスで親子で記念撮影

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。