2001-05-19 09:56:51

会計的利益率法とは

テーマ:節税対策の税理士

節税対策の税理士  > 経営用語集  > 会計的利益率法とは

経営用語集

「会計的利益率法とは」



 プロジェクトに対する投資所要額と、それから生み出される利益の割合(投資利益率)を判断基準にプロジェクトの優劣を評価する方法。この方法は、計算は簡単だが耐用年数中のどの時期にどれくらい利益が発生するか、わからないため、複数のプロジェクトの場合、優劣を比較できにくいといった欠点がある。



節税税理士を今すぐ探す!

> 節税対策の税理士 ホーム|> このサイトの使い方> 真の節税税理士 とは|> よくある質問> 節税税理士を探す

> 東京の節税税理士> 神奈川の節税税理士> 千葉の節税税理士> 埼玉の節税税理士> 運営会社