知識や経験がなくても本が書ける方法講座

これからの時代は、すべての経営者は情報発信をする必要があります。
なぜなら、自分たちのことを知ってもらうことが商売の基本だからです。
想定対象者
情報発信したいが、どうしていいのか分からない経営者、自営業者の方、または、本を出版したい方。

無料メールセミナー

テーマ:
「日経おとなのOFF」2015年6月号の特集は

「老化する脳 しない脳」です。

その中で「65歳で司法試験合格!」の記事がありました。

元福岡市東区長の吉村哲夫さんは、

昨年最年長の65歳で司法試験に合格しました。

福岡市役所を退職後の2011年京都大学法科大学院へ進学しました。

やったこともすごいのですが、その勉強法も大変参考になりました。

難しい法律用語や判例を丸暗記しようとせず、

「ホームグラウンド」と呼ぶ1冊のノートにコンパクトにまとめて、

繰り返し進化させながら頭に入れたそうです。


英語と同じで、司法試験も、暗記して受かる試験ではなく、

物事を体系的に理解して、分析することが大事だといいます。

使った文房具やICレコーダーが大変参考になりました。

ノートへの補足は、大型の付箋とはがせるのりを使い、

ペンは消せるタイプを使いました。

圧巻は、ICレコーダーを使ってのPCへの自動入力です。

まだ音声認識ソフトを使っている人は多くないと思いますが、

かなり精度が高くなっています。

マックはすでに標準で装備されています。

高度な音声認識ソフトを使えば、時間とお金をかけずに、

多くの文章を書くことができます。


AD
コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今、アメリカでもっとも活躍している、

ベンチャー投資家で、起業家の

ピーター・ティール氏が、

母校のスタンフォード大学の学生向けに行った、

起業論が元になっています。


・営業について

「営業は誰もが行っていることなのに、

ほとんどの人はその大切さが十分にわかっていない。

シリコンバレーはその最たる場所だ」

とピーター・ティール氏はいいます。

アメリカの広告業界は、年間1500億ドルの売上げがあり、

60万人以上を雇用しています。

セールス業界は、年間4500億ドル、

320万人以上が営業職に就いているのです。

特にシリコンバレーのおたくたちは、

広告やマーケティング、セースルに懐疑的ですが、

ビジネスでは非常に大切なものです。

演技と同じで売り込みだとわからないのが一流のセールスです。

どんな仕事でも、営業能力がスーパースターと

落ちこぼれをはっきりと分けます。

実際、差別化されていない製品ですら、

営業がすぐれていれば独占を築くことができます。

逆はありません。製品がどんなに優れていても、

強力な営業が必要となります。



AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本最大の起業家渋沢栄一(しぶさわえいいち)

渋沢栄一は、

1840年に埼玉県で生まれました。

起業家として、第一国立銀行(現みずほ銀行)や東京証券取引所などといった

多種多様な企業の設立・経営に関わり、日本資本主義の父といわれています。

最近話題の理化学研究所の創設者でもあります。

設立した主な会社は、

第一国立銀行ほか、東京瓦斯、東京海上火災保険、

王子製紙(現王子製紙・日本製紙)、田園都市(現東京急行電鉄)、

秩父セメント(現太平洋セメント)、帝国ホテル、秩父鉄道、

京阪電気鉄道、東京証券取引所、キリンビール、サッポロビール、

東洋紡績、独立行政法人理化学研究所など、多種多様の企業の設立に関わり、

その数は500以上といわれています。

その渋沢の経営の指針となったのが、「論語」でした。

渋沢はベストセラー「論語と算盤」をはじめ、

多くの論語の解説書を書きました。

その中で「論語と算盤は甚だ遠くして甚だ近いもの」と書いています。

つまり、「正しいことをした人が、ビジネスでも最後には報われる」

ということです。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アメリカのベンチャー企業誌「FASTCOMPANY」

の2015年3月号の特集は、

「世界で最も革新的な企業TOP50:

The World's 50 Most Innovative Companies」でした。

この中で37位に選ばれたのが、AnyPerkでした。

AnyPerkは、全米2500社以上の企業で福利厚生の

アウトソーシングを手がけています。

創業者は、1987年生まれの福山太郎さんです。

日本国内の大学卒業後、起業準備のために、

シンガポールのベンチャー企業入社後、独立しました。

Dropboxらを育成した、アメリカのベンチャーキャピタル、

Yコンビネーター出身です。

ゼロから行動力と度胸で、ここまでの規模まで持って来たのは見事です。

そのガッツの原点は、高校時代、アメリカへ留学した時の

アメリカへのコンプレックスでした。

ちなみに1位は、 Warby Parker

でした。

Warby Parkerは、メガネのオンラインショップです。

最大の特徴は、デザインから流通まで自社でやることで、中間業者を排して、

高品質でありながら、価格を低く抑えていることです。

日本にも今後このような企業が出てくるでしょうね。


コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ペガサスクラブを作った渥美俊一氏ご存知でしょうか?

1962年に設立されたペガサスクラブの初期の主なメンバーは、

ダイエーの中内功氏、イトーヨーカ堂の伊藤雅俊氏、

ジャスコ(現イオン)の岡田卓也氏、マイカルの西端行雄氏・岡本常男氏、

ヨークベニマルの大高善兵衛氏、ユニーの西川俊男氏、

イズミヤの和田満治氏など30代の若手経営者が中心でした。

その後、会員企業数は急速に伸び、1969年には1,000社を超えました。

ペガサスクラブを設立した、

渥美 俊一(あつみ しゅんいち、1926年ー2010年)氏は、

元々は読売新聞社の経営技術担当記者でした。

経営の経験は全くありませんでしたが、

渥美氏は、メンバーの経営者を率いて毎年アメリカ視察を行うなど、

アメリカからスーパーマーケットの

大規模、多店舗化のノウハウである、チェーンストアー理論を持ち込み、

流通革命・流通近代化の理論的指導者として、

草創期にあった戦後日本を代表する多くのチェーンストア企業を指導しました。

この事例から、いかに


「知識の力は偉大」


かがわかります。

イトーヨーカ堂、ジャスコ(イオン)、西友、イズミヤ、

ライフコーポレーション、マルエツ、島忠、

キタムラ、すかいらーく、吉野家、ジョナサン、

ダスキン、ニトリなどなど、

実にチェーン大手筋の8割以上の企業がこのクラブに加入しているからです。

しかも今現在、大手と呼ばれている企業グループの多くは、

ペガサスクラブに入った時は、まだ中小規模でした。

ただその時から、チェーンづくりの原則を学んでいたから、

困難に直面しても進路を誤らずに進化し続けられたのです。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ビジネスの世界ではある秘訣があります。

それは、現場にいちばん通じている者が常に勝つということです。

その勝率は10割に近いといいます。

偉い人は現場にうといです。

優秀な人は当然偉くなります。

偉くなると現場に行かなくなります。

そして、もはや優秀ではなくなるのです。

超一流のコンサルタントは、最新極秘情報を仕入れるために、

一直線に現場に行きます。

だから成果があがるのです。

現場の人と仲良くなると、

会社の状況や自分のやった成果が驚くほとよくわかります。

コンサルタントとして成功したいのなら、

迷わず現場に行って、現場の人と密接な

コミュニケーションを取る必要があります。

「ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 1)」

トム ピーターズ (著), 仁平 和夫 (翻訳)阪急コミュニケーションズ より


コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
話す話題がない方に紹介したいのが、私が学生時代に

通った、江川ひろしの話し方教室で教わった、

「はなしかたきょうしつ衣食住」です。

これは、流行、仲間、仕事、家族、旅、気候、養生(健康)、運動(スポーツ)、

趣味、通信(ニュース)、そして、着るもの、食べるもの、住むところの

頭文字を取ったものです。

もう一つは、

「木戸に立てかけし衣食住」

という有名な言葉があります。

きは、季節、

どは、道楽、

には、ニュース、

たは、旅、

ては、テレビ、

かは、家族、

けは、健康、

しは、仕事、

そして、

着るもの、

食べるもの、

住むところの

頭文字を取ったものです。

これで話題に困ることはありません。



コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2014年のビジネス書のベストセラーについて

「まんがでわかる7つの習慣」がトーハンと日販ともにビジネス書の

ベストセラーの一位になりました。

2位が、今年のビジネス書の話題を独占した「嫌われる勇気」ですから、

なおさらすごいです。

「まんがでわかる7つの習慣」がベストセラーになって以降、

「ザ・ゴール」、「孫子」、「アドラー心理学」など次々にマンガ化され、

ベストセラーになっています。

やはり読者は、より簡単で、わかりやすいビジネス書を求めています。

そんな中今年、ビジネスマンガ雑誌 「PRESIDENT NEXT」

(プレジデントネクスト) が創刊されました。

ビジネスもののストーリー漫画雑誌はありましたが、

ビジネス理論をマンガで伝えるマンガ雑誌はありませんでした。

まさに、「プレジデントネクスト」はイノベーションと言えるでしょう。

2015年は、マンガとビジネス書の融合がより進み、

最終的には、それが一般化すると思います。

なぜなら、マンガは日本が世界に誇る文化であり、

ドラマ化、映画化のようなメディアミックスがやりやすく、

ことばの壁も容易に超えるパワーがあるからです。



コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2014年度のベストセラーについて

「長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい」が
トーハン、日販ともに総合一位でした。

人はやはり、楽して健康で長生きしたいようです。

アドラー心理学ブームを巻き起こした「嫌われる勇気」、

世界中で一大ブームになった「アナと雪の女王」関連の書籍も売れました。

マンガでは、「ONE PIECE」が上位を独占しました。

「嫌われる勇気」、「アナと雪の女王」、「ONE PIECE」ともに、

自由をテーマにしています。

ほとんどの人は自由になりたいのに、自由になれないのは、

自由には責任が、権利には義務がともなうからです。

本当に自由になるためには、かなりの覚悟と努力が必要です。

それでも自由になりたいのなら、自由になるべきです。

アメリカで90歳以上の高齢者に対して行われた有名な調査では、

「90年の人生を振り返って唯一後悔していることはなんですか?」の

質問に対して、

9割の人が「もっと冒険をしておけばよかった」と答えています。

人間はたとえ失敗しても、やったことは後悔しないんですね。



コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今後の日本人に必須の知識や技術が3つあります。

1 教養 

2 英語 

3 ビジネスマナー

です。

1の教養とは、論語、聖書、仏典、

源氏物語、徒然草、シェークスピア、ドストエフスキー、漱石、鴎外などの古典のことです。


2の英語教育は、小学校5年生から学んでも、ほとんどの生徒が使えるようになり

ません。

使えない英語から使える英語が必要とされています。

3のビジネスマナーは、新入社員などが、企業研修などで学びます。

しかし、会社で教えられているのは、部下としてのマナーです。

リーダーとしてのマナーを知らなければ、リーダーにはなれません。

1の教養と2の英語教育はいろいろな人や場所、媒体で学ぶことができます。

しかし、ビジネスマナーに関しては、教えてくれる人も場所もほとんどないのが

現状なのです。

ではどうすればいいのか?

マナーの基本は姿勢と声と服装にあります。

姿勢はダンスから、声はボイストレーニングで鍛えることができます。

服装はイメージコンサルタントなどから学ぶことができます。

ポイントは、あくまでもビジネスマナーのためのダンスやボイストレーニングなので、

担当の先生にその旨を話し、ビジネスに役立つ姿勢と声の出し方のみを教わることです。



コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。