WEBマーケティング屋のブログ

WEBマーケティング屋ブログでは
・役に立つツールのご紹介
・業者任せにしない自社サイトの運営方法
などを中心にWEB担当者、中小企業様でWEBを活用したい
経営者、担当者の方々に向けて情報を発信していきたいと思います。


運営、サポートさせて頂いている活動

現在、日本経済が成熟し、企業成長が期待しづらくなった日本社会において、もう一度、企業の成長と発展に貢献できるよう、 日本経済とそれを支える中小企業を支援し、それら支援者が研鑽する“場”として、全国の皆様と手を携えて、発展する活動をしております。


いい会社.


 


いい会社の法則実行委員会 大阪関西勉強会に定期的にご参加頂いております関西外国語大学講師の梶川先生、梶川ゼミの竹倉様、西尾様が中心となり、書籍の方が出版されました。


内定獲得のための「就活の真実! 」 企業研究から自己分析・ES・面接対策まで


内定獲得のための「就活の真実! 」


ふつうの大学生が作ったふつうの大学生のための「はじめての就活!」その「成功と失敗」の本質 (2014年度版)





猛獣塾


AOsuki


AOsukiは、首都圏で活動する青森県出身経営者の会として、2008年10月に発足しました。 この世に生まれ、育てられたふるさとの「役に立ちたい」、青森県を「盛り上げたい」との思いを実現すべく、積極的に活動しています。



若獅子の会


若獅子の会は『致知』を読む20代から35歳以下の若者を中心とした人間学の勉強会です。 『致知』を通して、よき仲間と出逢い、互いに切磋琢磨する中で人格を高め、それぞれの立場で「一隅を照らす人物」になることを目的に活動を続けています。現在は関東、関西、中国、四国、九州の5か所で毎月活動しています。


掲載頂いた記事


山本善武 山本善武  


サポートさせて頂いている活動


【池川明先生の愛の子育て塾】第8期


 


東京思風塾開塾15年記念年間テーマ 「真実を生きる~感性論哲学の真髄~」



  • 第1回 2月6日(土)テーマ「宇宙の摂理を学ぶ~感性論哲学宇宙論~」

  • 第2回 4月2日(土)テーマ「純粋感性を学ぶ~感性論哲学原理論~」

  • 第3回 6月4日(土)テーマ「愛の実力を育む~感性論哲学愛の実力論~」

  • 第4回 8月6日(土)テーマ「意志の力を育む~感性論哲学意志の力論~」

  • 第5回 10月1日(土)テーマ「年代別愛の子育て~感性論哲学教育論~」

  • 第6回 12月3 日(土)テーマ「時代が求める人物~感性論哲学リーダー論~」


「兼ちゃん先生の しあわせ講座」第1期生募集


~こころの曇りから解放され青空を感じるステップアップ講座~


「これまで歩んできた道のりは、失敗したり、挫折したり、さまざまな体験経験出逢いをたっぷり味わってきた日々でした。

一番の誇りは「出逢い」。両親、家族、パートナー、師、友人、ライバル、マスター

こんなにも素晴らしい方々と出逢えたことを、神に感謝したいと思います。


その出逢いによって気づかされてきた「しあわせ」への道。


新しい幕開けを感じさせる本年から「しあわせ講座」をスタートさせたいと思いました。


最終回を迎える時、しあわせな人生を歩み始めた実感を感じとっていただけるよう、ご縁ある皆さまの背中をそっと押すことができればと願っています。(松前兼一)」


第1講座 5/11(水) 「存在感を高める生き方~まぎれもない私を呼びもどす~」

※「まぎれもない私」とは、「今、ここを生きる本来の私を意味し、感性そのものを意味しています。」

第2講座 5/25(水) 「透明感を高める生き方~本当の私への目覚めはしあわせの道~」

第3講座 6/8(水) 「自己信頼を高める生き方~信じられる私への早道」

第4講座 6/22(水) 「愛を根づかせる生き方~不完全でいい。短所が愛を育む~」

第5講座 7/6(水) 「奇跡的出逢いが運命を変える~人智を超える計らいの源~」

第6講座 7/20(水) 「真実を生きる在り方~私を最もしあわせにするための問いかけ~」

第7講座 8/10(水) 「問題失敗を恐れない生き方~問題と答えは恋人同士~」

第8講座 8/24(水)「いつでも立ち直れる生き方~レジリエンスこそ私の宝もの」

第9講座 9/7(水) 「透明な在り方はしあわせと共に在る~初女先生にさとされた大切な教え~」


感性論哲学入門講座



100年後も残って欲しい会社セミナー合宿


Ao Mo Link~赤坂~あおもり地域ビジネス交流センター


テーマ:

4月開催の第1期100年後も残ってほしい会社セミナーの特設ページが完成しました!




100年後も残ってほしい会社セミナー


新井和宏氏講演


新井先生からは特に「バランス」を重視した経営を行う大切さを教えて頂きました。


バランスについて

車の運転を例えに

目の前ばかり見ているとカーブが曲がれない、逆に先ばかり見ていると目の前の障害物に突き当たる。

近い所と遠くを見るというのは経営に例えれる。

目先の利益と遠くを見る


会社は100社100様

人が違えば全て違う。会社という人はいない。その人たちの色が出る。色が出るというのは全て異なるという事であり

どんなに素晴らしい経営者の本を見ても自分の会社に当てはまる訳がない。

つまり真似をすればいいというのは少しかんがえなけれないけないのではないか。

真似たものをそのままでいくというのは、まずうまくいったケースは殆ど無い。



儲けに来る人は寄せない お客様は選ばないといけない


何故ならその場の雰囲気を壊すから 輪の中は同じ思いを共有しなければ



 




 



 


次にアドバネクス加藤会長の講演


加藤会長からはご自身の実体験を踏まえた事例をお話し頂きました。


お客様に愛される会社を目指し、お客様に愛される会社とは

お客様の必要とするもの、サービスを、タイムリーに提供する以上のものを提供し続ける。感動を与え続ける。


精密業界のリッツカールトンを目指していきたい!


お客様に愛される会社を目指す為にも、お客様が何を欲しているのかを感じ取る事が出来るのはいつもお客様にフォーカスしている人だけ。

そうでないと気がつかない。

気がつくためには、職場でやりがいを感じている時や幸せを感じていた時。

お客様が喜ぶことを自分の喜びと出来る人の集団が100年後も残ってほしい会社ではないだろうか。


果たしてそのお客様の喜びを自分の喜びに、全社員がそうなっているにはどうするのか?


ここで大切なのは顧客満足の前に社員、従業員の幸せを先に考え実践する事。楽しくなければ最高のパフォーマンスは生まれない。社員が幸せであればお客さまの事を最優先にする。単なる満足だけではなく感動のレベルまで目指して行くと「お客様がビジネスを作ってくれる」


 



 




そして、100年企業を目指す為に


100年会社が成長し続ける為には引き継がれているものがないといけない。

それが理念、ポリシー、哲学といったものであるがどうやってそれを作って染み込まして行くのかは


「毎日の行動習慣」であり

「未来をつくるのは今の行動」である。


 



 


[metaslider id=6224]


 



参加者のアンケートから



1,このセミナーを通じて、得たかったこと、達成したかったことは何ですか?


・今後自分の会社がどんな役割、使命を持って進むべきかまた、今のメンバーが長期的にやりがいを感じて働く事が出来るか。

・自分のコンサル先の会社の長期発展に役立てるようになる。自分自身のイメージを作りたい。

・経営者としてどうあるべきか

・本物の人たちと一緒にいること。基本のシンプルで大切な事をやり続けること。楽しむこと。変化を起こすこと。

・自分が描いている未来図に自信を持つ事

・100年企業の条件から今の自分の会社と事業の礎を見直す。理念を見直しメッセージを創造する。

・今の自分、今からの自分、会員さんスタッフに対して感謝と愛を持って変化と意識、行動します。

・今自分が置かれている状況のどこに何が引き金になっているかに気づき、自ら「変わる」ことの勇気を与えて頂きたいと願い参加させて頂きました。

・社員さんと成長し続けながら幸福になっていくためにはどうすれば良いのか?という課題を解決したかったです。





2,このセミナーを通じて、何か気づきや学びはありましたか?今後に活かせそうなことがあったとしたら、それは何ですか?


・真似する訳ではないものの、講師お二人の話の中で自分だったらこうやってみる!という自分自身に当てはめて行う事のヒントを得られました。

・こうしたセミナーの場を使う事が有効であること。(経営者本人の気づきが重要であるため)

・人皆平等、ファン、社員を自分のファンにする

・人として経営者として大切なことの再確認が出来た。実績のある大活躍されている先輩方からこのお話を聞けて勇気が出ました。

・バランス経営、続ける力を自信にする。既存のマーケットに族売るより新しく定義(提案)していく会社になる。

・エゴが出たり権威的にならない様つとめます。思考が変化したと思います。心が成長したと思います。

・人と人が違う様に、会社も一社一社違う個性があり、成長の仕方、理念、歩み、全てが違うということ。だからこそ生命から湧き上がる感性に従って意思決定していく。

・まだまだ感謝が足りない事、大黒柱が傾き始めていたことに気づかせて頂きました。「理念」の整理、精査を再度図り、共有共感の得られる仲間と再スタート致します。

・命が喜ぶ仕事をするを個人スローガンとしたい。シンプルに腑に落ちました。




3,このセミナーについて自分の体験を踏まえて、誰かに紹介するとしたら自分にはどんな変化が実感出来てその人には何が得られそうだとお話ししたいですか?


・経営者自身の成長が、会社の成長を決めること

・自分が満たしたい欲求が何なのかを実感する事が出来て一緒に成長していこうという意欲が得られると話したいです。

・今まで学んできたことがより深まり自信になるよと伝えたい。

・スタッフ、講師の先生方、参加者の信頼関係。心地よく気持ちよい場です。

・世の中に貢献できる会社。社員に優しい愛のある会社になれる。

・変わらない事を大切にするために変わり続ける。今の自分を成長させるためのヒントを一流の人に聞く。そこから自分が突き抜ける視点を学ぶことができる。

・「ええかっこし」は通用しないこと「謙虚」の真の意味を体感することで、諦めずに「続ける」勇気と覚悟が得られると伝えさせて下さい。

・心の余裕が生まれた時に、自分に自信が持てる効果があることを伝えたい。

・感性経営の実践者が永久フォローしてくれるこの価値




4,全体を通して印象に残っている事(ご感想も含めて)は何ですか?


・参加者の方々と少しでも近い距離になる事が出来て良かったです。

・新井氏、加藤氏、松前氏、お三方も共通してまず共感して伝達する事を自然体でやってらっしゃると思いました。

・感じることの重要さ

・場づくりに「愛」がちりばめられていて安心の場でした。本当にありがとうございました。

・全員がファンでなく、少しの人に愛される教室をスタッフと共に共有して今より30年続ける。

・人にはじまり人に終わる、全てに愛を与え続けて行く

・スペシャルな価値を共有している講師陣にそれぞれから今必要なエッセンスを頂けました。そのプロデュースされた松前さんの人間力を改めて知ると共に夫婦愛に感銘しました。

・まだまだ私って小さいと感じながらも目指してきた道は何一つ間違っていないと実感できる場面がたくさんありました。加藤さん新井さんの「一生フォロー」にとても安堵し、明日からの勇気を頂きました。





















第1期 100年後も残って欲しい会社セミナーアンケート 第1期 100年後も残って欲しい会社セミナーアンケート 第1期 100年後も残って欲しい会社セミナーアンケート
第1期 100年後も残って欲しい会社セミナーアンケート 第1期 100年後も残って欲しい会社セミナーアンケート 第1期 100年後も残って欲しい会社セミナーアンケート
第1期 100年後も残って欲しい会社セミナーアンケート 第1期 100年後も残って欲しい会社セミナーアンケート 第1期 100年後も残って欲しい会社セミナーアンケート

 


 


 


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

~ 第二回:アオスキ主催:学ぼう会 ~


内容:青森で起業して分かった事と、これから青森で実現できるビジネスについて

講師:須藤公貴(株式会社BlackStone代表取締役)
日程:7月22日(金)
時間:18時30分~19時30分(学ぼう会)
19時30分~21時30分(そのまま飲み会)
場所:[Ao Mo Link] http://aomolinkakasaka.jp/ 東京都港区赤坂三丁目13番7号ファーストキャビン1階



会費:1,000円[学ぼう会]、4,500円[食べ飲み放題]
対象:青森出身者、青森で将来仕事しようと考えている方

【講師プロフィール】
須藤公貴(すとうこうき)
青森県黒石市出身の34歳、25歳に東京でIT企業を創業。2012年に企業売却し、2012年より地元黒石市に株式会社BlackStoneを設立。
現在は、りんご侍 https://ja.wikipedia.org/wiki/りんご侍 を立ち上げ、りんご農家の所得向上を目指しインターネット通販を展開。
今後も農家を中心としたビジネスの創造、地方が元気になるビジネスを創造予定。 第二回:アオスキ主催:学ぼう会
会社ウェブ:http://black-stone.jp/

 

当日は、
① 18時30分~19時30分「学ぼう会」
② 19時30分~21時30分「同じ会場でそのまま飲み会」
となります。

「参加予定」をクリックした方は①と②の両方に参加となります。
どちらか1つだけ参加の方は、「参加予定」をクリックした後に、
投稿欄に、「学ぼう会だけ希望」「飲み会だけ希望」をお知らせ下さい。


お申込み


 



AOsukiでは今年からメンバーから学ぼう会というのを開催しており

前回第1回は4月に青森の歴史を学ぶというのを開催しました。






そして、市町村長戸の勉強会も今年再スタートの予定で




 


 



 


 



その他様々なイベントも企画しております。










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

AoMoLink赤坂 第3回勉強会&交流会


弊社でHP制作に関わらせて頂いておりますAoMoLink赤坂毎月定例、第3水曜日開催の

AoMoLink赤坂 第3回勉強会&交流会

今回は青森市出身の株式会社ナチュラルアート 代表取締役 鈴木誠様から


チャンスはたくさんある!その中でもやっているか否かが大切。

やはりチャレンジしなければどんなにいいアイデア、企画があっても価値を生み出せない。

少し目先を変えればやれることはたくさんあって

そのアイデアや企画を価値として生み出していく事を我々が今問われており

青森はもちろん、地方活性、地方創生の先頭に立つ位の気持ちで皆さんと一緒に活動していきたい。


と熱く語って頂きました。


鈴木社長は地元も東京でのお住まいも近くで、人間的にも大変尊敬出来る方で、いつも人の心を惹く話し方、魅力を感じます。


2016年6月15日AoMoLink赤坂 第3回勉強会&交流会開催しました。


2016年6月15日AoMoLink赤坂 第3回勉強会&交流会開催しました。


2016年6月15日AoMoLink赤坂 第3回勉強会&交流会開催しました。


2016年6月15日AoMoLink赤坂 第3回勉強会&交流会開催しました。


2016年6月15日AoMoLink赤坂 第3回勉強会&交流会開催しました。


 



 


 


そして、今回参加者兼ゲストとしまして、ラメラボーテ副社長 外崎様



 


 


コノハト茶葉店(世界の茶葉専門店)代表 三宅様


2016年6月15日AoMoLink赤坂 第3回勉強会&交流会開催しました。


 


来月も第3水曜日(7月20日)に開催します。


2016年6月15日AoMoLink赤坂 第3回勉強会&交流会開催しました。


2016年6月15日AoMoLink赤坂 第3回勉強会&交流会開催しました。


 


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

100年後も残って欲しい会社セミナーの皆さんと


次回の第2回開催に向けてのMTG&お疲れ様会の開催


100年後も残って欲しい会社セミナー


100年後も残って欲しい会社セミナー


100年後も残って欲しい会社セミナー


 


鎌倉投信の新井さんとアドバネクス会長の加藤さん、マインドフルネス荻野さん、ご縁の杜リナリナさん、コーディネートに松前さん、近藤さん


先日の第1回開催の時はこんな事を教えて頂きました。


新井先生からは特に「バランス」を重視した経営を行う大切さ


バランスについて


車の運転を例えに

目の前ばかり見ているとカーブが曲がれない、逆に先ばかり見ていると目の前の障害物に突き当たる。

近い所と遠くを見るというのは経営に例えれる。

目先の利益と遠くを見る


会社は100社100様

人が違えば全て違う。会社という人はいない。その人たちの色が出る。色が出るというのは全て異なるという事であり

どんなに素晴らしい経営者の本を見ても自分の会社に当てはまる訳がない。

つまり真似をすればいいというのは少しかんがえなけれないけないのではないか。

真似たものをそのままでいくというのは、まずうまくいったケースは殆ど無い。


儲けに来る人は寄せない


お客様は選ばないといけない

何故ならその場の雰囲気を壊すから


輪の中は同じ思いを共有しなければ

普通の人が騙されない金融を作りたい。ただそれだけ


 



 



 


 


アドバネクス加藤会長


東京思風塾でもよくお会いしている加藤会長。年齢的にはお父さんの年齢にあたる方でも、心はすごく若く、尚且つ昔から東証一部の大規模な会社の中で常に社員さんの事を考えながらの経営を実践している素敵な経営者さん。


主にアドバネクスさんは精密バネの製造販売を手掛けられていて


自分がやっている仕事が何なのか?が分かる。家族とテレビで見ている時にあそこのあの機械、あの部品をお父さんが作っているんだよ!という風になかなかわかりづらくても、分かりやすい誇りが持てやすい様にマネジメントをされているのを昔から続けられている方で尊敬する経営者の方です。


 



次回は2016年の10月24,25日に開催予定です!


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第1回はお母さんがストレスを持たない様に!そしてお母さんの体を冷やさずに妊娠しやすい環境を作る


第2回は胎内記憶について、池川先生の胎内記憶との出会いから現在に至るまでそして胎内記憶で子供とお母さんの人間関係がよくなった事例を教えて頂きました。


今回は「魂の話」と育児について


輪廻転生の考えを基に生まれ変わりをお産に例えて解説頂きました。








 


 


シナリオを持って子供は産まれてくる


子供は産まれてくる前に、産まれた後に何をするかを何度も神様と相談して決めている。


決めた後にどの両親のところなら受けとめてくれるか!その親を選んで子供は産まれてくるとの事です。


ただし、そこで難しいのは子供が決める時に「起承転結」を決める際の「転」


そして、池川先生が興味を持ったのは「結」の個所。


どんな結を持っているか?


そこは共通していて「結」の個所はみんな「幸せ」が「結」になっていて、その結を基に産まれてきている。



 


シナリオは幅がすごく広い


シナリオは例えていうなら4つの命がある。

天命

使命

運命

宿命


の4つ。


それを池川先生はサッカーゲームに例えて解説頂きました。


ボールをけるときのタイミング(どこで生まれたか、誰の元に生まれたか)それが宿命


スタートはみんな違う人生


でも最後にたどり着きたいゴールは「幸せ」それが天命


ボールをどう蹴るか(どうゴールに向かうか)は運命で右に蹴っても左に蹴っても最後にたどり着くのはゴールだから何が正しいというのは無い。だからいい悪いという事を言うのではなく、常に選択をする事がゴールに向かっている(幸せに向かっている)事。そこで大切なのは自分で決める事。


他人が自分の幸せを本当に思ってくれるなら、人に人生をゆだねるのも自分の意志で決めるのであればOK。



 


子育てについて


親も子供も幸せになりたいという想いは一緒。だけど、幸せって何?を考えて示してあげないと子供は幸せが分からないまま大人になってしまう。


親と子供が同じ目線で幸せって何?の共通の認識を持っていなければ親と子供で幸せの考えにズレが生じてしまう。


よくあるのが一流大学に入る、お金持ちになるというのは条件であって愛ではないという事。あなたの存在自体が素敵だという愛を親が子供に対して示してあげる事が大切で、条件を決めて子供が幸せになる訳ではない。


頭で考える育児以上に心を通い合わせる育児が求められているのではないか



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

若獅子の学びは面白い。だけど先人達の声を聞ける場があればきっともっと面白い!

社会や歴史を織りなす経糸と緯糸は、多くの先人たちの想いを後代が受け継ぐ事で紡がれてきたもの


共に学びを深め社会に活かしていくことを目的としています。


今回は松原泰道先生


明治40年東京都生まれ。早稲田大学文学部卒業

龍源寺住職

臨済宗妙心寺派・教学部長を経て、「南無の会」会長

平成元年、第23回仏教伝道文化賞受賞

平成11年、禅文化賞受賞

平成21年7月29日遷化



昭和47年出版の「般若心経入門」(祥伝社刊)は記録的ベストセラーとなり、第一次仏教書ブームのきっかけを作った。

その著書は百冊を超える。


経緯会経緯会


前回の若獅子の会は、最近は懇親会からの参加ですが


参加者数も多くなってきており、大変盛り上がっている実感があります。


1. 日時 6月11日(土) 

 ◼︎勉強会 15:00-18:30(開場14:30 着席14:50)  

 ◼︎懇親会 18:45-21:30頃


2.会場

◼︎勉強会

ナチュラック溜池山王 2階 (溜池山王駅 11番出口 徒歩1分)

http://goo.gl/MoehY3

※会場は致知出版社から上記会場へ変更いたしました。

◼︎懇親会

DO-ZO 赤坂Bizタワー店

http://www.koujigura.jp/shop/do-zo-赤坂bizタワー店/


3.持ち物

(1) 『致知』2016年6月号

(2) 書籍『大学を素読する』

(3) 課題感想文 2部(自分用+提出用)

※課題感想文に関しては以下のgoogleフォームをご確認ください。

http://goo.gl/forms/oylPXn7AXlnYrrPL2


4.会費 

◼︎勉強会:500円

◼︎懇親会:4,000円程度


5.出欠のご連絡

出欠のご連絡は以下のgoogleフォームよりお知らせ願います。

http://goo.gl/forms/oylPXn7AXlnYrrPL2


6.その他

<参加資格>

35歳以下の『致知』読者

※初参加の方は『致知』未購読でも構いません。

課題記事データをお送りしますので事務局(kantowakajishi@gmail.com)までご連絡ください。

<服装>

服装は、硬すぎず緩すぎないオフィスカジュアルでの参加を推奨いたします。


毎回こちらをみんなで唱和してからスタートしております。


大学の道は

明徳を明らかにするにあり

民に親しむにあり

至善(しぜん)に止(とど)まるにあり


大学の『三綱領(さんこうりょう)』

『大学』における大切な「三つの柱」とされています。


三綱領

・明明徳(生まれ持っている資質)

・親民(実行していく)

・止至善(最高の状態をキープし続ける)



私達は微力ではあるが無力ではない。

それぞれが意識を持って立てた志、意欲に共感するのであれば

自分の志がたっていなくても、それに対して自分の与えられた環境の中で頑張っていこう。


日々の積み重ねの中で絶対大きなものになっていく。

必要となる時代が来る。

自分が発信する側ではないという謙遜する事なく、自分が学んできた事を迷っている人がいれば

分りやすい言葉で伝える所まで学んでいこうと。


歴史観、国家観、仕事観、人生観を学んで発信出来る人間になっていこう!








いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は思風先生が6月2日に74歳の誕生日を迎えられた事もあり東京思風塾の皆さまと先生のお祝いを開催しました。





今回の東京思風塾のテーマは


「愛の実力を育む 感性論哲学愛の実力論」


何故世の中に、そして全世界的に人間関係が崩れているのか?

愛が大切という人は多くても隣人との関係に悩むのか?


思風先生からは3つの原因があると教えて頂きました。



  1. 愛の欠如

  2. 身勝手な愛

  3. 愛の未熟さ


1、愛の欠如とは何なのか?


相手に対する思いやり、そして心遣いや相手の立場の配慮


正論をふりかざしても、そこに心が無ければただただ人を責めるだけにつながってしまう。

直接的に問題点を指摘する事において、思いやり、心遣い、配慮が無ければ理性的な考えで物事を見てしまう事に問題がある。

それは会社の中でも家庭の中でも多々見られる事で、日々の日常において相手の気持ち、思いやりを持つには感情的にならずに常にそういう心構えが出来る訓練(努力)によって持つ力が磨かれる。


2、身勝手な愛


自己中心的な愛 愛しているつもりの愛


例えば親は子供を愛しているが子供がそれを感じていない。子供が求める愛と親が与える愛にすれ違いがあり、伝わっていない。夫婦関係、親子関係、会社関係にも多い



 


3、愛の未熟さ


愛というのは基本的に求める愛から与える愛に成長していく。中にはいつまでも、一生愛を求める続けている人もいる。本当の愛というのは小さい頃は求めるものでも、年を重ねるにあたって、子供が親になり子を持ち、子供の為に!見返りを求めない与えつくす愛


その様に成長していく。


「愛される喜びから愛する喜びへ」


 


そして人類の崩壊の原因を哲学的に考えていくと本質的な原因は


・我々が信じて愛してやまない民主主義社会というのが人間関係を崩壊させている事に気がつかないといけない

民主主義社会というのは全ての人間が基本的人権があるという考え

権利の主張のバランスが取れた所で契約を主にして行うのが民主主義社会の基本原理(契約社会)


権利を主張して自分を守ろうとする所に

義務を果たさずに権利を主張するという事になるのが間違いであるがそういう傾向性にある。


義務を出来るだけ果たさない努力をし権利は限りなく主張するという

義務を果たした人間にしか権利が無いのが本来あるべき姿である。


なぜ権利を主張する人が多いのか

封建的な中世の時代から脱却しようとしていたかの歴史的な背景から

封建的な時代において求められるのが義務的身分制度などから脱却しにくいから権利を主張して民主主義社会が生まれた。

※封建的(個人の自由・権利よりも上下の人間関係を重んずるさまや,上の者が下の者に対して強圧的であるさまなどをいう)


義務を果たしていれば民主主義は成り立つが、問題は「義務を人を責める道具に使っている。」事



 


経営の視点から


経営理念を掲げる事も多いが経営理念だけでは本当に会社の価値を創り、仕事への自信を創り出すにはまだまだ。

経営の本質は何なのか?のところからスタートしないといけない。本質と理念が結びついてこそ、柱が出来、ぶれない信念が確立される。


経営理念を掲げる、語るだけではなく本質から考えて結合していく。


経営、経済の本質から紐解いていかないと経営理念の根拠に結びつける事ができない。

「会社の前に経営の本質はこうだ!こうあるべきだ!」

から

「自社の経営理念はこうであるべきだ!」


という順番で

誰かが掲げているものを自社に応用するという事ではなく

例えば、経営が社会や人を幸せにするものであれば

それを根拠に本質の幸せにするという視点から自社が提供可能な事に合わせて

人を育てる事なのか、商品に価値をもたらせる事なのか?



それによって世の中や人が幸せになるか?という視点で考えていく事が大切


















 


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は初参加の方と当日誕生日の方がいて記念すべき日となりました。








講座の方では大局的な見地から、日常生活にどう活かしていくかを解説頂きました。


哲学を勉強する意味はどんな意味があるのか?


感性論哲学では「問う」事である。


問う事が哲学をするという事であり


問わないと葛藤が起こらない。


葛藤を避けると

感性が劣化する。


葛藤が無いというのは対立を避ける事ともいえる。しかし対立を避けるというのは

自分の主義主張が無くて流される事にもなる。


自分が何かしたい事が見つかる、見つけるのも大切



 


人間性が高い人とはどんな人なのか?


人間性が高いというのは価値への情熱を持っている人!


どれだけの価値を持っているか?

価値を素晴らしいというのを見出していく事が出来る人


今使っている商品やプロジェクトに

意味と価値を分かっている人にとって、そして伝えれる事の情熱を持っているか


それを持っている人が人間性の高い人と感性論哲学では定義している。


普段何気に生活をしていると

自分にとって幸せは何だろう?と考える事自体が少ない。

感性論哲学においては

問う事もなしに過ごしてしまうのはもったいない。


 



 


真実の自分について


真実の自分は問わないと出てこない。

私の事を幸せにする生き方とは何か?


人生の3つの問い

どんな人間になりたいか

どんな仕事をしたいか

どんな生活をしたいか


いくつになっても問い続ける事が大切


 



 


※次回は8月3日(水)の開催となります。


2016年第4回感性論哲学入門講座


日時:8月3日(水)18時30分~20時30分


場所:アイウィルビーセミナールーム


東京都目黒区八雲2丁目15-16



感性論哲学入門講座


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

池川明先生、愛の子育て塾8期開催決まりました。



「胎内記憶」の第一人者、池川明先生による少人数の愛の子育て塾開講です。


【愛の子育て塾第7期】

第1講座2016年7月21日(木)

第2講座2016年8月25日(木)

第3講座2016年10月6日(木)


募集 12名


対象

・妊産婦の方

・育児中のママ

・子育て中のママ

・妊活中の女性

・池川明流子育て法を知りたい方

・胎内記憶について学びたい方

・将来の妊娠やお産についてちゃんと知っておきたいカップル

・ママと一緒に学びたいパパ

・愛の子育てママを育てたい子育て経験ママ


特徴

・少人数のため池川明先生と近い距離感で学べる

・参加者同士の自然なつながりが生まれる

・講義の途中でも個人的質問も可能な場です。

・修了後も交流会や体験会に参加できます(参加自由)

・池川明先生から幸せなお産情報愛の子育て情報を随時提供します。



~池川明先生からのメッセージ~

現在社会ではストレスを多く抱え、生きづらいと考える人が増えています。自尊感情の欠如、生きていく力が出ないなどこれらの原因のかなりの部分は妊娠出産時期の母親と胎児~子どもとの関係性で規定されてしまいます。古くからそのようなことは指摘されていますが、お産を扱う産科医療の現場では全く顧みられることがありません。ならば出産する人、その周囲の人がそのような知識を持つことが重要であると考えます。しかし知識だけでは行動変容が置きにくいことが大きな問題です。ところが『胎内記憶』を知ることで妊婦さんの行動変容は大きく変わり、妊娠・出産に大きな変化が起き、その結果として育児が楽しくなるなどの事例が増えています。今回は『胎内記憶』から考えられる妊娠・出産・育児を通しての世界観を、少人数の方と膝を交える距離間で交流し合う塾になればと期待しています。


~池川明先生プロフィール~

帝京大学医学部大学院卒。医学博士。1989年横浜市に産婦人科の池川クリニックを開設。年間約100件の出産を扱い現在に至る。2001年9月『胎内記憶』について発表し、それが新聞で紹介され話題となる。現在お産を通して豊かな人生を送ることができるようになることを目指し講演活動をしている。「胎内記憶」「ママのおなかをえらんできたよ」など多数の著書がある。



塾費 ¥29,000円(全3回コース・税込)懇親会参加時は別途¥1,000円を頂いております。



申し込み










 


 


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

佐藤初女先生追悼記念講演会


「自然の恵みから得られる食、健康、幸せ」


初女先生追悼記念講演会


【講師】

有限会社ブルーベリーフィールズ紀伊国屋 代表取締役社長 岩田康子様


1948年京都府生まれ。1984年、当時近畿圏では誰も取り組んでいなかったブルーベリーの栽培を琵琶湖を見下ろす丘陵で新規就農者として開始しました。

自然の恵みから得られる幸せを感じてもらいたいと、ブルーベリー摘み取り体験やお米のかまど炊き体験など幅広い活動に取り組んでいます。

また、生産者として、安心して食べてもらえるものを提供したいという思いで、化学農薬を使用せず2002年には有機農業の畑としてJASの認証を受けています。


主催者メッセージ

2月1日に、佐藤初女さんが逝去されました。佐藤初女さんは、弱い人、病んでいる人、心に苦しみを抱えている人を無条件に受け入れて、寄り添って、おいしいものを食べさせて、癒しを祈り、共にあるというそういう奉仕を障害し続けた方です。

また、母のぬくもり倶楽部が発足した時に、記念講演をこころよく引き受けて下さったのも佐藤初女先生でした。以来3年連続で宇都宮にお越し下さいました。私は5年前からのお付き合いで、何度もお会いしましたが、会うたびに「母のぬくもり倶楽部はいい活動をしてますね。」みたいな話をよくいただきました。

2015年初夏に、森のイスキアへ伺わせて頂いた事が何よりもおおきな宝物となり、丁寧に生きること、人を受け入れて寄り添うこと、共感することの大切さを学ぶこともできました。皆様と共に天に召された佐藤初女さんの平安を祈りたいと思います。

今回の追悼講演会は、佐藤初女さんを深く尊敬され、滋賀県で講演会やおむすび会を主催されておりました、岩田康子さんをお招きしました。彼女がブルーベリーとともに歩いてきた壮絶な人生を拝聴し、佐藤初女さんを偲びたいと思います。



岩田康子先生の講演から冒頭初女先生について語っていただきました。



母のぬくもり倶楽部 佐藤初女先生追悼記念講演会✨『自然の恵みから得られる 食、健康、幸せ』


母のぬくもり倶楽部 佐藤初女先生追悼記念講演会✨『自然の恵みから得られる 食、健康、幸せ』


母のぬくもり倶楽部 佐藤初女先生追悼記念講演会✨『自然の恵みから得られる 食、健康、幸せ』


母のぬくもり倶楽部 佐藤初女先生追悼記念講演会✨『自然の恵みから得られる 食、健康、幸せ』


母のぬくもり倶楽部 佐藤初女先生追悼記念講演会✨『自然の恵みから得られる 食、健康、幸せ』


 


初女先生は2015年の出版記念講演会での関わりから






 




 



 


先月東京で開催した偲ぶ会 での透明な在り方フォーラムメンバーでの集い


透明な在り方フォーラム


透明な在り方フォーラム


 


「透明な在り方」とは


「透明な在り方」とは、「透明感のある在り方」と「存在感のある在り方」を併せ持つ在り方のことを言います。

すなわち、佐藤初女先生は、限りなく透明感を持ちながら凛とした存在感をもっていらっしゃる。その在り方こそ「透明な在り方」を体現されているお姿


透明な在り方フォーラム


2010年11月 森のイスキアの佐藤初女先生の在り方にヒントを得て名付 けられ、新しい時代を生きる人間の在り方として「透明な 在り方」を模索する勉強会として発足した。これまで映画 「生まれる」上映を始め池川明先生講演会や佐藤初女先生 のお料理講習会などを開催してきた。今春、佐藤初女先生 の新刊「限りなく透明に凜として生きる」出版記念講演会 を共催するなど、ささやかだけれど、ぬくもりのある活動 を続けています。


初女先生から学ばせて頂いたのは「身近なもの、身近な人を大切にする事!」



そして、「今を生きる」



初女先生は「言葉を超えた行動が魂に響く」をモットーにされていらっしゃいます。



今を生きるで生きていて、そこで何があってもまた切り替えていくから、後悔はない



との事で、まずは目の前のことを精一杯やって生きていきましょう。希望や夢などいいことを考えてまっぐに進まないよりも、もっと心を向けて生きたい。今、このときを感謝しながら真実に生きていると、必ず目的に通じます。



芯の通った言葉であり、且つその中でも優しさ溢れるお方でもあります。



そんな初女先生と幼少期から、青森市の同じ場所で同じ風景を見ていたのだと思うと、不思議なご縁を感じます。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。