恵比寿で働くビジネスマンのブログ

アライドアーキテクツで「イベントキュレーションアプリ watav」のディレクターをしています。2016年はこの事業の勝負年!

2014年8月からアライドアーキテクツにいます。新規事業やらなんやらといろんなことを楽しくやってます。

テーマ:
少し時間ができたので久しぶりに「情熱大陸」と「プロフェッショナル 仕事の流儀」をチェック。たまたま観たものがテーマは違えど、教訓は同じだった。

■情熱大陸
近藤麻理恵 片づけコンサルタント
http://www.mbs.jp/jounetsu/2015/12_27.shtml

■プロフェッショナル 仕事の流儀
新津春子 ビル清掃
http://www.nhk.or.jp/professional/2015/0601/

正直、「片づけ」も「清掃」も普通に考えたら日常的なこと。でも、それを徹して追求した先にはとても大きな実りがある。今、自分がやっていることなんて大したことないと思うか、この先に何かある!と信じて突き進めるかは紙一重。

だけれども、そこには大きな差があるんだというのをこのふたつの番組を通じて感じる。さあ、2016年。私も自分を信じて貫き通せるか?
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
マイクロソフト Universal Mobile Keyboard

3月6日、日本発売したので早速買ってみました。

最近、外出が多くてメールがたまるばかり。5分でも時間があったら
メールチェックをしたいのですがパソコンだとわざわざWiFiルータに
つながないといけないし、荷物になる。

かといってスマートフォンだと見ることはできても返信をするのが
面倒くさい。という流れからモバイルキーボードを使ってみようと。





iPhone5sだと小さすぎるのでGALAXY S5を想定して。
大きさ的にはちょうどiPhone6と同じくらいでしょうか?

ちまたではiPhone6+がちょうどいいという意見が多いですね。
iPad miniもつないでみましたが、大きさ的には確かに大きければ
大きいほどいいと思いますが、それならパソコンのほうが圧倒的によい。笑





ということで、やはり持ち運び性を考えたら画面が少し大きめの
スマートフォンがちょうどいいですね。ちなみにキーボードと画面を
ホールドしている部分は分割できますので画面を適度な距離に離せます。



GALAXY s5をセッティングするとこんな感じです。
何だかこじんまりとしてますが、evernoteとgmailを
使ってみましたがとても良い感じ。これから外出先で
さっとメールの返信ができそう。

とはいえ、細かいところで気になったところを!

1.キーボード表示
これはGALAXYの問題または設定の問題だと思いますが
タイピングを始めるとサジェスト機能で候補が出てくると
画面が上がったり、下がったりするので目がチカチカする。
 ※これを回避できる設定方法があれば是非教えてください。

2.ショートカットキーが使いづらい
パソコンでマウスを使わずに操作することに慣れているので
ついついショートカットキーを使いたくなるのですがやはりそこは
スマートフォン。うまく使いこなせません。笑

大前提がタッチパネル操作なので画面とキーボードを
行ったり来たりしないといけないんですね。まあ、これは仕方ない。
 ※ちなみにAndroidのgmailアプリでショートカットキーを使いたい
  のですが使い方知っている方がいたら教えてください。

3.意外と重い
6ヶ月間充電しなくても使える!(内臓電池なので充電式)
というのが売りなのでそれなりの電池を搭載しているので
大きさと見ため以上に重量感を感じます。

でも、社内のちょっとした会議のときも活躍しそう!
また使いながら気になるところや思わぬ使い方を見つけたら
続編を書いてみます。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、いろんな人から

 「いろんなことを知ってるけど、どうやって情報召集してるんですか?」

と聞かれます。実は、この5年ほど新聞を読んだことがありません。
テレビもほとんど見ません。ネットのニュースもちょこちょこしか
みません。

唯一の情報源は「ラジオ」くらいでしょうか?笑

でも、何一つ不自由しませんね。どうしても知らなければいけないことは
多少の時差はあってもどこから漏れ伝わってきますからね。

この10年の間にわれわれが触れる情報量は「800倍」以上になったと
言われていますが、そもそもそんな情報を裁ききれるわけないです。

以前読んだ「スパークする思考」という本の著者 内田和成は

 戦略とは捨てることなり

と言っていましたが、それに習って僕は

 情報とは捨てることなり

だと思っています。じゃ~、何もしてないかというとそんなことはなく
本だけはしっかりと読んでいます。自分が必要だと思う情報は同じカテゴリ
のものを3~5冊くらい一気に読んで情報整理します。

新聞やテレビみたいなリアルタイムメディアと違って、じっくりと検証された
後に出版物として出てきますので整理されてますし、無駄なものもありません。

その代わり「偏り」がある場合がありますので視点の違う著者の本を読んで
比較検討することが大事なので複数読むようにしています。

みなさんも勇気を持って「情報を捨てる」ことされてみてはいかがですか?
ちなみに僕は5年前まで

 新聞4誌/雑誌3誌

読んでいましたが一気に捨てても何も不自由しませんでしたよ。笑

スパークする思考  右脳発想の独創力 (角川oneテーマ21)
内田 和成
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 97,314

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
なんかの本で「日記をつけるのがよい」と書いてあったのを思い出して
evernoteで日記を書いていたら、ブログのことを思い出したので再開しました。笑

1月からまた「本部長」に戻ったのでタイトルも変えて!


そういえば、もう1年以上前に書いた記事なのに結構面白いと今でも言われるので

■@cosmeで培った女性をマネージメントする10の極意
 http://ameblo.jp/web-marke/theme-10074658158.html
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっと間があいてしまいました。でも、「あのコラム読んでますよ!」と言われると内容を気にしたり、変に伝わってないだろうか?と無駄に気を使って筆がなかなか進まなくなるものですね。。。。笑

さて、前回は「働くスタンスを汲み取ろう」と少々抽象的な内容でしたが、今回は

 「私は男性っぽい」にだまされてはいけない

とかなり具体的な内容です。笑

はじめの頃、この言葉でかなり苦労しました。以前、少し書きましたが男性のマネージメントであれば、「やっておいて!」と少々粗くても通じますが、女性の場合はやはり少し気を使ってしまうものです。

と、こんなことを書いたり言ったりすると

 「私はそんなことないですよ。サバサバしているほうなので男性と同じ感じで
  大丈夫ですよ!(むしろ、同じにして欲しいんですけど。[心の中で])」

という返事がきます。まさにこれです!笑

 「ほお~。そうなんだ!それなら意外と楽かも」

と気楽に思っていたんですね。そもそも「男っぽい」とか「サバサバしている」とは女性特有の「噂好き」だったり「粘着質」ではありませんということを意味しています。でも、この考え方を100%男性と同じと捉えてはいけません。

確かに、「ザ・女性」的な方に比べれば間違いなくサバサバしていますが、100%ではありません。必ず女性的な側面を持ち合わせています。(僕が考える典型的な女性的な側面とは「結論が見えないことを嫌がる」「突発的に話のネタが変わる」「感情的になる」などです。)

なので、こういう面がないと思い込んではいけません。多かれ少なかれ必ず「女性的側面」を持っていることを理解しておくことが大事です。表現が荒っぽくなりますが「私は男性的です」という言葉に騙されないようにしましょう!笑(表現に気を付けながら書くととても回りくどくなりますが。。。笑 でも、こうやって残る文章は本当に本当に注意しながら書かないと誤解を生みますからね!)

まあ、男性にも似たような側面はありますのでお互い様?ですかね!笑
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
前回は流行りに便乗して「半沢直樹に学ぶ女性マネージメントの極意」でした。
一度失敗すると奈落の底に突き落とされるので要注意!なんて話しでした。
今日は以前書いた「で、どうしたいの?」は禁句の続編的な内容です。

■常に「上昇志向」が原則の男たち
男性の視点で考えてみましょう。仕事をしている限り、出世して偉くなりたいと思うのが普通です。課長、部長くらいにはなりたいな。あわよくば役員。さらに欲を言えば社長。養うべき存在もいますから給料もできる限り多くもらいたい。自然な流れですね。(この考えももしかしたらうちみたいなベンチャー企業に限られるのかもしれませんね。笑)

■楽しく働けることが大事?
では、女性の視点で考えてみましょう。どうやら全員が全員「出世」をしたいと思っているわけではなさそうです。多くの会社で『評価制度』を導入するにあたり「目標設定」をしていると思います。うちの会社でも半期に一度「目標設定」をしており毎回面談もしています。

そのときに「将来、どんなことしたいの?」という質問をしていた時期があります。キャリア志向でいろんなことをしたいと思っている女性だと将来について熱心に語ってくれます。はじめの頃は、気が付かなかったのですが何度かやっているうちにこの質問をすると戸惑いながら曖昧な返事で終わることに!?決定的だったのは

 「別にやりたいことはありません。
  楽しく仕事できたらそれでいいんです。だから、誰と働くかが大事なんです。」

と言われたとき、こういう考え方もあるんだ!とびっくりしたものです。

■必ずしも「出世」したいわけではない
どうしても男性的な考え方だと、変化や刺激を求めていると思いがちですが、女性には仕事内容は同じでも、むしろ「働く環境」を大事にしたいと感じている人も少なくないのです。

だから、女性マネージメントをする上では「上昇」という観点ではなく「現状維持」という考え方も持っていなければいけないのです。全員が全員出世したいと思っているわけではないので「仕事に何を求めているのか?」をしっかりと聞きだすことが大事です。

それ以降は「仕事する上で大事なこと何ですか?」と聞くようにしています。
次回は「「私は男性っぽい」にだまされるな!」です。笑

今日の極意
 仕事に何を求めているかを知ろう!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
■ドラマ「半沢直樹」の流行りにあやかる!
40%を超える驚異的な視聴率で幕を閉じた、ドラマ「半沢直樹」。書店ではいまだに半沢直樹コーナーありますね。そんな半沢効果があるうちに僕も流行りに乗ってこんな記事を書いてみます!笑

改めて、ドラマ「半沢直樹」についておさらいです。
エリートサラリーマンの代表格「銀行員」がモデルです。その中でも「融資担当」はエリートコースの最前線。主人公「半沢直樹」のびっくりするような『やられたらやり返す!倍返しだ!!』という発言を中心に巻き起こる様々な人間ドラマが半端なく面白い。でも、銀行員の友達に聞いたところ多少の脚色はあれ、かなり忠実に描かれていたそうです。

■失敗 → 出向=島流し。。。
『部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任』

というセリフがありましたが、銀行員は『いかに失敗しない』ように、巻き込まれないように生きていくかが将来のキャリアを決定づけます。どんな小さな失敗でもした瞬間に「出向=島流し」にされてしまうからです。

女性のマネージメントも似ています。(また怒らせそう。。。汗)
一度、コミュニケーションの歯車が狂い始めたらあっという間に「島流し」です。笑 女性の『情報伝播力』は半端ありません。さらに「噂」というものは広がれば広がるほど「尾ひれ」が付きますから社内ネットワークを経由して広まったころには。。。社内だけならまだしも、気が付いたら社外まで!?汗 そうなったら致命的です。今日まで「良い人」だったのに、明日には「嫌な人」に早変わりです!

■「あのときこうしていれば!」と後悔しないために!
同じように女性向けサービスを提供している会社の社長さんから

「同じ業界の女性とはお付き合いしません。だって、原因は何であれ別れたあとが
大変になるので。。。もう二度とあんな思いは。。。涙」

というお話しをされていました。とてもわかりやすい事例ですが恋愛だけではなく仕事上でも同じが起きます。ですので、女性マネージメントをするときは「次がある」と思って挑むのではなく「今が全て」と思って接しましょう!「あとでどうにかなる!」という安易な気持ちでいると大ヤケドします。笑

今回は全体論的なお話しでした。つまり、「地雷」を踏まないようにしましょう!ということですね。笑 次回は「仕事に求めているものを見極める」についてです!

今日の極意
 女性マネージメントに「次」は期待しないこと!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
■極意の復習
伝えたいのではなく、聞いて欲しい!
忍耐強く、話しを聞こう!

「で、どうしたいの?」と言いたいのをぐっと堪えて、話しを聞きましょう!というのが前回の極意でした。さて、話を聞く「心の準備」は出来ました。では、「体の準備」はできましたか?笑

■「耳」だけじゃだめ!
女:「近藤さん、少しお時間よろしいでしょうか?」
男:「はい、いいよ!」

上司はパソコンでメールの返信をしていたところです。ごくありふれた光景ですね。そのとき、あなたの『手の動き』と『目線』はどうなっているか思い返してみましょう!

おそらく、目線はパソコンに向かって手を動かしたままの状態ではありませんか?「はっ!」と思った方、そもそもどんな状態だったかも想像できない方は要注意です!「話しを聞く」といってもただ耳だけ傾けているだけではダメです。

■聞いている振りは逆効果!
つい、何かしながら話しを聞きがち。でも、それでは女性の心を捕えることはできません!笑 なぜなら、『話しを聞いてくれる=私のことをちゃんと見てくれている』ということまでがセットなんです。じ~っと顔を見つめなさい!ということではなく、真剣に私と向き合ってくれているのか?ということが問われているんです。

女性の部下から話しかけているのに、話しかけられている男性は別のことをしててまるで独り言?というくらい知らんぷりしている人見かけたことありませんか?それか話しを聞いている振りの「うん、うん。」という曖昧な相槌。。。笑

それでは、せっかく話しを聞いている(ふり?)なのに逆効果です!これは女性とのコミュニケーションに限ったことではありませんが、特に女性の場合には大事な要素です。(男性の部下の方で「おい!聞いてるのか!」と心の中で思っている方もいらっしゃると思います。笑)

■伝わっている「はず」は伝わっていない!
もちろん、どうしても手が離せないこともあります。そんなときでも
 「ごめん、ちょっと手が離せないから待ってもらってもいいかな?」
 「作業しながらでもいいかなあ?」
と断りを入れることがポイントです。言わなくても伝わっている「はず」というのはとても危険な行動です。

恋愛でも男性は「愛している」なんて言わなくても伝わっているはず!と言いますがそれでも「言って欲しい」というのが女性の心理なのです。(と、書いていますが僕も。。。笑)ということで、手を止めて、話しを聞きましょう!そして、「で、どうしたいの?」は禁句ですよ。笑

次回は「半沢直樹に学ぶ、女性マネージメントの極意」です!
視聴率40%超えの近年まれにみる大ヒットドラマの中からも学ぶことがあったのか!?笑

【今日の極意】
 手を休めて、しっかりと向き合って話しを聞こう!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
【@cosmeで培った女性をマネージメントする10の極意】「で、どうしたいの?」は禁句

結論の見えない話しをされるとついつい言いたくなる「で、どうしたいの?」は『禁句』でしたね。笑 でも、なぜ女性は「結論のない」ような話し方をするのでしょうか?

■実は「話しながら整理している」
一見、脈略のないような話し方をしているようなのですが、本人頭の中では話しながら整理が着々と進んでいます。だから、整理中に突然脇から「で、どうしたいの?」と言われると思考停止してしまいます。

例えるならば、計算機で必死になって計算をしている最中に「で、計算結果は?」と言われると、どこまで計算したのかわからなくなり「うんもぉ~!!!」と頭をかきむしるようなイメージでしょうか?笑

■何もせずに聞いていたら!?
こんな偉そうに書いていますが、はじめのころは僕もすぐに「で、どうしたいの?」と言ってました。笑 ある日、メンバーの女性から「イイから、最後まで話を聞いてください!」と言われて最後まで辛抱強く話しを聞いていたら面白い結末に!?

マシンガンのようにがあ~っと話していると思ったら、ぴたっと止まり、

 「あっ。大丈夫です。解決しました!」

といって去っていくではありませんか!?えっ!?どういうこと?もはや理解不能ですよ。だって自己完結しちゃったんですよ!そのとき分かったんです!「伝えたいこと」はあるのですがそれ以上にただただ自分の話しを聞いてもらいたいんだ!

それからは忍耐強く『気持ち良く話せる環境』を作ることに徹してきました。でも、簡単なようでこれこそ一番難しいことです。だって、ついつい「で、どうしたいの?」って聞きたくなっちゃいますからね。笑

■女性マネージメントは「忍耐力」が命?
凄腕の営業マンなどコミュニケーションのうまい方は『聞き上手』と言いますよね?このことは「女性マネージメント」においてもあてはまることです。というよりもこれこそが一番大事なことです。自分が話す以上に『忍耐強く』部下の話しを「聞く」!

こうなると別に「女性マネージメント」だけではなく、どんなマネージメントでも一緒じゃないか?ってことになりますよね?「話しを聞く」なんてやってますわ!と言われる方、たくさんいらっしゃいますよね?

では、思い返してみてください。「聞くときの姿勢」まで気を使っていますか?
次回は「あなたの聞く姿勢、問われています!」について書いてみようと思います!

【今日の極意】
 忍耐強く、話しを聞こう!


追伸
社内のメンバーにも意外と読まれているらしい。。。
何だかここまで書くと完全にネタバレで「あ~、これはこういうことか!」ってなりそうで怖い。。。笑
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
【@cosmeで培った女性をマネージメントする10の極意】はじめてのマネージメント失敗談

前回は僕の失敗談でした。
今回からいよいよ本題へと入っていきます!笑

■「男」と「女」の違いを知る
昔、「話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く」という本がベストセラーになりましたね。同じ人間でも「男」と「女」では考え方が違う!その違いを理解すればもっとハッピーになる!という内容でした。

そうなんです!女性をマネージメントする上で絶対的に必要なのは「男」と「女」は違うということを本質的に理解することから始まるのです。こんなことを書くと「男女は平等でなければいけない!」なんて怒り出しそうな方もいそうですが、能力や身体的な違いではなく、物事を考えるアプローチが違うということを理解しましょう!

前回、僕の失敗談の中でも書きましたが「女性の気持ちを知っている」のと「男と女の違いを知っている」のは似て非なるものです。笑 なので、僕はその違いを理解できていなかったのではじめに大きな苦労をするのです。

■男は「答えがほしい」 女は「答えが欲しいわけではない」
まず、「男」とはなんぞや?(女性の皆さんは、「男」とはそういう生き物なのか!ということをご理解ください。笑)男性は「ロジカル=合理的」に考え、何でも答え(=オチ)がないと気が済みません。なので、答えのない話しが続くと「イライラ」してきてきます。

一方、女性は「エモーショナル=感情的」に考えています。イイ意味で本能的に生きているんですね!そう考えると男なんてつまらない生き方をしているんです。笑 (「私は感情では動かない!」と言われる女性もいらっしゃると思いますが、あくまでも全体論だと思ってご勘弁ください。もう少し先の回で『私は違う!』についても書いてみようと思います。)

■相談だと思ったのに。。。
男性諸君、女性と話しているときにこんなシーンに出くわしたことはありませんか?笑

女:「課長、ちょっといいですか?」
男:「いいよ。」

女:「実はですね、Aさんにこの仕事をお願いしたのですがそれはできないといってまして、それで代わりにやると言ったら、僕がやるからと言ってまして(中略)それとBさんが」
男:「それで、僕に何をして欲しいの?」

相談だと思って聞いていたのに気が付いたら少しずつ違う話しになっている。さらに何か課題があることはわかるのだが、自分に何を求められているのかが見えずに「イライラ」。

■言ってはいけない一言を。。。
そして、ついつい言ってしまうが

 「で、どうして欲しいの?」「どうしたいの?」

言いたくなりますよね!わかります、その気持ち。僕もこの言葉を何度も発してました。でも、ある日この言葉が「地雷」だということに気が付くのです。。。

女性は困ったことや気になることがあると話しているうちに「感情のスイッチ」が入ります。そうなると「整理する」ことよりも「伝えたい」という気持ちが先行します。なので男性からすると整理されていないので話しがあっちこっちに飛んで何を伝えたいのかがわからなくなります。
では、なんでこういうことになるんでしょうかねえ?男性同士なら「でさあ、お前何かしたいの?ちゃんと整理しろ!」と言えば、言われた側も「あっ!」と気が付いて整理し始めます。でも、男性と女性ではこういう訳にはいきませんよね?

そこについては次回!
「女性は何かを伝えたいのではなく、話しを聞いて欲しいだけ?」

■今日の極意
 「で、どうしたいの?」は禁句
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。