インターネットfaxが便利なのは何となく分かってきたけど、


実際どんな時に利用するのが便利に利用することができるのか


気になるところではないでしょうか?

送受信無料などのサービスを選ぶと、

より一層便利な使い方ができると思いますよ。





いくつかの便利な利用方法を考えてみました。


FAX 利用方法1 FAX


学校や町内会の役員になってしまった!ガーン



1年間だけだけど、会員全員にファックスで連絡事項を送信しないといけない。

メールや今流行のLINEだと扱えない人も多いし、

全員のメールアドレスを登録するのは大変だから、

ファックスが便利なんだけど、

自宅にファックスがない・・・ダウンダウン

わざわざ専用回線を引いて、ファックスの器械を買うのもなぁ



1年間だけなど、ファックスの必要な期間が決まっている

こんな時に助かるのがインターネットファックスです。!!


アドレス帳で連絡先を管理できるので、

グループに全員の連絡先をまとめておいて、

パソコンやスマホで内容を作成して、

印刷せずにインターネットファックスを使って一斉送信しちゃいましょう!




送った内容はデーターとして管理できるので、

印刷する手間も用紙も必要ありません。



相手から返信のファックスが入った場合でも、

パソコンやスマートフォンで確認することができますので、


自宅のファックスの前に待機していなくても、

仕事中や外出先で受け取って、

すぐに電話で連絡を取ることも可能です。




FAX 利用方法2 FAX



会社の事業所を増やす予定


本格的に開設作業が終わるまでの臨時の連絡先用ファックスが欲しい



こんな時、市外局番が選べるインターネットファックスなら、





FAX 利用方法3 FAX

イベントを企画していて、参加応募や質問などをファックスで受ける予定だが、
期間は1ヵ月なので、できればファックスの機械は購入しないで運営したい。



1ヵ月しか期間がないのに、


専用回線を引くための工事費、


解約した際の工事費、

残ってしまう使わなくなったファックスの機械・・・ガーン


こういう時こそインターネットファックスが便利です。

例えばefaxだと30日間無料トライアルがあるので、

イベント初日に開設して、


30日間利用して閉鎖するという利用方法も可能なんです。



開設も数分の申し込みフォームの入力で即使用開始できますし、

閉鎖も電話1本で可能なので、

工事の順番を待つこともなく、

スムーズにファックスの利用を進めることができます。




受け取ったファックスの内容はデーターとして管理できるので、
受信した紙があふれることもありません。



イベントの参加者に同じ内容を送りたい時は、

アドレス帳を使用して、一斉送信を行えるので、
何度もファックスを送り直す手間も省けるんです。




事務所新設場所の市外局番のファックス番号を、

別の事業所で送受信することが可能です。ニコニコ



事務所が正式に開設すれば、

ファックスは複合機の使用が決まっているので、

数か月の準備期間だけにファックス専用機を購入して仮設の事務所を作り・・・

回線の工事や月額使用料などを考えると、

インターネットファックスを利用すれば、

経費削減に繋がりますよねビックリマーク



事務所開設には大きな経費が必要になるので、

少しでも節約をしていきたいところだと思います。



30日間無料だったり、

150枚まで送受信無料などの機能を有効に利用して、

本社など、現在稼働中の支社で新事業所のファックスを受け取れるのは、
いろいろ便利なネットファックスの利用法だと思います。

AD

コメント(3)