Libertadのジーンズの起源となったのがこの"Pure Indigo"(ピュアインディゴ)です。

 

 

実は"Jimbabwe"よりも先に作られたのがこのモデルで、というよりもLibertadがスタートした2014年には、ノンウォッシュシリーズである「Raw Collection」はまだありませんでした。

 

最初は加工ジーンズ3種類のみを用意してスタートしたんですが、その加工ジーンズのボディーとして使用していたのが、この"Pure Indigo"なんです。

 

加工の色落ちが素晴らしく綺麗なので、ナチュラルな色落ちはそれ以上に素晴らしいはず!

 

ということで、後にノンウォッシュシリーズに追加されたのがこのモデルです。

 

 

現在は「Customake」での特注オーダーの際に使用するボディーとしても一番の実績があり、その色落ちの綺麗さと、14ozのしっかりとコシのある生地が特徴です。

 

ピュアインディゴ染料を使用していることと、染めが比較的浅く、色落ちも早めになっているので、加工するのにもすごく使いやすいんです。

 

特に淡色のカラーに仕上げると素晴らしい色味になります。

 

Ultimate Vintage Collectionの"Weiland"なんかも、この"Pure Indigo"をベースにしていますし、"Stunner#2"のヴィンテージバージョンなんかも同じ生地を使用しているんですよ。

 

一番カラーがわかりやすいのがこの画像です。

超ヴィンテージですね。

 

こちらは"Pure Indigo"を使用した特注加工の一例。

 

 

 

 

とにかく、色落ちは「鮮やかなインディゴ!!」って感じで、僕はこの生地が好きでした。

 

素晴らしい生地だと思います。

 

が....

 

新作モデル"Ocean"の登場によって、「廃盤」とすることになりました。

 

現在オンラインストアにある在庫で販売終了となりますので、気になる方はお早めに!^^

 

 

◆Libertad Raw Colletion "Pure Indigo"(ピュアインディゴ)

http://wearlibertad.com/?pid=91035208

 

 

 

他の定番モデルについてもご紹介していますので、ご興味のある方は下記リンクからどうぞ。

 

◆Libertad Raw Collection"Jimbabwe"(ジンバブエ)について

◆Libertad Raw Collection"Tyler"(タイラー)について

◆Libertad Raw Collection"Buddy"(バディ)について

◆Libertad Raw Collection"Ocean"(オーシャン)について

AD