クラウドファンディングCAMPFIREでのプロジェクトも15日の24時をもって終了しました。

 

今回は募集期間が短いこともあり、少し不安でしたがリピーターの皆様にもたくさんご支援をいただきまして、【831,600円】の金額が集まりました。^^

 

CAMPFIREのプロジェクトでは、ご支援をいただいても終了までお名前などの情報が見れず、終わってみてリストを見てみると常連様のお名前がチラホラ。

 

ご挨拶ができなかった皆様、申し訳ございません...。

ご支援、宣伝いただいた皆様、本当にありがとうございました。

m(_ _)m


 

 

今回の限定モデル"Falcon"については、クラウドファンディング終了と同時に通常価格での販売を予定していましたが、数名のお客様から月末一杯まで特別価格でやって欲しいというご要望があったので、オーダー受付終了となる【1月31日迄】、特別価格で予約を受け付けることにしました。

 

ただ、生産数量の関係で早期にオーダー受付終了する可能性も無きにしもあらず、ということで、ご検討中のお客様はできるだけ早めのご注文をお願いします。

 

 

来月2月からもたくさんのチャレンジが控えています。

 

まずは2月、ついにレディースデニムがスタートします!

 

現在縫製中、2月に加工投入後、完成次第にリリース予定です。

 

 

こちらはレディースデニムのサンプル参考画像。

 

今回は京都のオンラインセレクトショップ様との共同企画ということで、上品に穿いていただくことのできるアンクル丈のスキニータイプのデニムになります。

 

価格はまだ未定ではありますが、2万円迄で販売できればいいな、なんて思っています。

 

 

 

そして3月は雑誌掲載。

 

2月には公表できると思いますが、なかなか有名な全国紙にて、特集ページとして掲載が予定されています。

 

...実はファッション誌ではありません。リベルタ流です。

 

ファッション誌に載ったとなればそれなりに格好はつくと思いますが、いくら格好がついたとて様々なブランドや商品の中に埋もれてしまっては宣伝の意味が無いと思うんです。

せっかく掲載されても目立たないのは嫌ですからね。

 

 

3月の雑誌掲載に合わせて、雑誌掲載用に限定モデルとして新作ジーンズを発表予定ですが、こちらは5月のお届けを予定しておりますので2月の後半あたりからオンラインストアでもオーダー受付を開始する予定です。

(もしかするとレディースデニムより早くこちらがリリースになるかもしれません。)

 

この雑誌用の限定モデルより、今までに無かったサイズでご要望の多かった26インチと31インチの2サイズを追加しようと思います。

 

「27インチでも少し大きい!」

「30インチと32インチの間は無いのか?」

 

なんて考えていたお客様は、是非とも新しいサイズをご検討下さい!^^

 

さらに現在オーダー受付をストップさせていただいている"神の手"シリーズの加工アイテム、特注加工につきましても、3月にはサービス再開できそうです。

(こちらは現在追い上げ中、でもまだ若干遅気味です...)

 

 

 

4月には大阪の阪急うめだ本店にて、期間限定で出店を控えています。

 

期間は4月4日~4月10日。

 

もしご都合の合う方は是非ご来場下さい!

 

また、この時期に合わせて現在品薄となっている定番モデルの再生産も予定しております。

 

"Ocean"か"Tyler"か"Jimbabwe"か...

 

できれば全部再生産したいのですが...一気にするワケにもいかず、悩んでおります。

 

どなたか鶴の一声をいただけないでしょうか....

 

 

色々と課題は山積み、他にも計画はたくさんありますが、気合いを入れて頑張りたいと思います!!

 

adios!!

AD
先日完成したお客様の特注加工ジーンズをご紹介。
 
{C38776AF-2071-4C56-8535-18BC29366F6C}

 

ボディーには“Ocean”を使用、濃色ダメージリペアというなかなかレアなご注文です。
 
 
「かなり扱いが難しい生地ですが、その分上手く加工すれば凄く奥行きが出ます。」
 
という職人さんの感想通り、すごく艶っぽい仕上がりになりました。
 
お客様からは「濃色で軽いダメージとリペアが欲しい」というご要望。

 

 
ゴリゴリの加工でダメージリペアを入れるとただの古着みたいになってしまうので、超リアルではなく上品にまとめてあります。さすが神の手。
 
 
これ、案外皆さん知らない方も多いんですが、ジーンズの「ダメージリペア加工」って結構手間がかかるんですよ。
 
例えばヒザの部分なんかをリペア加工するには、まずダメージを入れますよね。
 
その後に足の両脇の縫い目を、一回ほどきます。
 
筒の状態ではミシンが通りませんからね。
 
で、平面にして、ダメージ部分を叩いてリペアした後、脇を縫い直すんです。
 
この「ほどく」「縫い直す」って作業は小さなダメージでも大きなダメージでも手間は変わりません。とにかくミシンに通らないといけないので、場所なんかによってはかなり難しい箇所もあります。(量産用で筒の状態のままリペアできるミシンがあるって聞いた事はありますが...)
 
さらにはリペア部分の風合いというか、表情というか...これもまた、センスの無い職人さんがやると目も当てられない。
 
という感じで結構ダメージリペアは手間暇かかるんです。
 
 
そういえばLibertad立ち上げの際に制作したレジェンド的なジーンズがあります。
 
当時リペアとかリメイクって派手で手が込んでるって分かりやすいので、パフォーマンスとして気合いを入れて作っていた時期がありました。
 
 
このモデルは非売品として一点モノで制作したものですが、展示会で東京からわざわざご来場いただいたお客様にたいそう気に入ってくださったのでご試着いただいたところ、なんとサイズもピッタリ。
 
「これ売ってもらえませんか?」みたいな感じになってお譲りする事になりました。
 
(その日の写真)
 
 
これ実は僕が学生の頃から代々穿いてきたジーンズやシャツを解体、リメイクしたもので、作ろうと思っても同じものは絶対に二度と作れません...
 
 
 
だって古き良き頃のドルガバとか、リーバイスのビンテージとか超高級なジーンズを使ってますからね...原価ヤバいですよ。笑
 
値段付けるのにかなり苦労しました...
 
娘を嫁に出す父の気持ちが少し分かった気がしましたね。
 
でもあのお客様ほど大切に穿いていただけるであろう方は他にはいないと思うので、本当に良かったなぁと思います。^ ^
 
 
今思うとリベルタの立ち上げ当初は気合い入ってましたね...懐かしい。
 
リメイクやダメージリペア加工は特注だとかなり高価になるのでなかなか制作する機会も少ないのですが、またご要望があればやってみたいですね。^ ^
 
adiós!
 
 
AD

みなさんこんにちは!

 

さあ、年末から公開しておりましたクラウドファンディングCAMPFIREでのプロジェクト掲載も終了まで残すところ【あと5日】となりました。

 

今回も爆発はしていないものの、新しいご縁をたくさんいただきながら最後のラストスパート中です。

 

https://camp-fire.jp/projects/view/53519

 

 

今回はプロジェクトからお申し込みいただいた方が色々と手間がかかる分、オンラインストアでご注文いただくよりも少しお得な価格設定になっています。

 

特に「"Falcon"&"Black Bullet"2本セット」については、送料込み、もちろん裾上げもサービスで30,000円ポッキリと超お得。(これマジでお得ですよ。)

 

普通に考えても受注生産で価格を下げているのに、さらに価格を下げるという暴挙...

 

ただのファンサービスです...というか、広告費という考え方です。

 

 

でも案外みなさんオンラインストアでご注文いただくんですよ...これが。

 

お客様には「価格なんてそこまで気にしないよ」って方が多いのも事実。

 

ありがたい話なのですが。

 

 

CAMPFIREのプロジェクトを発表する度に、ご支援いただいた方が必ずリピーターとして熱狂的なファンになっていただいているので、一つの宣伝として定期的にプロジェクトを発表することは、ご支援いただいた金額以上の価値があると感じます。

 

すごいアツい方が多いですからね。^^

 

少しでもリベルタを知っていただくキッカケになれば、僕は満足です。

 

本日のお題にもある通り、今年は宣伝に力を入れていこうと思ってるんですが、さすがにCAMPFIREも常連化してきたので、また別のクラウドファンディングなんかも検討してみようかとも考えています。

 

そんなに大差はないと思っているんですが、MAKUAKEとか、以前は日経新聞のプロデュースしているクラウドファンディングに掲載しませんか?なんてオファーもいただいているので、一度チャレンジしてみても面白いかと。

 

(サイバーエージェントの藤田社長って麻雀大好きなんですね。僕もAmebaユーザーなので、MAKUAKE(マクアケ)とかいいかもしんないですね。)

 

 

うーん、しかしながら宣伝...なかなか難しいッス。

 

とりあえずは春の雑誌掲載の効果を期待することにしましょう...

(反響無かったら萎えますよね...)

 

話が変わりますが、というかここからは裏ネタになるんですが、リベルタのお客様には「以前にA.P.C(アーペーセー)のジーンズを穿いていた」という方の割合が結構多いです。

 

僕個人的にも昔から好きなブランド(ジーンズ)ではありますが、最近クオリティーが落ちてきているように感じるのでなんか寂しく思いますが。

 

それでも、「A.P.C.のジーンズは色落ちが良い、シルエットが良い」

 

という方も少なくない中、オンラインストアには希にこんな記事からのアクセスがあります。

 

http://blog.livedoor.jp/fashion_2ch_matome/archives/49952258.html

 

おおっ、ついに2chデビュー!と思い見てみると...

 

リベルタとA.P.Cを迷っているではないですか。お目が高い。

 

僕なら「誰でも穿いてそうなA.P.C.を選ぶのですか?」

 

と言いたいところですが、野郎...

 

「巧妙なステマ」という表現が...気にくわない。何様だ。(怒)

 

(おい、テメー好き勝手書きやがって...)って感じですね。笑

 

でもある意味これも宣伝になっていると捉えることにしましょう。

 

 

これね、いろんなブランドの名前が出て比較もされているので少し裏ネタも含めて言わせていただきたいんですが...

 

 

・例えば「A.P.C.の色落ちが好き」っていうなら、リベルタでもA.P.C.と全く同じ生地を使っているモデル、より色落ちには自信のあるモデルもありますし...

 

(どこのブランドだろうが日本産のデニム生地なら生地屋さんに訊けば一発で使用している生地の品番から特徴までわかります。どこの生地メーカーかも。基本内緒ですけど。だから別にどこのブランドとも同じ生地使おうと思えば使えるんです。この生地はディオール、この生地はデンハム、みたいな。)

 

・「品質が」っていうなら縫製や仕様も悪くない自負はありますし...

 

(うちは岡山でも縫製技術とアフターケアには定評のある縫製工場で生産していて、もうかれこれリベルタのスタート以前から12年のお付き合いなんです。メゾンブランドでも岡山行けばそこら中で縫ってるので、僕が知っている範囲で上手な縫製工場ならステッチ見るだけでわかるところもあります。)

 

・「シルエットが...」といわれると、決して劣らないと思うんですよ...

 

(うちはディオールとかドルガバとか...APCも含め、パターン研究のために買っては穿いて解体してきましたからね。実際シルエットに高い評価をいただいているお客様も多いですし...。

試着できないのは本当に申し訳ないのですが、可能な範囲で交換・返品の対応はさせていただきます。)

 

まあ、うちはディテールのデザインに遊びで小細工を入れているので、そこんとこは好みは分かれると思いますが...。

 

(例えば裾のチェーンステッチなんて、注文の際に赤じゃ無くて普通の糸に変更して欲しいって言ってもらえればいくらでもできますよ。特に赤で穿いて下さいなんて言いません。^^)

 

 

それにしても今無名の「リベルタ=どこぞの馬の骨」的なジーンズを2万円も出して買って下さるお客様は、僕の中ではとても物を見る目のある方なのだと、そんな方に選んでいただけることは本当に誇らしく思うのです。

 

 

しかしこんなことを書くと語弊があるかもしれませんが、僕はお客様に感謝はできても、「お客様は神様です」という考え方には全く賛成できません。

 

上記の2chユーザーみたいに、「買ってやってる」的な方もいますが、そういう方にはあまり真面目にサービスしたくないんですよね。(こんなこと言ってるからダメなのかもしれませんが...)

 

だって本当のファンの方に悪いと思うんですよね。

そういった方を一生懸命接客するよりも、ちゃんとしたファンの方にしっかりとサービスを届けていく方がいくらか有意義です。

 

これは僕の悪い癖なんですが、そういった場合は普通に「どうぞ他のメーカーをお探し下さい。世の中にはたくさん素晴らしいメーカーがございますので...」って京都的にお断りさせていただくことさえあります。

 

あと、注文後に連絡も無くキャンセルする方。今まで3年半で3回だけあります。

他にキャンセル待ちのお客様がいた時は憤りさえ感じました。ちゃんと憶えてます。

(オンラインストアにしてはかなり少ない方だと思いますが、少ないからこそ名前まで憶えてしまうんですよね...悲しいッス。)

 

 

逆に、世の中に数多いメーカーの中からリベルタのジーンズを見つけていただき、そしてファンにまでなっていただいている方には精一杯のサービスをしたいと思いますし、できれば作り手としてもっと近い距離でお付き合いしていきたいなと思っていますので、皆さまいつでもお気軽にお声かけ下さい!^^

 

 

ということで久しぶりに宣伝させていただきます。

 

今年はLINEアカウント登録者数500人を目指して頑張ります!(現在200人に満たず...)

 

【Libertadの公式LINE@】

こちらのLINEアカウントにご登録いただくことで、お問い合わせ、世間話などリアルタイムにメッセージのやりとりができます。(返信が遅い時は多忙にしているとご理解下さい...)

LINE@登録者限定の気まぐれゲリラセールや新着情報も配信しています。

https://line.me/R/ti/p/%40trl6662v

 

 

LINE@なんて登録したくねーよ。なんて方はこちら。

 

【商品・サービスに関するお問い合わせ】

上記LINE@以外にも、下記オンラインストアの「お問い合わせ」フォーム、または「お問い合わせ専用PHS」からお問い合わせ下さい。^^

(SEO対策などの業者様はお断りです。かかってきたら西尾は高確率で怒ります。)

 

【お問い合わせ用PHS】 070-5507-9886 (西尾しか出ません)

【メールでのお問い合わせ】 http://wearlibertad.com/

 

 

 

それでは皆さまからのご連絡、お待ちしております!

 

adios!

AD
本日はお客様からご注文いただいた特注加工ジーンズのご紹介です。

{80588965-FF70-4659-A4C4-4AB070916F0E}

ボディーは“Ocean”(オーシャン)を使用して、中間色〜淡色にてゴリゴリのリアルヴィンテージに仕上げました。

かなりこだわったお客様で、細かい指示もありました。(通常はあまり細かく指示が入ると気を遣うので、案外大人しい仕上がりになるんですが...今回はハマりました。)

年明け一発目の加工という事もあり、GODも気合いが入ったのでしょうか、とても良い表情です。

後ろがこちら。

{D6F96DDF-D9B2-42A8-8514-179D1EF1837E}

すいません...革パッチが縮みまくってしまいましたので、付け替えます...。


やはり特注をご注文いただくお客様はリアルな色落ちが好きな方が多いように感じます。

インポートデニムのようなアッサリした加工も可能なんですが、せっかくの特注だと手の込んだ加工の方が値打ちがあると言えばありますからね。^ ^

そういえば以前Dior Hommeの商品の画像通りに仕上げて欲しいといったお客様もいらっしゃいましたが...いくらブランド物でも量産品はそこまで手がかかっていないので簡単ですが、古着のジーンズ引っ張り出してきて、「これと同じカラーにして下さい!」的なご注文はやはり大変。

しかも一発勝負で再現するとか、相当の技術と経験、職人さんとの意思疎通が必要です。

本当に職人さんには感謝です...


とりあえず年明けから大幅に遅れていた加工スケジュールも少しずつ巻き返してきました。

まだ気は抜けませんが、この調子でいけば3月中にはサービス再開できそうです。^ ^


そうそう、Gジャン“Stunner#3“の神の手モデルですが、ボディーに余りが出たので加工可能な範囲で若干数ですが追加しました。

こちらは加工モデルですがまだご注文いただけますので、春用の上着として是非ご検討下さい。かなりシブいですよ。
価格も加工アイテムにしてはかなりのサービス価格になっています。


{5580342E-652C-4289-B470-F288E71A19D1}



そしてクラウドファンディングCAMPFIREも残すところあと7日となりました!

常連の方からもたくさんご支援いただきまして、順調に進んでいます。^ ^


しかしながら今回は

「西尾と食事に行くチケット」

のお申込みがございません...悲しい...(泣)


京都に限らず、

大阪市内でも行きます。

神戸も行きます。

奈良...行きます。

滋賀....行きます。

とりあえず行けそうなところなら行きます!


僕の話し相手になっていただける方、どうぞご支援を宜しくお願い致します。m(_ _)m


adiós!

もう2018年も1週間が過ぎましたね。

 

毎年年末年始は色々な付き合いがあり、忘年会、新年会に10回くらい参加するのですが、毎年お酒を飲み過ぎて新年早々グロッキーな状態になることも多かったので、今年は身体を気遣い、極力予定を入れずに省エネモードで年明けを過ごしています。

 

 

さて、現在特別価格にてオーダー受付中の下記モデルについてですが、

 

◆再生産"Buddy"(バディ)

http://wearlibertad.com/?pid=100855309

特別価格・・・【1月15日迄】

以後通常価格でのオーダー受付、今回の生産分で廃番となります。

 

◆限定モデル"Falcon"(ファルコン)

http://wearlibertad.com/?pid=109616689

特別価格・・・【1月31日迄】

限定モデルの為、生産数量完売と同時に廃番となります。

 

◆復刻モデル"Black Bullet"(ブラックバレット)

http://wearlibertad.com/?pid=121369966

特別価格・・・【1月20日迄】

以後通常価格でのオーダー受付、今後定番化を検討中です。

 

 

年末で定番モデルの在庫がほとんどなくなってしまいましたので、2月には定番モデルの再生産オーダー受付、さらには雑誌掲載用の新作ジーンズもタイミングの良いところで発表予定です。

 

3月にはレディースデニムの発表と雑誌掲載、そして4月には大阪の阪急うめだ本店にて1週間のポップアップイベントに参加しますので、春までかなり多忙になりそうな予感...。

 

ということでゆっくりできるのもこの連休まで。

 

今日は映画でも見て、銭湯に行って、来週からの鋭気を養いたいと思います。

 

adios!!

 

 

 

餃子とKさんとジーンズ

テーマ:

寒いですね...京都は雪が降ってます。

 

昨晩、正月ということで地元のお客様と食事をすることになり、とある餃子専門店へ行ってきました。

 

知る人ぞ知る、餃子の名店、京都の円町にある「もり」さん。(写真転用)

 

 

この餃子屋「もり」さん、店主であるママが以前にオートクチュールで洋服を自分で裁断、縫製、販売していたという、とても凄いデザイナーなんです。

 

J-WALKの中村耕一さんと親交が深いらしく、以前店内でライブパフォーマンスをされたことがあるとか。

 

凄いデザイナーさんだったママはなぜ突然に餃子屋を始めたのか?

 

これがまたアツい話なんですが、長くなるので割愛します。

 

 

料理もモノ作りのひとつ。

 

こだわりというか...ママのセンスは半端ないです。

 

料理は心...というか、センスです。笑

 

餃子以外にもカツサンドとか、餃子屋さんらしからぬメニューもたくさんあります。

 

とにかく美味しい。(写真転用)

 

 

このお店は昨日ご一緒したお客様の行きつけなんですが、以前に納品に伺った際に食事に誘っていただき、初めて連れて行ってもらったお店です。

 

とにかく美味しいのでお近くの方は是非一度行ってみて下さいねー。^^

 

 

(そういえば正月...いや、年末からずっと毎日にんにくを食べている気がする...今の僕は相当臭いと思います。)

 

 

 

と、餃子の話はさておき、

 

そのお客様(以下 Kさん)から、昨晩とても嬉しいお言葉をいただいたんです。

 

「西尾さんのお陰で、周りの人から格好良いとか、変わったね、と言われるようになった。本当にありがとう。」

 

と。

 

なんて嬉しいお言葉でしょう。


こんな時、本当にこの仕事をしていて良かった.なぁ..と感じます。

 

 

Kさんは50代。

 

Kさんとの出会いは、僕の友人が経営するBARでお酒を飲んでいた時のことでした。

 

僕が常連さんとジーンズについて熱く語っていると、偶然居合わせたKさんが、

 

「ジーンズを作ってるんですか?」

 

と興味を持った口調で話しかけてくださったんです。

 

「自分はファッションというものには無頓着で、作業着以外ほとんど着ないんです。

今度同窓会があるんですが、ちょっと洒落た服を着ていきたいので、一度西尾さんの作っているジーンズを見せてもらえませんか?」

 

ちょうどその次の週に展示会の予定があり、名刺をお渡しして展示会の場所をお伝えすると、当日本当に来てくださったんです。

 

その日、"DEAN"というモデルを購入いただいたのを今でも憶えています。

 

 

しかしその時Kさんはこう言いました。

 

「良いジーンズが手に入ったのは嬉しいが、これに合わせる服がない。どうやったら合うかも分からない。」

 

その言葉を聞いて僕も「ハッ」としました。

 

(そうか、僕のお客さんには初めてジーンズを穿く人もたくさんいるんだ。)

 

と。

 

そこで、「もしよろしければ、僕にコーディネートを任せてもらえませんか?」とご提案したところ、

 

「是非お願いします!」

 

ということで、後日一緒にショッピングに出かけて色んなお店を回り、予算の範囲でベルトから靴、Tシャツから上着も含めて全てコーディネートさせていただいたのですが、それはそれは大変喜んでいただきました。

 

それからというもの、Kさんとはたまに一緒に食事したりお酒を飲んだりと、プライベートでもとても仲良くさせていただいています。

 

 

Libertadのジーンズは決してお洒落な人に穿いてもらいたいとか、こんな人に穿いてもらいたいとか、僕は作り手としてそんな望みは全くないんです。

 

ただ、身に付ける人にとって「特別なもの」になれば、僕にとってそれ以上の幸せはありません。

 

自分が作ったジーンズを穿いていただいて、「ありがとう」と言ってもらえるなんて、なんて素晴らしいことか...

 

 

今年はもっともっとたくさんの方に「特別なもの」を届けていけたらいいなぁ...なんて考えながら、今日も一日頑張ります!

 

 

あー、餃子が食べたい...。

 

adios!

新年のご挨拶

皆様、明けましておめでとうございます!

 

2018年がスタートしました!

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

僕は元旦は実家へ戻り、おせちを食べながらゆっくりと過ごしました。

 

しかしながら正月と言ってゆっくりしている余裕はなく、すでに本日から仕事をしております...

 

 

さて、年末にクラウドファンディングCAMPFIREのPVが跳ね上がり、たくさんご支援をいただいたのですが、原因が発覚しました。

 

....CAMPFIREのメルマガでした。

 

12月30日のCAMPFIREのメルマガに、Libertad(リベルタ)のプロジェクトをご紹介いただいていたようで、(実は僕、プロジェクトオーナーのくせにCAMPFIREのメルマガを受信してないんです。)そのお陰でPVが一気に上がったんですね。

 

CAMPFIREのプロジェクトについては、CAMPFIREのウェブサイトでの一日のPVが、50程度。

うちのWEBサイトからジャンプいただく方が50程度。

 

平均して毎日100人くらいしか閲覧が無い状態なんですが、CAMPFIREのメルマガが配信された12月30日にはなんと1400近いPVが。(2週間分ですね。)

 

やはり宣伝って大事ですね。

 

で、次の日は600、そして昨日は200...と、本日には通常に戻ってしまうかなというところ。

 

うーん、これが毎日持続したら大成功しそうなんですけどね...。

 

プロジェクトはあと2週間、【1月16日】に終了となりますので、宣伝、拡散にご協力いただけますと幸いです。

 

https://camp-fire.jp/projects/view/53519

 

 

 

 

そして今年の抱負ですが...

 

「宣伝」

 

です。

 

Libertadのジーンズ、3年以上経ってファンの方は増え続けているものの、未だ「無名」ってやつです。

 

有名になりたいというよりも...「知る人ぞ知る」的なところまでは知名度を上げたいですね。

 

LINE@の登録者数・目標1000人を目指して頑張ります!

 

 

現在、春に発売の雑誌に掲載する為に準備を進めておりまして、さらには大阪の阪急うめだ本店でのイベントに1週間ですが出店が決まりました。

 

イベントについては阪急うめだ本店の10階にて、

 

【2018年4月4日(水)~4月10日(火)】までの1週間です。

 

これから契約書やら阪急の研修やら...なにかと面倒な事も多いのですが、とりあえず日程は決まりました。^^

 

また近くWEBサイトなどでも告知させていただきます。

 

 

とりあえず、今日のご報告ははこんなところです。

 

 

それでは皆様にとってこの一年が素晴らしい年になりますように!

 

今年もどうぞ宜しくお願い致します!

 

adios!!

年末のご挨拶

昨日に年内最終の発送作業も終え、2017年の仕事納めとさせていただきました。

 

もう明日で2017年も終わりですね。

 

今年は本当にたくさんのお客様とご縁をいただき、過去最高の一年を送ることができました。

 

これもいつも応援いただいているファンの皆様のお陰と心から感謝しております。

 

一年間、本当にありがとうございました!

 

これからもより良い製品とサービスをお届けできるように、一層精進して参りますので、来年からもLibertadをどうぞ宜しくお願い致します!

 

 

 

と、ご挨拶だけでは終わりません。

 

余談ですが先日、正月用にと日本酒をプレゼントいただきました。

 

 

「裏天領」ってやつです。

 

以前に高山の酒蔵へ行った際に、「これは美味しい!」と僕のお気に入りに登録されたお酒で、現地でしか販売していないとのことで(実際にはネットで取り寄せられます)、実に美味しくてリーズナブルなお酒なんです。

 

今回は

・純米吟醸生貯蔵酒

・大吟醸生貯蔵酒

 

の2本セットをいただきました。

 

酒蔵は岐阜県の下呂市にある「天領酒造」のものですが、「天領」という銘柄の中でも、漢字がひっくり返った「裏天領」というシリーズ。

 

これはマジで美味しいので、日本酒好きの方は是非一度お試し下さい。^^

ここで購入できます。

 

【天領酒造通販】

http://www.jizake-japan.com/item_list/tnr/

 

 

 

と、日本酒の宣伝をしていてはいけませんな。

 

うちの宣伝はと...

 

CAMPFIREに合わせて発表した限定モデル"Falcon"(ファルコン)ですが、明日12月31日迄は【送料無料】となってます。

 

ご検討中のお客様はこの機会に是非!

 

【Libertad Online Store "Falcon"】

http://wearlibertad.com/?pid=109616689

 

 

それでは皆様、寒いので身体にはお気を付けて、良いお年をお迎え下さい!!

 

来年も宜しくお願い致します!

 

adios!!

本日はジーンズ(デニム製品)の洗濯方法についてご紹介したいと思います。

 
結構なお客様から「どうやって洗えばいいの?」聞かれるのですが、大事なポイントが2つだけあるものの、そこんとこを外さなければあとはそんなに大差ありません。
 
 
【ノンウォッシュジーンズの洗濯方法】
 
まず、初めてノンウォッシュジーンズを洗濯する場合ですが...その名の通りノンウォッシュジーンズは未洗いのデニム製品です。
 
光沢があり上品なイメージですが、真っ青の状態で硬いのがノンウォッシュジーンズの特徴です。
 
{752DEDC2-94A3-4A41-89B9-AC1E474F9E84}

 
デニム生地には、生地を織る過程で「糊」が付いています。この糊も強い弱いがありますが、この「糊」が、ノンウォッシュジーンズの硬さの主な原因なので、この糊を落としてやると、一発で見た目も穿き心地も変わります。
(13oz程度の生地でも、打ち込みの強い生地であれば糊のついた状態ではかなりの硬さを感じると思います。)
 
世間にはすでに20オンスを超えるデニム生地も出回ってますが、これをノンウォッシュで穿き続けるマニアの方には頭が下がりますね...(僕達は超ヘビーオンスのジーンズを「鎧」って呼んでますからね。)
 
僕はファッションとして機能性を考えると、いくら分厚い方が丈夫と言えども一番ベストなのは13〜15オンスまでかと思っています。
 
 
前置きが長くなりましたが...
 
まず初回の洗濯では、この糊を落としてやる事でコットン本来の生地のしなやかさを戻してやります。
 
 
【1.熱湯で浸け置きする】
 
バスタブで結構です。まず50度以上お湯を張り、ジーンズ全体が浸るように浸けて下さい。
(バスタブは雑菌が多いので、事前に洗って下さいね。)
時間は30分以上、熱湯が冷たくならないうちに取り出します。
 
※なぜ熱湯で洗うのか??
ここでなぜ熱湯を使うのかですが、糊は高い温度で溶けやすくなる為です。糊を浮かせてやる意味で熱湯使用するのと、もう一点は低い温度だとデニムのインディゴが「移染」しやすいからです。
 
染料の種類にもよりますが、ポケット裏地のスレーキや、ヨコ糸など白い部分に移染してしまうといけないので、熱湯をオススメしています。
 
 
【2.しっかりと洗い流す】
 
バスタブに浸けておくと、お湯が黄色っぽく(または青っぽく)変色してくると思います。
この黄色っぽい色は糊の色ですので、心配しないで下さい。
通常シャワーを浴びるときのように、40度くらいのお湯でジーンズを濯ぎます。
 
 
【3.脱水】
 
ここがひとつ目の大事なポイント。
初回脱水は出来れば脱水機を使わずに、手で行なった方が無難です。
綺麗にたたみ、手のひらで強く押すようにして水分を抜きます。
 
※脱水機を使うと生地が擦れてしまうのとシワになりやすいので、もし脱水機を使う場合は必ずファスナーやボタンは閉め、裏返して綺麗にたたんでからネットに入れるようにして下さい。
 
ある程度脱水できたら、乾燥させます。
 
 
【4.乾燥】
 
ここがふたつ目の重要なポイントです。
「乾燥前には絶対に皺を延ばす」ということ。
 
一回の洗濯だけでは生地についた糊は完全には落ちていません。さらには乾燥させると繊維が萎縮して生地に縮みが発生するので、乾燥させると硬くパリッと仕上がります。
 
洗濯後はシワがたくさん入りますので、横にパンパンと引っ張ったり手の平で叩いたり、シワを取るようにします。
 
皺がよった状態で乾燥させてしまうと、不自然なクセが付いたり、皺になった部分にアタリが出てきたりと、色落ちに影響が出る場合もあります。
 
特にプレスでカッチリ仕上げられたノンウォッシュジーンズだと、足の外側のプレス線(折り皺)がハッキリ付いている事が多いので、一番最初の着用前にアイロンなどで折り皺を取ってやるといいんですがね。
 
 
乾燥は裏返して陰干しで行います。
陰干しする理由は、陽に当たると生地が焼けて変色してしまうからです。染料にもよりますが、少し色が飛んだり、黄変したりということもあります。(裏返してたら真夏とかでなければそんなに変わりませんけどね。)
 
乾燥機を使うと一発でMAXまで縮みますが、オススメはしてません。
生地が無駄に擦れて毛羽だったり、余計なシワが入っている状態で乾燥させるので、変なアタリがつく可能性もあります。
 
 
股下の縮みについてですが、通常何度か洗濯するまで完全には縮み切りません。
 
裾から吊って乾燥させている方もいますが、股下は縮むものなので裾から吊ってもそんなに変わらないっす。通常のサンフォライズ加工したコットン100%のセルビッチデニムの場合、縮率は縦5%、横3%程度と言われていますが、生地によっては縮率も異なり、縫製仕様によってもかなり縮み方は変わってきます。
 
もし股下が合わない、という方は下記ページで裾上げも受付していますので、一度ご相談下さい。
 
【Libertad Online Store"裾上げサービス"】
 
 
 
【5.お手入れ・プレス】
 
これはオマケです。
僕はいつも洗濯後はアイロンでプレスします。
洗いたてのガチガチ感が、プレスする事でふっくら仕上がります。デニム生地表面の毛羽立ちも抑えられて、「ピシッ」と生地に上品さが戻ります。
(穿き皺については、ある程度付いていればアイロンで伸ばしても着用すると同じ部分に皺が出てきます。)
 
 
【6.お手入れ・糸摘み】
 
これもオマケです。
洗濯をしていると、ジーンズの色んな部分から糸が出てきたという事はありませんか?
デニムは断ち切りの状態で洗うと、どんどんほつれが出てくるので、洗濯を何度もしていると何処かに必ず糸が現れてきます。
「無駄糸」が。
特にベルトループとバックポケットの中から。
 
出ているとブサイクですからね。
image
 
これは目立つところから切ってしまいましょう。
ハサミを使ってチョキっとしてやって下さい。
※縫製してある糸は切らないように注意して下さいね!
手で引っ張っても抜けます。
ループはカンドメしてあるので、取れたりしませんのでご安心を。
 
image
 
「無駄糸は処理」。
出かける前にヒゲを剃ったり、鼻毛を処理するのと同じですね。
 
 
以上、これがノンウォッシュジーンズの初回の洗濯方法についてです。
 
 
 
2回目以降は普通に手洗いで、薄く作った石鹸水や専用の洗剤など、お好きなタイミング、手段で洗濯いただくと良いかと思います。
 
それでは皆さん、愛情を持ってジーンズを洗濯して下さいね。^ ^
 
adiós!
 
 
【Libertad Official Website】
今年も残すところあと数日...

本当に早い一年でした。

年末最後の追い込みで職人GODにも特注の制作時間を作ってもらい、12月納期の特注加工をせっせと進めています。

11月の時点で大幅な遅れが出ていた加工スケジュールも、少しずつ挽回しつつあります。
(まだ1月がとんでもない量なので、加工サービス再開はまだまだ先になりそうですが...)

今週完成したご注文分は本日発送させていただきました。CAMPFIREで12月お届け予定のお客様分の一部で少し遅れが出ています。

本当に申し訳ございません。m(_ _)m

が、仕上がりが遅いという事は手間がかかっているという事ですので、必ずご満足いただける製品が届くのは間違いありません。
今しばらく楽しみにお待ちいただければと思います。


さて、本日完成したGジャン“Stunner”の特注品が、あまりの素晴らしい完成度だったのでご紹介させていただきます。

{1EE2610C-67C3-4339-994E-74E439020AA0}

こちらはあるお客様から「“神の手”の最高グレードで作って欲しい!」という特注依頼をいただいたもので、その分追加料金はいただきましたが、通常の特注よりも一層手間暇をかけさせていただきました。

「これぞまさに特注!」といったGODも納得の出来映えです。^ ^

そして”Stunner#2“も48(L)サイズを残して完売。
また来年の再生産の発表をお待ち下さいませ。


そうそう、昨日は大阪の阪急うめだ本店へ打ち合わせに行ってきました。
順調にいけば来年の4月4日から1週間、10Fのイベントスペースで期間限定の出店をさせていただけそうです。(まだ確定ではないので、決まり次第に発表させていただきます!)

{5A267E20-504D-4802-913A-973C03B0D18C}

9Fの様子。

高級車のイベントが開催中でした...。

僕は車にあまり興味ないんですが、一度でいいから乗ってみたいっすね。



先日公開したクラウドファンディングCAMPFIREの方もコツコツと支援金額を伸ばしております。皆さまありがとうございます。^ ^


プロジェクトは1月16日で〆切となります。^ ^

限定モデル”Falcon“と復刻モデルの”Black Bullet“の2本セットが30000円と赤字レベルのお値打ち価格ですのでオススメどす。

年末年始もお問い合わせ等にはご対応しておりますので、ドシドシご連絡いただければと思います!


adiós!!

【Libertad Online Store】