「囚われからの自由」から本当の自由へ!

「こうじゃなきゃダメだ」という思い込みに囚われた、窮屈な世界からの脱出を自由と呼んでたけれど、それは鎖が外れただけでした。
その先の本当の自由な世界を体感すべくお気軽にGO!!




テーマ:

こんにちは!
みなさまお久しぶりでこざいまーす!



今日は突然に親の事、アダルトチルドレンの事について書こうと思ったので書いてみようと思いまーす。




本日のテーマは「親が重い」です。




この話は心当たりがある人にしかわからない内容だと思います。
心当たりが無い人には理解不能な内容かもしれない事をあらかじめご了承下さい。




それと何回か過去の記事に同じような内容を書いたのですが、必要な人にはとても大切な話だと思うので、僕が書きたくなったら同じような内容でも書いていこうと思います。





僕は親の事で随分悩みました。
なんでこんなにも親の事で悩んだり苦しんだりするのか自分でもわかりませんでした。
というよりそんな自覚すらなく、親に感謝しきれていない自分に、自分はダメなヤツなんだと自己否定を繰り返す毎日でした。




僕の親に対する思いとは、
親が幸せでないのは自分のせいだという責任感。
僕が仕事等でいなくて親が大丈夫かなっていう不安感。
親に感謝しなければいけないという強迫観念。
親の顔をみると勝手に怒りがこみ上げてきてしまい、親に対する自分の怒りの感情に罪悪感。
親が死んでしまったらどうしようという恐怖感。他にもいっぱいあります。




これって多かれ少なかれ誰にもあるんじゃないの?と思われるかもしれないですが、この思いが極度に強い場合、話は変わってくると思います。

僕は無意識のうちに膨大なストレスを抱え込んでしまって心が誤作動をおこしたような感覚になって、突然に怒ったり悲しんだり泣いてしまったりとしてしまう事がよくありました。




こういうのが四六時中僕の頭につきまとってました。
なんとかしたくてもどうしようもありません。


なぜなら
「親の事が大好きだから。」


だから考えるのをやめたくてもできませんでした。
(やめる=親への裏切り行為だと思い込んでるから)
だからといって大好きな人であり自分を育ててくれた大切な親を責める事は絶対にできません。



だから自分を責めます。
しかしある頃から自分の家族関係(実家)の違和感に気づきはじめたのがすべての始まりでした。
それがつい数年前の出来事です。




「親が重い」




その事に気がつきはじめてわかったことは、僕は専門用語でアダルトチルドレンだったということでした。
そして以外にもこういう体験を持って悩んでる人が実はかなり多いということでした。




僕はその関係の本を手当たり次第読みました。
そして自分の体験と照らし合わせて分析をはじめました。
(これが生まれてはじめての自分との対話だったのかもしれません)




そこから得た結論は、「もしかすると本当は僕は親の事が嫌いなんじゃないか?」という事でした。
思ってもない答えに頭が混乱してしまいました。
(初めて聞いた自分の本音と、植えつけられた思考がごちゃまぜになったんだと思います。)





これを宇宙的な感じで「思考のおしゃべり」と「心の声」に当てはめてみたいと思います。




「親が好き=思考の声」でした。
親や学校やテレビなどで植えつけられた家族としてあるべき姿や道徳観で考えてしまうから、親を大切にしなきゃいけないって考えてしまいます。
(あと、親を大切にすることの思いの裏を返せば親に対する依存の気持ちが隠されてたりします。)



そして心の声は
「心の声=親が大っ嫌い!」でしたゲロー
(ホントにこれをはじめて知った時は自分の気持ちが信じられなくて頭がパニックになりましたよ〜笑)




要は、いままで頭の世界だけで生きてきたんだなと思います。
肝心の心の声はいっさい無〜視〜!

自分の事を今までほったらかしてきた事にやっと気づくわたくし、、、滝汗



自分の事より親が命!!
(もうええかげんやめなはれ)

そりゃ〜心も怒りだします
いい加減オレの声を聞けと
(心の声にフタをする。これが生き辛い1番の原因だったのかなって思います)




親の事で苦しいのはこんなカラクリがあったからなんですねー。
親の事が大嫌い。
その気持ちに対して僕の中では親に対する情がないのか?冷たすぎるんじゃないのか?
そんな声(思考のおしゃべり)と自分の中で格闘しましたが、それは本当の自分の気持ちに気づく事が怖いからそう思うのかもしれません。
だから思考というのか情というのか、そんなのがあってそう簡単には割り切れませんでした。
親の事を思うと苦しくて切なくて仕方ありませんでしたよ〜。
(涙なしには語れません笑い泣き




でもしかし、苦しさも度が過ぎてくると親の事を大切に思うほどに苦しいなんておかしいなと、また大きな気づきがありました。
そして自分の内側の深い深いところで、自分の本当の気持ちに気づいてしまう事で、全てを(親の愛)失ってしまうんじゃないかという恐れに僕は行きつきました。




そこに気づいてからだんだんと苦しさは消えていきました。
親に対してとくになにかしたわけでもなく、親と闘う事もありませんでした。
ただ自分の心の声を受け入れただけです。
そして自分の中心軸だった親から、ゆっくりと自分に戻ってきました。



そして本当の親の姿が僕の目に見えはじめました。
育ててくれた事には本当に感謝してます。
でも、だからといって僕の心まで支配されたくはありません。
(正直、ここの線引きがなかなか引けなくてキツかったです〜)



僕の体験(アダルトチルドレン)でしかないですが、時々大きな気づきを重ねつつ自分のペースで変化していく事がいいような気がします。
焦るあまり一気に行こうとすると心が折れてしまうかもしれないからです。
それはダムの決壊に似てるかもしれません。
溜め込んだものを無理やり一気に出してしまうと自分の中で大洪水が起きてしまいます。




まだまだな自分もOK!
ゆっくりしか変われない自分もOK!
心で生きるこの時代、自分を責めるのだけはやめたほうがよさそうですよ〜



と言う事で今日は親についてのお話でした。


じゃまたねー!




AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。