「ウェルスダイナミクス眼鏡」へようこそ。
(社)日本適性力学協会 代表 宇敷珠美のブログです。

<ウェルスダイナミクス情報>

1) ウェルスダイナミクスのことが一番簡単にわかる動画とスライドショー

2) 8つのプロファイルサンプルが知りたいという人はJWDAビデオ

3) オフィシャルサイトはこちら

4) 最新のセミナー情報 はこちら

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年07月07日(金)

松居 一代

テーマ:ディールメーカー

 

 

 

松居一代さん

 

この度は、ちょっと怖いことになってますねー。

 

 

7月5日、ご主人の船越英一郎氏(56)

離婚調停を申し立てたことが

明らかになってから、自身のブログで

「船越英一郎と全面戦争、はじまりますよ」と

宣戦布告。


 同日午前には「私、松居一代は

命をかけて戦います

と題して更新。

「バイアグラ男どこからでもかかってこい」

などと過激に挑発しました。

ビックリですよね!


私も確認のため、松居さんのブログを

初めて拝見しましたが、

あまりにもお品がありません。

リンクをご紹介しようかなとも思いましたが、

このブログの品格が下がりそうなので

止めました。

 

 

基本ディールメーカーは、とても

礼節を重んじます

一つの理由は、自分の価値観に

照らし合わせるより

「こうあるべき」が決まっているものに

従った方が楽だから。(テンポ的傾向)

 

 

そんなテンポの中でも、最も対人関係を気にする

ディールメーカーですから、

「失礼のないように」「いい人に思われるように」と

気を配りますし、実際豆に動きます。

 

 

過去の彼女の言動を見ていても、

「献身的な妻」「良妻」を

見事に表現していましたし、

実際やっていたと思います。

 

男側からしてみれば、

ちょっと重そうでしたが...。

 

 

大昔のことですが、彼女がTVインタビューで

「私は前世で、「腰元」だったんです」的な

ことを話していました。

 

私はその時、「なるほどね」と妙に

納得しました。

一人のお殿様やお姫様に使える腰元は

まさにディールメーカー適任の役職です。

腰元時代は、さぞ優秀な働きをした

ことでしょう。

たぶん、腰元の親分だったと思います。

 

 

お殿様が今のご主人だったのかも

しれないですね。

そして、今回は縁あってご夫婦に。

なるほど!(自分で推論、自分で納得)

 

 

その時代の名残を汲んで、

実際彼女は多くのお掃除グッズ

お料理グッズ

プロデュースしています。

 

 

 

ちょっと話が逸れましたが、

そんな彼女がなぜ今回このように

豹変したのでしょう?

 

 

理由1:かっこつけない

これはもちろん、いい様も悪い様にも

作用する。今回の彼女は本当に

なんのカッコもつけていない状態。

 

どう思われようが構わない。

だから何でもできる。

 

という状態になっていると推測できます。

 

理由2:過去にフォーカス

テンポとともにブレイズの要素をもつ

ディールメーカーは、傾向として

過去にフォーカスしがち。

(ダイナモは未来、テンポは現在)

 

 

理由3:感情が強い

そんな状態に追加で「感情」が加わってくるため、

こりゃ大変。本人も大変苦しいと思います。

 

 

 

 

でも、今回こんな人目を惹く、

世間を騒がせる突飛な行動に

敢えて出ました。なぜでしょう?

 

最初は上記のような理由で

ブログに書いちゃったんでしょう。

でも、そこでもらった「いいね!」数などが

彼女を後押ししました。

基本的に人の判断を

基準にする傾向があるディールメーカーが

得た「GOサイン」だったわけです。

 

 

この頃の彼女のブログでは、

毎回その「いいね!」数や

「応援メッセージ」数など公表しながら、

自説を唱えています。

 

 

でも、このままではあまりにも...という状態。

(彼女はそう思ってないのかなー)

 

 

こんな時は、是非スチール側の

アドバイザーに相談して、

長期的戦略を立ててもらってください。

人の「いいね!」を

本気で信じるのは

止めましょう!

 

 

これからも、芸能界で

お仕事を続けるのでしたら、ぜひぜひ。

 

息子さんのためにも、ぜひ。

 

 

 

*****

今回は松居一代さんの報道されている行動から

特性をプロファイリングしました。

 

人の行動は、特性に影響を受けますが、

一方で、『特性は行動を限定しません』

 

あくまでこれはディールメーカーである松居さんが選択した行動であり、

それに伴った事象です。

ディールメーカー全員がこうと限定したものではありません。

 

過去に特性を使ってポジティブな行動に結びつけ

活躍されたディールメーカーの事例もご紹介していますので

合わせて読んでください。

 

田中角栄 氏

http://ameblo.jp/wealthdynamics/theme3-10015162057.html#main

 

要ディールメーカー

http://ameblo.jp/wealthdynamics/theme7-10015162057.html#main

 

近藤昌平 氏

http://ameblo.jp/wealthdynamics/entry-11415098049.html

 

ドナルド・トランプ 氏

http://ameblo.jp/wealthdynamics/entry-12222835128.html

 

 

 

注釈)

事象/事件をプロファイリングするとき、

ポジティブな部分に伴ってネガティブサイドをもプロファイリングします。

 

全てのプロファイルに表裏一体である「強みと弱み」があり、人は時に応じて、それをポジティブに活用したり、ネガティブに活用したりします。

 

特に強いストレスを感じているとき

せっかくの才能が全てネガティブに反転することがあります。

 

この状態をバックアップスタイルと呼びます。

バックアップスタイルとは、過剰なストレスがかかったときに

見せるストレス回避のための行動です。

押されてへこんだボールが元に戻ろうとするように

ストレスによって凹まされた感情が元に戻ろうと押し戻しているときに取る行動です。

 

プロファイリングに期待される事として、

『他人の強みを見抜き、その強みを活かしてフローに乗るサポートが

できるようになること』が挙げられます。

 

しかし、実際の生活では強みを発揮できずにストレスを抱えている人も多く、

彼らのストレス回避行動(バックアップスタイル)が暴発して事件を生んだりするわけです。

 

 

 

※バックアップスタイルについては

『プロファイリング通信講座』で詳しく学んでいただくことができます。

http://jwda.ocnk.net/product/69

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>