環境省などは16日、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」のデータを使った世界の二酸化炭素(CO2)の分布状況などを18日午後2時から、インターネットで一般公開すると発表した。ホームページ(http://data.gosat.nies.go.jp)で利用者登録をすれば、商業利用の場合を除き、誰でも無料でデータを入手することができる。

 いぶきは、温室効果ガスのCO2とメタンの濃度を同時に観測できる衛星で、昨年1月に打ち上げられた。

 公開されるのは、大気中のCO2とメタンの観測データに基づき解析した、地表から約20キロのCO2とメタン濃度を地図上に表したものなど。【大場あい】

【関連ニュース】
次世代送配電網:4000トンのCO2削減目指し実証実験
温室ガス:主要国が削減目標提出 31カ国・地域順守へ
温室効果ガス:モルディブの排出量20年までに実質ゼロへ
EU:温室ガス削減20%か30% 米中条件に2段構え
インドネシア:熱帯雨林が温室ガス排出? 北大など研究

司会者の玉置宏さん死去(時事通信)
<労働保険審査会>マツダ元派遣男性の失業手当延長を裁決(毎日新聞)
中2男子、同級生ら4人に暴行され重体…兵庫(読売新聞)
IMFなどに報告書提出=G20の政策相互評価で-政府(時事通信)
「6カ国」再開へ連携確認=外国人地方参政権に期待-韓国外相(時事通信)
AD