樋渡利秋検事総長は17日、全国の高検検事長や地検検事正が集まる「検察長官会同」であいさつし、足利事件について「真犯人ではない人を起訴し、服役させるという事態が生じた。検察として、二度と起こしてはならないという深い反省に立って、基本に忠実な捜査の重要性を肝に銘じる必要がある」と述べた。

 千葉景子法相も「こうした事態を真摯(しんし)に受け止め、適正な捜査・公判の徹底を」と訓示。取り調べの録画・録音(可視化)導入について「実務を踏まえた幅広い観点から検討を加える」と述べた。

【関連ニュース】
足利事件:無罪論告 気持ち考え謝罪--高崎秀雄・宇都宮地検次席検事の話
兵庫・明石の歩道橋事故:検察審起訴議決 神戸地検の山根・次席検事らの話
佐賀から長野地検検事正に就任した、総山哲さん /長野
長崎地検:室井検事正、裁判員裁判に「理解と協力を」--着任会見 /長崎
高知地検:「安心できる社会つくる」 加藤検事正が抱負 /高知

相場操縦の元早大生ら、利益はキャバクラや賭博に(読売新聞)
<点滴事件>裁判員裁判は異例の2週間に 我が子3人死傷(毎日新聞)
「尋問技術を磨いていれば…」谷垣総裁が反省(読売新聞)
石原知事、藤田まことさん「僕にはシンボリックな俳優」(産経新聞)
寺島しのぶさん ベルリン映画祭で最優秀女優賞を受賞(毎日新聞)
AD