冬学期も始まり

テーマ:
1週間経ちましたね。まあ特にこれといったこともなく日々が過ぎています。
かなり駒場祭委員会に毒された感じもあります。委員会室滞在時間が長い長いw


最近何でもかんでもmixiに書いてしまうのですが、ぼちぼち整理しないとね。
野球とかマンガとかの話題はさすがにこっちです。



http://news.livedoor.com/article/detail/4343853/
ハマの大魔神 横浜監督に急浮上


はいはいわろすわろす。
更なる暗黒時代に突入するがいいよ。





オレタチニアシタハナイ?-だぶり



……やってしまった。読んでもしばらく気付かなかったというひどさ。
必死に実家の本棚の映像を脳内再生して持っていないという結論を出して買ったのに。
上京してから買ってたとか。半年で人間変わってしまうとですか。

新品で2冊も買ってしまうのはさすがに初めてだ。反省する。



他に、矢直ちなみ「乙姫各駅散歩」2巻、高橋しん「花と奥たん」1巻を購入。

前者はまだ途中までしか読んでいないが、雰囲気は好きだ。ネタは正直多少拙いが。
帯コメを犬上すくね先生が書いていた。僕の趣味に合う作品なんだなあと思った。
落としどころを楽しみにしたい。

後者は読了。雑誌掲載は見たこともないし、帯の情報だけでは内容は計りかねた。
何となく日常ものなのかなあ、という印象はあったが、ある意味ではそれは完全に裏切られた。
氏の作風を考えればこういう作品もアリだろう。むしろ彼らしいとも言える。
「最終兵器彼女」とその外伝しか氏の作品を読んだことがない人間のセリフではないかもしれない。

しかし、「奥たん」のそのあり方は、戦禍に巻き込まれた無垢な少年少女を思わせる。
自分を取り巻く状況の深刻さは、その純粋な瞳の奥に像を結ばない。
無垢な心に映るのは、どこまでも美しい世界だけ……

そんなあり方が客観的に描かれており、現実を生きている僕たちの側には眩しく映るとともに、一種の絶望感を投げかけてくる。
僕はどうしても、「奥たん」の未来に希望を見いだすことができない。
彼女はそれでいいのかもしれない。愛しい人を心のどこかで感じていられれば。
しかし僕らが感じる現実と、描かれるそのあり方のコントラストはすごく切ない。
すごく、すごく切ない。


そんな感じ。読めばいいと思うよ。投げやり。




今日はオフでしたが、明日明後日と委員会の仕事に行ってきます。
まあ肉体労働ですが。でも楽しいからいいかな、と。


いわゆるリア充(笑)ってやつですね。素晴らしい。
彼女なんていらんのです。えろい人にはそれがわからんのですよ。



↓人生をどこかで間違えた気がする。
東大生ブログランキング
AD

せいせきでた

テーマ:
予想→実際。

独語一二列(4単位):可→良
独語演習:可→良
英語一列:良→優
英語二列:良→良
基礎演習:優→優
情報:良→優
スポ身(1単位):良→良
数学I:良→良
経済I:可→可
倫理I:良→良
心理I:良→優
現代思想:良→良
平和構築論:良→優
経営政策科学:良→良
経済人類学:良→優
適応行動論:良→可
宇宙科学I(文科生):優→優
物質化学I(文科生):可→可


単純平均:73.75点


不可ることのほうが難しい主題の単位を落としたりもしましたが、まあ点数的には思ったほどは悪くなかったのでよかったです。
個人的には心理Iの優が謎すぎるww


冬学期で総合・その他の単位が揃う(はずな)ので、3学期は語学3社学1という夢の生活ができそうです。



……夢で終わるかもですがw



↓面白みのない成績でサーセン。
東大生ブログランキング
AD

明日には成績が出る

テーマ:
ので、予想する。
点数は開示しないと出ないけど、優良可不可だと幅が広すぎるのでだいたいの目安を予想する。
適当に予想した結果の平均点も出してみようと思うw

独語一二列(4単位):可60点
独語演習:可60点
英語一列:良75点
英語二列:良75点
基礎演習:優85点
情報:良70点
スポ身(1単位):良65点
数学I:良65点
経済I:可55点
倫理I:良75点
心理I:良65点
現代思想:良75点
平和構築論:良75点
経営政策科学:良70点
経済人類学:良75点
適応行動論:良65点
宇宙科学I(文科生):優80点
物質化学I(文科生):可55点


68点くらいか。ほう。リアルすぎる数字に泣いた。
スポ身が1単位なのを考慮してないけど、まあもともと超絶適当な概算だしね。

さて。経済学部進学に5点足りない件についてwwww


↓どうしてこうなった! どうしてこうなった! ……今夜眠れますように。
東大生ブログランキング
AD

待っていた星

テーマ:
谷川史子先生「P.S.アイラブユー」を買った。読んだ。良かった。
読んで思ったことがあるので書く。


僕の小説に「きみがくれた星」というものがある。高1時に書いた処女作である。
高1夏だからまだ東大を受けようと思ってすらいなかったはずで、この後夏休み明けの実力テストで校内6位だかを取り、模試の志望欄になんとなく東大文2を書き、そこから勘違いが始まったのだがそれはそれ。

あらすじとしては大学生が自宅に転がり込んできたおにゃのこと星を見ながらにゃんにゃんする(偏向あり)感じ。
東大なんて思いもしなかったものの、上京はするものだという雰囲気がどことなくあり、東大なんてそんなそんな、でもワセダくらいならなんとかなるんじゃね、国立とか私立とかわかんないけどさ、みたいなところがあり、とにかく大学生活は東京を想定していた。関東圏、と言っていた気がする。

またしてもどうして受験の話になるか。人間として底が浅いのか。


で、関東に首都圏に東京にはっきりしない夢を見ていたわけだ。

そして考えて欲しい。
一人称である時点で、主人公が8割方自分に重なっていたり、ヒロインなんて理想の塊だったりすることは覚悟すべきで、まして処女作。欲望の赴くままに書いた。フィクションの形を借りた自分語りもあった。


つまり。

あの頃の僕は東京というものに夢を描いていて、
ひとり暮らしを始めたらショートカットのおにゃのことにゃんにゃんできるものだと思っていて、
東京の空にも星がきらきらと明るすぎるくらいに輝いていると迷いもなく信じていて、


とにかくまあ、どうしてこうなった、という話である。



現実的な壁にぶつかりすぎて、小説を書く気になれない。時間もない。
まして恋愛小説である。かのj(みなまで言いたくもない)のに書く気になんてなれるはずがない。


間違いなく恋をしていた(笑)ということを差し引いても、当時の自分が何を思っていたかはもう解らない。
今はただ、停滞する状況の中で純粋培養されてたんだなあという認識である。



なんという。




東京の空に星は見えないみたいな書き方をした。
でも東京に来てから星空を見上げようとしたことはない。


悲しくなった。


こんな時間にブログを書くべきではないな、と思った。



↓どうしてこうなった! どうしてこうなった!
東大生ブログランキング

EVA RE-TAKE

テーマ:
いまさら語るものではないのかもしれませんが。


前記事で書いたように衝動買いして、積むと読まなくなるのは目に見えているので一気読みしました。
山と積まれた仕事や可及的速やかに片付けるべきなのは誰の目にも明らかな部屋も放置して。


結論からいくと、僕の琴線には触れまくり、心の鐘鳴らしまくりの作品でした。


重度のアスカ派とはいえ、シンジとアスカが沸いて出ていきなりキスしてセックスした挙句最終的に手をつないで去っていくような安易なLASにはうんざりしていた僕なので、こういうスタンスの作品は評価せざるを得ません。
アスカをメインにしながらも、レイとの距離感もかなり良い感じでした。
まだそこまで読み込んではいないし、旧世紀版エヴァやその解釈からもしばらく離れているので内容について下手なことは言えません。が、(委員会とゼーレの扱いが混乱していたように思えたものの)原作と齟齬はそこまで生じておらず、また演出を重ねている面も多分にあり、なんというか愛情を感じました。

面倒くさいこともあって詳しく書くことは避けますが、全体的に抱いたイメージなぞをつらつらと。

なんとなく近いと感じたのは「最終兵器彼女」でしょうか。
まあ重なる点を挙げろと言われると困るんですが、まあ全体的なイメージですから。


一度「好き」という感情を知った人間は、好きになった人を救うことでしか救われないということでしょう。


最終的に突き詰めに突き詰めて違う世界に飛んでいったのがサイカノで、とりあえず着地したのがこの作品、とでも言っておきましょうか。
読んでいる間に散々精神状態は悪化しましたから、最後に全部ひっくり返されたりしたらもう俺死んでたかもしれない……


ラストのドイツ語が解るようで初見では掴めなかったので悔しかったです。
訳をさらっと見ただけで結構わかったので更に悔しかった……

versprehenは誓うだよなあそうだよなあ。



まさかの現実に引き戻される結果となってしまいました。
誠に残念で遺憾です。ドイツ語、単位来てるのかなあ……

読み返してきます、といいたいところですがやめときます。
仕事もあるし寝なきゃだし、そうでなくても死にかねないww


サイカノがまた読みたくなってきたが、残念なことに全巻実家だなあ。
次の帰省はいつだろう。春休み? 来年の体育大会?


……帰省中にあんなの読んだら精神的な意味で本当に潰れる。間違いない。


どうしようか。



↓今回はちょっと大学が絡んできたw
東大生ブログランキング

サイン会いってきた

テーマ:
COMIC ZIN 新宿店、重野なおき・藤島じゅん両先生。
箇条書き。

・だらだらしていたら遅刻
・まあ時間が押すことは知っていた
・実際そうなったので問題なし

・結局1時間待ったのでミニリュウと戯れていた

・整理番号が近い人がすごく香ばしい人だった
・詳細は伏せる

・重野先生に描いてもらうイラストは水野さんと舞先生で迷っていた
・結局舞先生を描いてもらった
・藤島先生には(まあ「オチつく家族」だし)マリモを描いてもらう予定だった
・が、いざリクエストする段になるとなんかもったいなくなってりんぐを描いてもらった
・なんでだろう
・というからいとと言うつもりでりんぐと言った気がしないでもない
・まありんぐが可愛いので問題なし

・噂通り藤島先生美人
・じゃあ超絶美人と名高い有元美保先生はどうなんだと気になり始めた
・ブログにもあったように重野先生は刈ってた
・確かに伸びるとアフロになりそうな頭だった
・藤島先生に描かれてたように順調に肥えt(ry

・「4コマ読む中学生ってあんまりいないですよね」と言われる
・「僕も高3からだからなあ」「野球部引退してから?」「うん」いい間合い
・「大学進学とともに東京に来ました東京にやってきて良かった」的なことをいう
・重野先生、まさかの「どこの大学ですか」
・軽くたしなめる藤島先生
・「東京大学です」と答えてしまう俺
・しかもそこだけ小声になるちょっといやらしい俺
・さすがに食いつきがいい両先生

・サイン会っていいものですね
・描く速さとクオリティに感動。さすがプロ
・ところであれはフジワラさんだったのだろうか


その後かの有名なエヴァ同人誌「RE-TAKE」を全3巻衝動買いし、かつ大井昌和先生「おくさん」1巻を購入。
COMIC ZINの策略に順調にはまっております。スタンプもためるよー←


RE-TAKEについてはもうひとつ記事書く。



↓またこっそり貼ってみるw
東大生ブログランキング

えへへ

テーマ:
社内恋愛は仕事のパフォーマンス低下? 「恋をしている男性は正気ではない」心理学者が発表
photo credit: craigCloutier 女の子を確実に落とすタイミングは分かって..........≪続きを読む≫

うふふ(はぁと



うふふふふふふふ(はぁと(はぁと



いっかげつぶりのぶろぐがこれだお(はぁと






……ちょっとずつ、いろいろなものをなんとかしていきたいです。

ぱーふぇくすたー

テーマ:
父親の実家にいるので、久しぶりの携帯からの投稿になります。
投稿自体久しぶりとか言わないの。


さて、明日にはまた松山に戻り、そして明後日には更に東京に戻るのですが。
まあ松山では何もしませんでしたね。
大学一年の夏休みを無為に消化してしまっている感は否めません。

ふるさとは遠きにありて思うもの、そんな言葉がありますが、真理なのかもしれません。

まあ半年も経たないのに二度目の帰省になりますから大して歓迎されるでもなく、弟は彼女をつくって「ふーちゃん」というメールフォルダを作るに至り、妹は妹で受験にむけてカリカリし始め、祖父の酒癖は悪くなるばかり。
僕も僕で旧友に会うでもなく引きこもり、引きこもっても何かを生み出すわけでもなくただだらだらするだけで、たまに外出しても何故かいつも何かに怯えているような気さえしました。

性懲りもなく9月にまた母校の文化祭で戻ってくるんですが、年末年始は遊んでくれる人がいれば帰らないでおこうかな、と思い始めました。
嫌が応でも思い出さなければならないことも多いし。
……これはまあ、文化祭に戻ってくることと矛盾しているのですが。

・後輩と約束したから
・委員会やサークルに迷惑をかけて
・弾丸ツアーで

帰ろうというのが、デジャヴというかトラウマというかを刺激して少し嫌ですw



さて久しぶりに携帯から投稿、しかも長文ということでもうちょいだらだら書いてみようと思います。

パソコンもないし、ここぞとばかりに音楽を聴きながら読書なぞしているのですが、その際に用いているプレイリストは「再生回数100回以上」。曲目数は実に131曲を数えます。
100回聴くほどの曲ですからそれなりの思い出があることも多いです。
十人並みにつらい、あるいは切なげな思い出も含まれています。

speena「月に鳴く」。ハマってリピートしている時に飛び込んできたのは友人の死の知らせ。
この件について、ブログ中毒状態だった僕が今日まで全く書かなかったあたりにショックを察して頂きたい。
ようやく現実を受け入れられてはきているのですが、ふとこの曲を聴くとあの日のことを思い出します。
もちろん彼のことも忘れることはありません。

湘南乃風「黄金魂」。この曲を知ったのは高3の文化祭前日と当日、後輩の模擬店に顔を出したときに彼らが流していたからです。
後輩に果てしなく迷惑をかける一方でマッチポンプ的にそれを解決、アトラクションもどのクラスよりも早くリハまで終えて、このまま何もかもうまくいくような、そんな気がしていた自分を思い出して胸がきゅうっとなります。
その後アトラクションに起こった出来事は僕を大きく成長させかけがえのない思い出になると同時に、自分ひとりではどうにもならないことがあるのだと、冷たく突き付けてきもしました。
放送委員の側からもロスタイムで文化祭に関わり、色んな人に支えられながら最後の実況を終えるまでの、もう戻らないすべてが詰まっているような気がします。

「snow tears」「Winter Wish」「マスタッシュ」「truth」「永遠という場所」「みつばちのささやき」「空と君とのあいだに」「heavenly days」「10年桜」あたりには以後本格化した受験生活の道のりが詰まっています。
「チェリー」「天体観測」「創聖のアクエリオン」「ジレンマ」「Detour -fripSide edition-」「bright days」「車輪の唄」「05410-(ん)」「セラミックガール」「チョコレイト・ディスコ」「イケナイ太陽」「ロレッタ」「逢瀬川」「ポラリスの涙」「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」あたりには……恥ずかしい言い方をすれば、恋していた自分、ですかね。


うはwwwwww
キモいお(^ω^)おいらキモいお(^ω^)(^ω^)おっおっおっ(^ω^)


……というわけで、精一杯辛気臭くならないようにBGMに「たらこ・たらこ・たらこ」を設定してお送りしましたが無理でした。


寝ます。

退化ないしは劣化

テーマ:

高1時とさっきの恋愛能力指数テスト です。


A: 74 B: 104 C: 56 D: 63 E: 106 平均LQ: 80
あなたは恋愛が苦手なタイプです。苦手な領域を克服しましょう。




A: 56 B: 106 C: 23 D: 95 E: 117 平均LQ: 79
あなたは恋愛が苦手なタイプです。苦手な領域を克服しましょう。

【概略】
A:自己愛情認知力
自分の恋愛感情を客観的に捉える能力。これが低いと自分の恋愛感情に無頓着になり周りに流されやすくなる。
B:恋愛感情制御力
恋愛に関する欲求や不安を把握し、制御する忍耐力。これが低いと感情的になりやすい。
C:恋愛前向き楽観力
恋愛のいい面を見つけ、楽しむ能力。これが低いのは自分に自信がないか過去に恋愛で傷ついた経験から抜け出せない人が多い。生まれついた部分が大きいので伸ばすのは比較的困難。
D:恋人共感力
相手の感情をくみ取り、共感して優しく接する能力。これが低いと相手の気持ちに無関心になる。生まれついた部分が大きいので伸ばすのは比較的困難。
E:恋愛関係維持力
恋愛の継続と発展を意識し、関係を深めていく能力。これが低いと恋愛関係の継続に興味が薄くなる。経験を積むことにより伸ばすことが比較的容易。
平均LQ
平均恋愛能力指数。当然高ければ高いほど、恋愛上手であるということになる。また、A~Eのバランスがとれているほどその能力を上手く引き出すことが出来る。極端な偏りを見せている場合は平均能力を発揮できないので注意が必要。



伸ばすのが困難な、もともと低い能力が、さらに半分以下になっているというwwwww
なんというwwwなんというwwwなんというwwwwwwwww

的中ぶりwwwww



くやしいのうwwwwくやしいのうwwwwwwww



↓くやしいのうwwwwww(意味不明
東大生ブログランキング