我が暮らしよ

テーマ:
前記事の後、
結局寝られずにうだうだする→7時から9時くらいまで寝る→無事に10時出発→15時過ぎに帰宅→(たぶん)15時半くらいから18時過ぎまで寝落ち→21時半くらいまで(?)パワプロ→いつしか寝落ち→1時
っていう。

明日(この時間ならまだ明日と言っていいでしょう)は15時に駒場に行けばいろいろと事足りるので、試験中よろしく5-6時に寝て昼過ぎに起きるコースを狙いたいと思います。とうとう締め切りが明日と迫ったレポート1本書かなくちゃいけないので、ちょうどいい時間なんじゃないかなあ、と踏んでいるのですが。


さて、レポート1本を書けば夏休み、無事に試験が終わったわけです。
試験や大きめの作業があると同じ曲を繰り返し繰り返し聴く癖があるので、それが割と象徴的なBGMとなるのです。
高3の1学期期末試験ではPerfume「love the world」を延々流した挙げ句夏休みには踊り始めました。
去年の夏学期期末試験では同じくPerfume「I still love U」を10日で1000回とか聴いて心をやりました。

最近完全にニコ厨となりつつあるので今回は、












……みたいな流れでした。
ちょこちょこ軽く脱線はしてます。夕日坂の本家とか合唱とか。
えれくとりっく・えんじぇぅとかも聴いてた気がする。

デッドボールPは、リピートしてた大部分は「私は人間じゃないから。」と「椿の花」でしたかね。
試験終わって今もブームは続いていて、「曾根崎心中」とか「画面の向こうのあなた」あたりがそれに加わってる感じです。「機械じかけのサンタクロース」あたりもかな。

表現者だなあ、と尊敬したりします。



他はどうだったかなあ……高校時代のこういうBGMについてはいつか書いた気がするから大学入ってからだと……
・fripSide「only my railgun」:去年の駒場祭に向けて映像作ってるとき
・月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)「バラライカ」:新歓統括で某ピンク色の冊子を作っていたとき
・MAHO堂「おジャ魔女カーニバル!!」「おジャ魔女でBAN2」:この前の五月祭に向けて映像を(ry

みたいな。割とダメですね。
「LEVEL5-judgelight-」がどっかに入ったと思うんですが、もう覚えてないや。
冬学期の試験は短かったし切羽詰まってたのであんまり音楽流したりもしてなかったはず。元気だったなあ。
THE BACK HORN「美しい名前」を聴いていたみたいです。冬~春の間もよく委員会室で流していた覚えがある。



うだうだ書いていると際限がないので(twilog見ればネタはいっぱいある)そろそろいい加減レポ書きます。
あと3時間くらい……!?
AD

今から寝る

テーマ:
5時間の寝落ちの末3時台に起きる
ずっと起きていて、13時台から3時間以上寝る
多分21時くらいから、23時くらいまでまた寝る

生活時間の狂いというか、もはやそういう概念がありません。ダメすぎる。


結局レポートも書く書く詐欺で、片付けもするする詐欺で、
パワプロしかしないまま2日間が過ぎてゆきましたww
3時くらいにいったん眠気が来たんですが、ニコニコで公開マイライフ見てたらこんな時間。

ちょいと寝ようかとは思うんですが、10時には家を出ないと死亡なもんで……
ま、なんとかなるでしょう。



「この娘の母親が本当に好きだった。
 それを今、思い出した」

というフレーズが琴線に触れました。詳細は伏せる。
AD

復帰2日目

テーマ:
とりあえず何か書かなくては、という魂胆なのは否定できない。


昼過ぎに起きてしばらくゲーム。ゴミ暮らし。
16時台に調布の宇奈ととで1日遅れのうなぎを食べる。700円のうな重は美味かったが空きっ腹には少々物足りない量だった。
渋谷でバイト。Webで家庭教師ができる時代です。トラブルで向こうの顔映らなかったけど。

構造主義のレポを書かなければならないのでそれ用の本を探していたはずが、なぜか島田雅彦『小説作法ABC』を購入。そのうち読む。小説はそのうち書く。
こう言い続けて2年くらい経ちました。


それこそ去年の9月くらいから、駒場祭があって、新歓統括があって、五月祭も少々あって、と休日もずっと駒場に通いづめな生活を送ってきましたが、最近もう一度駒場祭に戻ってきてからは少し落ち着いています。
最初の駒場祭の頃は熱に浮かされるような感じで入れ込んでいました。
新歓統括ではまがりなりにもそれなりの役職についていました。
それがひと段落して五月祭を手伝う頃にはもうすでに佳境でした。

今度の駒場祭は……。


おっと愚痴はそこまでだ。
書くことで救われることも多分にありますが、まだ救いを求めるほどには参ってはいませんし、何より救われる代償として「自分」が固着してしまう。
曖昧な不快感は曖昧なまま消えるのを待つのが誰も憎まないコツなのだと最近知りました。
それが正しい生き方なのかは解りません。


結局このブログで何をやろう、とぐだぐだ考えていたのですが、大学入学以降、特にここに書き切れていない去年の5月と8月以降ずっと、その間に起こったことをありったけ書いていくのもアリかもしれないな、と思いました。
それが面白いものになるかは自分次第。日常を切り取る、とはそういうものです。



それでは、パワプロしてきます。
AD

今度こそ……

テーマ:
半年間の放置から復活しました(笑)

復活するする詐欺を続けていたのですが、今度こそ。



いろいろと引っ越しも画策したのですが(やはりアメブロはごちゃごちゃしている)、エクスポートがめんどくさかったことと、それなりに愛着もあるということで、スキンだけ変えてごまかすことにしました。
最近は主としてTwitter上でだらだらしています。ここ半年間はここにログを投げつけ続けていましたが、全部消しました。twilogで見られます(http://twilog.org/daikouzui )。

何を書くかはさして決めていませんが、だらだらしたいと思います。
ここのところ何があったかを、とりあえずつらつら書いていくことにしますか。

適宜Twitterで書いているけれど、どうも書き逃げのような感じになってしまっていけない。
TLの向こうに他人が透けて見えますからね。

書き手を意識しない文章になんの意味があるのか、と言われれば、それはただひたすらに自分のためでしょう。
断片でしかないTwitterと、とぎれとぎれのmixi日記だけを辿って、自分が何をしていたのか探っていましたが、しっかり記録したほうがいいのではないかと、ね。


そういうわけで、試験が終わってもなお生活が戻せずに、こんな時間にこんなことをしているのです。そろそろ寝る。