保守系の地方議員が結束し、国への発言力を強めようと、「草の根の声で日本を変える! 四・一七全国地方議員緊急決起集会」が17日、都内で開かれた。地方議員ら約450人が参加し、「打倒、鳩山政権」の方針で一致した。

 来賓の石原慎太郎都知事は「今度の参院選は外国人参政権を与えるか与えないかの選挙だ」と述べ、「日本の運命を左右しかねない問題。国が売られようとしている。がんばりましょう」と激励した。 

 集会では、日教組と民主党の癒着や、外国人参政権問題、民主党幹事長室に陳情が一本化されている現状など、政権への批判が続出した。

【関連記事】
18日に首長結党結党 消費税上げは法人税下げとセット
民主、統一地方選でも複数区に複数候補
民主岐阜県連で「小沢氏辞任」騒動 決議案で一時紛糾
議員減らし“廃県置州”を 関西経済同友会が提言
「美人すぎる市議」が20代最後の日に“重大決意” 小泉進次郎氏前に
外国人地方参政権問題に一石

<掘り出しニュース>カメ甲羅干し…前へ~ならえ(毎日新聞)
<京都府知事選>現職の山田啓二氏、3選確実に(毎日新聞)
<村本さん死亡>友人らが参列し通夜 都内の葬儀所で(毎日新聞)
キリスト教会また“消火器テロ” 関西でプロテスタントばかり(産経新聞)
子供のライター遊び防止へCR機能 規制浸透に時間 親の注意は不可欠(産経新聞)
AD