青森県はこのほど、北海道・北東北を中心とする縄文遺跡群の世界遺産登録を目指したPR活動の一環として、県出身のデザイナーから寄付されたキャラクター「Jタロー」を観光施設「アスパム」(青森市)の2階に設置した。
 Jタローは高さ2メートル40センチ、幅が約1メートル。もともとは土偶の顔をモチーフにした「青森の縄文」をPRするロゴマークで、派生キャラクターとして誕生した。縄文の豊かさやおおらかさを表しているという。
 ロゴマークをデザインした尾崎伸行さんが、今年1月に東京・原宿で開かれたイベントに参加するために制作し、出展した後、縄文のPRに活用してほしいと寄付を申し出た。 

<視聴率>NHK「ゲゲゲの女房」歴代最低(毎日新聞)
服役中の男に死刑求刑=薬局経営女性の強盗殺人-大阪地裁(時事通信)
連合静岡会長が小沢氏に辞任求める 「支持率下げの最大の要因」(産経新聞)
ビッグバン 「1兆分の1秒後の数百兆度」再現(毎日新聞)
介護サービスの選定支援制度、調査機関に全国初の行政処分―静岡県(医療介護CBニュース)
AD